住民税などの税金は「nanaco+高還元率クレジットカード」で払う最強の法則。

住民税などの税金は「nanaco+高還元率クレジットカード」で払う最強の法則。

毎年6月に届く住民税。納付書を見てため息を付く人も多いのではないでしょうか?現金で支払ったり 口座引き落としなどもありますが、

クレジットカードのポイントを一気に増やす 最強の方法があります。

国民年金はクレジットカードで直接払えますが 住民税は地方自治体によってバラバラ。そこで登場するのが「nanaco+高還元率クレジットカード」での支払い。

住民税などの税金は「nanaco+高還元率クレジットカード」で払う最強の法則。

まず、高還元率カードでnanacoにチャージします。

使うカードは超高還元率1.75%のREX CARD(レックスカード)

ここで現金チャージにすると何も得しないので クレジットチャージにします。(クレジットカードの事前登録が必要)このチャージをしてnanacoに貯まるポイント分がすべて浮いてくるお金になります。

nanacoのチャージの上限は50,000円。50,000円以上は、センター預かりとしてプールされます。

センター預かりの上限は50,000円まで。

つまり最大100,000円まで、nanacoカードにチャージできます。

1回のチャージは29,000円までのシバリがあるので、1日に2回チャージをして2日間で最大の100,000円にします。

これで払うことになりますが、高額な住民税で1回に全部無理な人は足らない部分だけ、セブンイレブンのレジで現金で支払ってください。

これで高額な住民税も支払えます。

分割時、1回の住民税が20万円なら 20万円×1.75%=3,500円 。

分割で年4回支払うので 3,500円×4回=14,000円。

支払い方法を変更するだけで 年間14,000円も得をします。

毎年支払うものなので、使わない手はありません。

nanacoカードが最強と言われる理由とは! nanacoカードが最強と言われる理由とは! チャージされたnanacoカードで1万円分のQUOカードを購入すると180円分おトク!。そのQUOカードを他のポイントカードが使える店でモノを買った場合、それにもポイントが加算される裏技! この記事を読む 簡単早分かり!コンビニのクレジットカードまとめ 簡単早分かり!コンビニのクレジットカードまとめ コンビニって普通によく使います。その際のコンビニでの支払いって、意外と現金払いが多く、クレジットカードの利用度は低いのも実情です。今回は、コンビニでクレジットカードを利用するメリットや、どのようなカードがおすすめかまとめてみました。 この記事を読む 還元率2%以上のクレジットカードのまとめ 還元率2%以上のクレジットカードのまとめ クレジットカードを選ぶ基準として、注目する1つにポイント還元率があります。一般的なクレジットカードの還元率は0.5%が相場で、1%となると高還元率、1.5%などになると超高還元率のカードになります。今回は、還元率2%以上になるクレジットカードとその条件を探してまとめてみました。 この記事を読む

このコラムにおすすめのカード

REX CARD

満足ポイント 4.3

年会費初年度無料
翌年以降 条件付き無料
還元率1.5%~2.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)

満足ポイント 4.0

年会費12,000円(税別)
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

三菱東京UFJ-VISAカード

満足ポイント 4.0

年会費無料
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ライフカード

満足ポイント 4.3

年会費無料
還元率0.5%~3.33%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

おすすめ比較特集