10,000マイル貯める方法

10,000マイル貯める方法

マイルを貯める方法として大きく分けて2つあります。

飛行機に乗って距離に応じてマイルを貯める方法。

飛行機には全く乗らずクレジットカードを屈指して貯めていく方法。

特別航空券を利用する場合、10,000マイルから使うことができるので、まず10,000マイルを目標に貯めてみましょう。

どうやったら早く目標の10,000マイルに到達できるか考えてみました。

マイルを貯める専用のクレジットカードを作る

ANAカードJALカードといったマイルが貯まりやすいカードを新規で作る。これらのクレジットカードは新規で入会した時、5,000マイル近くもらえるものもあります。

新規入会で多くのマイルをいただくことができれば、あとはコツコツ貯めるだけ。10,000マイルが目標なのであれば、5,000マイルももらえれば半分貯まったようなものです。

後は、家賃や光熱費、飲食代、交際費などできる限りのものをクレジットカードで決済することで、月間1,000マイルは簡単に貯めることができます。

カードによっては、1,000円が10マイルか5マイルかによって貯まりやすさは変わってきます。1,000円で10マイル分のものは、年会費がかかったり、クレジットカードの種類によって審査の関係で通ったり、通らなかったりする場合もあるので、状況によっては作れない場合もあります。

10,000マイル目標であれば、年会費やマイルへ変換する際の手数料など無料である5マイルコースの方でもそんな大変ではないです。コツコツ積み上げてみてはいかがでしょうか。

初心者でも簡単!分かりやすいANAカードのまとめ 初心者でも簡単!分かりやすいANAカードのまとめ ひとくちに「ANAカード」と言ってもかなりの種類があります。実際、多すぎてどれを選べかいいのか!?迷いますよね。今回はANA一般カードからプラチナカードまで簡単に分かりやすく紹介してます。 この記事を読む

旅行の際の移動距離としてのマイルを貯める

飛行機に乗ってマイルを貯める方法

もう一つの方法の、移動費としてのマイルの貯め方ですが旅行だけでなく、マイル修行僧と呼ばれるやり方もあります。ただ単純に飛行機に乗って、観光をせずそのまま折り返してくるという方法。

この方法は、お金と時間と体力をかなり使うため、マイルを獲得するためにガンガン乗り回すため修行として扱われると言われています。では、10,000ポイントを貯めるためにはどれくらい移動すればいいか。

1マイルをキロ数に変換すると、1マイル=1.609344キロなので、10,000マイル貯めるためには、16,093キロの移動が必要です。

日本国内をこまめに移動するとなるとかなりのものが必要です。ちなみに、登場するクラスやチケットによっては距離より少ない場合があります。

JALやANAの航空チケットで貯まるマイルの対応表が公式サイトに載っています。ちなみに、ハワイへ一度行くとおおよそ7,600マイル貯まります。往復すると10,000マイル貯まるので、実際2人で旅行すれば1回で貯まるマイル数です。

10,000マイルで行ける所を教えます! 10,000マイルで行ける所を教えます! 羽田空港~神戸、関西空港、伊丹空港であれば10,000マイルで行くことができます。 また、成田から奄美大島間であれば、LCCのバニラエアなら、10,000マイルで行くことができます この記事を読む

まとめ

マイルを貯める方法はいくつかありますが、一番安く済ませる方法はクレジットカードを作って、最初に付与されるポイントを貰って、生活費をクレジットカードで貯めるというのが一番早いです。クレジットカードだけでもかなりのポイントが貯めることができるので頑張ってみて下さい。

このコラムにおすすめのカード

ANA VISA 一般カード

満足ポイント 4.2

年会費初年度無料
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

おすすめ比較特集