「iD」「QUICPay」の両方が付いているクレジットカード

「iD」「QUICPay」の両方が付いているクレジットカード

「iD」と「QUICPay」(クイックペイ)は、2大電子マネーです。多分、1番使う機会が多いのはコンビニと思います。どちらかがあれば、広範囲にわたってカバーできます。さらに手持ちのカードに両方の電子マネーが付いているとレジで困ることはありません。

主にカード会社で使える電子マネーが違います。

  • VISAは「iD」
  • JCBは「QUICPay」

と覚えてください。

「両方使えたら便利なのに!」。ということで、今回は「iD」と「QUICPay」の両方が使えるクレジットカードを探してみました。

クレジットカード内蔵型のダブル搭載はオリコカード

1枚のクレジットカードに「iD」と「QUICPay」をダブル搭載しているのは「オリコカード」です。信販大手でお得なカードとして定着しています。オリコカードの基本スペックは、以下の通りです。

【Orico Card THE POINT】(オリコカード ザ ポイント)

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

  • 年会費無料
  • 入会条件は原則18歳以上(高校生は除く)
  • 国際ブランドはVISA、MasterCard、JCB
  • 利用限度額10万~300万円
  • 家族カード(最大3枚まで)
  • ETCカードの年会費無料
  • ポイント還元率は1%。入会から6カ月間は2%
  • 新規入会で最大18,000オリコポイントを獲得できる

オリコカードは、維持費のかからない高ポイント還元率のクレジットカードです。通常のポイント還元率は1%と決して悪くありません。

ショッピングサイトの「オリコモール」利用時には、最大で15%+0.5%のポイント加算になります。非常に注目されているカードの一つです。

オリコカードには「iD」と「QUICPay」をダブル搭載しているので、こちらも注目度が高いのです。ダブル搭載とは、クレジットカード自体に2つの電子マネー機能が内蔵されいることです。つまり、1枚のオリコカードを保有するだけで「iD」と「QUICPay」を利用できます。

少額決済も高額決済も全て1枚のオリコカードでOK。電子マネーの管理も簡単で、利便性がおおいに高まります。

今なら最大「18,000o」オリコポイントプレゼント中!

Orico Card THE POINTを公式サイトでみる

簡単早分かり!コンビニのクレジットカードまとめ 簡単早分かり!コンビニのクレジットカードまとめ コンビニって普通によく使います。その際のコンビニでの支払いって、意外と現金払いが多く、クレジットカードの利用度は低いのも実情です。今回は、コンビニでクレジットカードを利用するメリットや、どのようなカードがおすすめかまとめてみました。 この記事を読む

このほかの両電子マネーが使えるクレジットカード

電子マネーが付いているクレジットカード

オリコカード以外に「iD」と「QUICPay」が利用できるクレジットカードがあります。ただし、カード一体型ではないため、おサイフケータイでの利用に限ります。以下に利用可能なクレジットカードを挙げています。

これらのカードは、全てスマホ対応のおサイフケータイでの利用になります。スマホ普及率が高まっているとはいえ、利用するのは限定的です。つまりiPhoneユーザーは使えないという事になります。アンドロイドの場合は全カードいけます。

「iD」は2005年12月にドコモがサービスを開始して以来、コンビニエンスストアやドラッグなどで急速に加盟店数を拡大。現在は約52万の端末機、2050万人の会員数に上ります。

「QUICPay」は2005年4月にJCBがサービスを開始して以来、イトーヨーカドーやドラッグストアなどで利用ができます。現在は35万台の端末機、500万人の会員数に上ります。

電子マネーは今のところ、この2つしかありません。「iD」と「QUICPay」のダブル搭載なら、利用に関してほぼ網羅できます。

そう思うと、1枚のカードに両方搭載している「Orico Card THE POINT」ってすごいカードと思えます。

「nanacoのチャージ」はクレジットカードからしないと絶対損します! 「nanacoのチャージ」はクレジットカードからしないと絶対損します! 「nanacoカード」を現金チャージするとポイントは何も付きませんが、クレジットチャージをすると、チャージ自体にポイントが付くのでポイントの2重取りが簡単に出来ます。対象のクレジットカードは何でも良いわけではなく、今回nanacoチャージでポイントが付くカードのみを紹介いたします。 この記事を読む

まとめ

クレジットカードの賢者たちが、オリコカードに着目している利用がお分かりになったと思います。高ポイント還元率が前面に打ち出されていますが、実は電子マネーにも強いカードです。本会員も含めて、家族カードやETCカードも年会費が無料です。

「iD」と「QUICPay」の利用がメインでオリコカードを保有している人も多いのです。クレジットカードは決済機能に加え、電子マネーとの相性の良さが今後の利便性向上のキーワードになります。

クレジットカード払い・電子マネー払いができる大手ファミレスまとめ クレジットカード払い・電子マネー払いができる大手ファミレスまとめ 目次 すかいらーくグループ ゼンショーグループ セブン&アイ・フードシステムズ ロイヤルホールディングス 吉野家ホールディングス その他系 ファーストフード店でクレジットカードが使える機運が! 全国各地に展開している大手... この記事を読む

このコラムにおすすめのカード

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

満足ポイント 4.9

年会費無料
還元率1.0%~2.0%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

セゾンカードインターナショナル

満足ポイント 4.7

年会費無料
還元率0.5%~15%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

三井住友VISAクラシックカード

満足ポイント 5.0

年会費初年度無料
翌年以降 条件付き無料
還元率0.5%~0.65%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


おすすめ比較特集