楽天の期間限定ポイントに要注意!楽天ポイントカードでうまく使うべし

楽天の期間限定ポイントは、楽天ポイントカードでうまく使うべし

楽天スーパーポイントは、最終加算日ごとに有効期限が1年間延長されます。つまり、年間で1度でもポイントが加算されれば、実質の有効期限が半永久的になります。これはありがたい事です。

ところが、楽天には期間限定ポイントがあります。およそ15日~1カ月以内の有効期限内に利用しないと失効するから大変です。

最近、この手のポイントが増えてきている感じがします。やがて日本中がこの期間限定ポイントをいうのを全面的に出してくるのではないかと心配です・・。

今回は楽天の期間限定ポイントをどううまく使い切るかを簡単に解説いたします。

楽天の期間限定ポイントとは

楽天の期間限定ポイントは、キャンペーン時に加算されることが多くあります。楽天スーパーポイントのように、クレジットカード利用時などに付与されるケースとは少々異なります。楽天期間限定ポイントの特徴は以下の通りです。

  • ポイントの有効期限が10日~1カ月弱と短い
  • 期間限定ポイントの付与は以下のケースが多い
    1)楽天スーパーセールなどのキャンペーン
    2)楽天イーグルス、ヴィッセル神戸の勝利キャンペーン
    3)楽天カードの入会・利用キャンペーン
  • ポイントの付与が3カ月以上かかるケースもある

要注意点は、ポイントが付与されるまで時間がかかることです。期間限定ポイントは、楽天のWeb上で確認することができ、有効期限も明記されています。

これは自分の楽天カードのログイン後の画像ですが、期間限定ポイントはこのように表示されます。ほとんどポイントがありませんでしたw。

楽天の期間限定ポイント

しかし、利用が少ない人は、Web上で毎回確認はしません。期間限定ポイントを受け取っていながら、気づかないうちに失効したケースがかなり多いと思います。

期間限定ポイントは、現金と同じ価値があるので、せっかく貯まったポイントが失効するのは、もったいないです。これをキッチリと使う方法を伝授いたします。

サークルKサンクスなどのリアル店舗で活用する方法

サークルKサンクスなどのリアル店舗で活用する方法

貯まった楽天スーパーポイントは、楽天市場などのインターネットショップで利用するのが一般的ですが、2014年に「Rポイントカード(現楽天ポイントカード)」が登場し、楽天スーパーポイントの利用先が一気に増えました。クレジット機能はなく、誰でも持てるカードで実店舗で利用できるようになりました。

身近なところではサンクス、ミスドがあります。「ポイントで払います」とレジでいう事で、楽天の「期間限定ポイント」をサンクスで1ポイントから消費できます。しかも期間限定ポイントが優先的に消費されます。

毎月ちょっとずつ発生する期間限定ポイントがこれで消化する事が出来ます。

まとめ

期間限定ポイントは、お得度の高いポイントです。その分、利用期間に一定の制限があるのは許容範囲です。

一部には利用期間の短さに批判の声も出ていますが、もともとサービスの一環で始めたことで、得はしないかもしれませんがポイントが失効して損もしません。

サンクスで使うことで、うまく消化出来ます。

このコラムにおすすめのカード

楽天カード

満足ポイント 5.0

年会費無料
還元率1.0%~2.0%
ETC500円(税別)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

楽天プレミアムカード

満足ポイント 4.4

年会費10,000円(税別)
還元率1.0%~2.0%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

おすすめ比較特集