「nanacoのチャージ」はクレジットカードからしないと絶対損します!

「nanacoのチャージ」はクレジットカードからしないと絶対損します!

セブンイレブンやイトーヨーカドーなどで利用できる「nanaco」という電子マネーがあります。プリペイド型(前払い)の電子マネーで、残高に応じてチャージ(入金)が必要になります。

チャージの方法は、現金やクレジットカードなどで行います。しかし、現金でチャージをしてしますとメリットがありません。

クレジットカードでのチャージこそ、最大級のお得度が用意されています。

日常生活の現金での決済は得するケースが少なくなっている

nanacoへのチャージ方法を紹介します!

先日、某セブンイレブンで少し残念なケースに遭遇しました。レジ待ちをしていると、前の人がnanacoカードを財布から取り出しました。店員さんに「チャージしてください」と言い、財布から紙幣を取り出したのです。私の胸のうちは「あーっ…」でした。

このケースで共感したら、nanacoに詳しい人です。実にもったいないケースで、自分自身がポイントをみすみす逃していったような気持ちになりました。現代の「電子戦」は、現金で得するケースがありません。

まだ、なんのことか分からない人もいるかと思います。なので、簡単に説明をします。

【nanacoへのチャージ方法】

▽現金の場合

  • レジチャージ:セブンイレブン、イトーヨーカドー、そごう・西武など
  • ATMチャージ:セブンイレブンの店舗などに設置しているセブン銀行のATM

チャージ上限額50,000円、1回のチャージ可能額1,000円単位で49,000円まで

▽クレジットカードの場合

1.対象クレジットカードを事前登録(パソコン・スマホのnanaco会員メニューからログイン)
 ↓
2.ログインしたWeb上でチャージ金額の申し込み

  • チャージ上限額は50,000円
  • 1回のチャージ可能額5,000円以上、1,000円単位で29,000円まで
  • 利用可能額は1カ月20万円以内
  • 利用回数1カ月15回、1日3回まで

一見すると、クレジットカードの方が、なんだか制約が多くてめんどうな気がします。しかし、忘れていません。クレジットカードを利用すると、利用した金額分のポイント還元があることを。nanacoチャージでクレジットカードを利用すると、各カード会社のポイントが貯まります。

これが、チャージにおけるクレジットカードと現金の最大の違いです。最大の利点は、クレジットカードでチャージするとポイントの2重取りが可能になるということです。

また、クレジットカードチャージによって貯まるポイントはカード会社によって違ってきます。

おさらい。セブンイレブンではnanacoカードよりもQUICPay(nanaco)を使う方が断然お得です! おさらい。セブンイレブンではnanacoカードよりもJCBの「QUICPay」を使う方が断然お得です! 「お得度」は時として、正攻法だけとは限りません。セブンイレブンで使う電子マネーと言えば「nanaco」が基本になりますが、実はQUICPay(nanaco)を使うと、ガラリと事情が変わります。電子マネーは「QUICPay」の方が得をします。今回はそれを説明いたします。 この記事を読む

nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードはコレだ!

何のカードでも良いわけではありません。需要なのは、nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードです。以下にnanacoチャージでポイントが貯まる「おすすめクレジットカード」を挙げました。

クレジットカード 年会費 還元率
リクルートカード(JCB) 無料 1.2%
楽天カード(JCB) 無料 1.0%
Yahoo!JAPANカード(JCB) 無料 1.0%
エポスカード 無料 0.5%
JMBローソンPontaカード 無料 0.5%
ファミマTカード 無料 0.5%
MUFGカード ゴールド(JCB) 1,905円(税別) 0.5%
TSUTAYA Tカードプラス 500円(税別) 0.5%
ライフカード 無料 0.25%
 漢方スタイルクラブカード 1,500円(税別) 0.25%
クレジットカード払い・電子マネー払いができる大手ファミレスまとめ クレジットカード払い・電子マネー払いができる大手ファミレスまとめ 全国各地に展開している大手のファミレスは、大変重宝する存在です。出張、旅行などで見知らぬ地域に行っても、食事で大失敗はありません。長期の出張では、かなりの頻度でファミレスで食事をすることもあるかと思います。 ふと、思った... この記事を読む

まとめ

nanacoチャージでは、クレジットカードが断然お得です。おすすめのクレジットカードは「年会費無料」「ポイント還元率1.0%以上」がポイントです。

nanacoはJCB以外の国際ブランドで対応していないケースがあります。リクルートカード、楽天カード、Yahoo!JAPANカードなどは、JCB以外にnanacoチャージができません。

これまで、現金でnanacoチャージをしていた人は、クレジットカードチャージを一考してみてはいかがでしょうか。普通にポイントの2重取りが出来ます。

このコラムにおすすめのカード

JCB一般カード

満足ポイント 4.7

年会費初年度無料
翌年以降 条件付き無料
還元率0.5%~2.5%
ETC
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

セブンカード・プラス

満足ポイント 3.9

年会費初年度無料
翌年以降 条件付き無料
還元率0.5%~1.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

楽天カード

満足ポイント 5.0

年会費無料
還元率1.0%~2.0%
ETC500円(税別)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

おすすめ比較特集