お店でどの国際ブランドのクレジットカードが利用できるかを確認する方法!

お店でどの国際ブランドのクレジットカードが利用できるかを確認できる方法

店に入った時に、偶然にも手持ちが少ない場合って、「カードあるし大丈夫か」と普通に思うのですが。ほぼ100%安心できるのはVISAの場合のみで。

自分みたいにJCBをメインにしていると、少し規模の小さい微妙な店だと、先に「JCB使えます?」と聞くクセが付いています。うちは「VISAとマスターのみなんです。すみません」というのを何回か経験しているからなんですがw。正直そーいう時は少し悲しくなります(ほんとに)

クレジットカードが利用できる店舗では、店舗の入り口かレジに利用できるクレジットカードの国際ブランドのロゴが記載されたロゴリストが掲示されています。もしくは店内のレジの横などに使えるカードのステッカーが貼っていたりもします。そのロゴリストを確認すれば、利用できるクレジットカードがわかります。

クレジットカードのロゴリストを確認する

お店で使える国際ブランド

普段あまり意識しないかもしれませんが、クレジットカードが利用できる店舗は入り口やレジに利用できるクレジットカードのロゴを記載したロゴリストを掲示しています

そのロゴリストに掲示されているクレジットカードの国際ブランドならそのお店の決済で利用できるということになります。逆にこのロゴリストがない店舗はクレジットカードが利用できない可能性があります。

そのため、もしロゴリストがない場合は店員にクレジットカードが利用できるか事前に確認することをオススメします。

確認すべきは国際ブランドだけ

お店によってはロゴリストにカード会社のロゴも大量に掲示されているところがあります。こうなるとロゴリストには大量のロゴが掲載されることになり、確認も大変という事態になってしまいそうですが、実はそんなことはありません。

ロゴリストで確認すべきは国際ブランドだけで、カード会社のロゴは無視してしまっても大丈夫だからです。国際ブランドとは、VISA,Master,AMEX,JCB,ダイナースの大手5ブランドのことです

大抵はカード右下に国際ブランドが表示されています。この自分のクレジットカードの国際ブランドがロゴリストに掲示されていれば、そのカードはお店で決済可能なクレジットカードとなります。そのため、楽天カードを利用しているからといって楽天のロゴを探す必要は全くないのです。

VISAやMasterならほぼ使える

クレジットカードを導入している店舗であれば、VISAとMasterは99%使うことができます。

そのため、VISAかMasterを持っていれば困ることはほぼありません。

AMEXやダイナースは利用できない店舗もあるので、ロゴリストをよく確認しておくことをオススメします。

三井住友VISAカードの簡単まとめ 三井住友VISAカードの簡単まとめ 「三井住友VISAカード」は、いろいろ種類があります。今回、いざ作る時に、どれにしようか迷う人のために、簡単にまとめてみました。 この記事を読む

このコラムにおすすめのカード

三井住友VISAクラシックカード

満足ポイント 5.0

年会費初年度無料
翌年以降 条件付き無料
還元率0.5%~0.65%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

楽天カード

満足ポイント 5.0

年会費無料
還元率1.0%~2.0%
ETC500円(税別)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JCB一般カード

満足ポイント 4.7

年会費初年度無料
翌年以降 条件付き無料
還元率0.5%~2.5%
ETC
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

おすすめ比較特集