VISAとMasterってどっちがいい?

VISAとMasterってどっちがいい?

クレジットカードを作る際、やっとのことでどこのカード会社で作るかを決定した後に悩む事が多いのが「VISAで作るべきか、Masterで作るべきか?」です。

単刀直入に言うと、どちらで作ってもほとんど変わりません。ただし、初めてクレジットカードを作る方であればVISAにしておいた方が無難と言えます。

では、VISAとMasterとの違いは一体何なのでしょうか?

それは、VISAカードはVISAの加盟店で、MasterカードはMaster Cardの加盟店でのみ使えるということだけです。そのため、VISAかMasterかで他の基本的なカードの機能は変わりません。

つまり、年会費やポイントの付与率、金利に関してはVISAだろうがMasterだろうが全く同じになります。ただし当然、加盟店毎に行っているサービスは異なります。

国内においてクレジットカードを利用できるお店は、全てVISAとMaster両方を利用できる体制が敷かれているため、使い勝手はVISA=Masterと考えて問題ありあません。

一方で、海外に目を向けると、加盟店の数はVISA > Masterとなっている様です。従って、初めて作るクレジットカードはVISAにしておけば、カード払いをしたい時に利用できないといった状況を避けることができます。

個人の好みにもよりますが、2枚目以降のクレジットカードを作る時は、別の国際ブランド(VISAを持っているならMaster Card、Master Cardを持っているならVISA)を所有しておいた方が、万が一どちらか一方しか加盟店契約がされていない時や、磁気不良等お店側のトラブルが合った時等に助かります。

国内では一番加盟店の多いブランドはJCBと言われていますが、私自身国内外の買い物時に、JCBだけ利用できてVISAとMaster が利用できなかったという状況に巡りあったことはありません。

JCB,VISA,Masterの違いとは? JCB,VISA,Masterの違いとは? JCB、VISA、Master Cardはそれぞれ国際ブランドと呼ばれています。国際ブランドとは、世界中でカード払いの決済を可能にしているシステムを提供している会社のことを言います。 この記事を読む

【まとめ】

現在はカード加盟店の数が増えており、昔と違ってVISAでもMaster でも差ほど違いはありません。
既に両方のカードを所有している方は、ロゴの好みで選んでも差し支えないでしょう。

このコラムにおすすめのカード

三井住友VISAクラシックカード

満足ポイント 5.0

年会費初年度無料
翌年以降 条件付き無料
還元率0.5%~0.65%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

三井住友VISAゴールドカード

満足ポイント 4.5

年会費10,000(税別)
還元率0.5%~1.0%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JCB一般カード

満足ポイント 4.7

年会費初年度無料
翌年以降 条件付き無料
還元率0.5%~2.5%
ETC
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JCBゴールド

満足ポイント 4.6

年会費10,000(税別)
還元率0.5%~2.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

おすすめ比較特集