クレジットカードでプロパーカードを持つ最大の意義。その2

クレジットカードでプロパーカードを持つ最大の意義。その2

Photo by ryan harvey


実は、クレジットカードには、目に見えない「区分」が存在します。それは何かと言いますと、決済機能を示す国際ブランド「VISA」「MasterCard」「JCB」「アメックス」「ダイナースクラブ」ではありません。

カードには明記されてない「プロパーカード」と「提携カード」の違いです。この2種類のカードは、進化の過程でのちに決定的な差になって来ます。

プロパーカードと提携カードを比較してみる

プロパーカードは何かといいますと、「国際ブランド」が発行しているカードです。「JCB」「アメックス」「ダイナースクラブ」が直接発行しているカードのことを指します。

これに対し、提携カードは上記の国際ブランドからライセンス発行を受けた信販系、流通系、航空系などの各企業が発行しているカードです。

プロパーカード

  • JCBカード
  • アメックス
  • ダイナースクラブ

主な提携カード

  • 楽天カード(JCB)
  • ライフカード(JCB)
  • MUFGアメックスカード
  • セゾンアメックスカード
  • JAL/ANAカード

世界トップシェアを誇る「VISA」と「MasterCard」は、意外ですが、カード自体を発行していません。なので、国際ブランド=プロパーカードの図式が成り立ちません。この2社は、決済機能を提供し、ライセンス発行を受けた各社が提携カードを発行しているのです。

しかし、「VISA」と「MasterCard」には、プロパーカード的なカードがあります。日本では三井住友カードになります。「三井住友VISAカード」は、日本のVISAブランドのパイオニアです。海外でもVISAのプロパーカード的な存在として認知されています。

プロパーカードの最大の利点は、信用性とステータスの高さに挙げられます。

  プロパーカード 提携カード
ステータス
国際的な認知度
取得容易度

プロパーカードは、年収・雇用形態・職種などの個人属性が一定の基準に達しないと発行されません。三井住友は、プロパーカード級に加え、銀行系が発行しているカードで、審査のハードルがプローパーカード以上に高くなります。

提携カードは審査の基準が柔軟で、パート・アルバイトでも、審査をパスする可能性が高いのです。

プロパーカードを持つメリット

プロパーカードを持つメリット

景気も悪いし、取得難易度も上がるのなら「提携カード」でいいんじゃないの?ってなりそうですが、審査の厳しいプロパーカーには、将来的なメリットがあります。

これが、提携カードとのもう一つの差になります。クレジットカードの利用歴を表す「クレジットヒストリー」(クレヒス)を重ねることによって、カードがアップグレードします。

【三井住友VISAカードのクラスとランクアップ】

カードステータス 三井住友VISAカード
一般 三井住友VISAクラシック
ゴールド 三井住友VISAゴールド
プラチナ 三井住友プラチナ
ブラック なし

【JCBカードのクラスとランクアップ】

カードステータス JCBカード
一般 JCB一般カード
ゴールド JCBゴールド
プラチナ ゴールド ザ・プレミア
(インビテーション)
ブラック JCB THE CLASS
(インビテーション)

【アメックスのクラスとランクアップ】

カードステータス アメックス
一般 アメックスグリーン
ゴールド アメックスゴールドカード
プラチナ アメックスプラチナカード
(インビテーション)
ブラック センチュリオンカード
(インビテーション)

【ダイナースクラブのクラスとランクアップ】

カードステータス ダイナースクラブ
一般 該当無し
ゴールド ダイナースクラブ
プラチナ 該当無し
ブラック ダイナースクラブプレミアムカード
(インビテーション)

ダイナースクラブはゴールドカードがなく、ノーマルカードのステータスはプラチナに近い。

一般カードで良好なクレヒスを重ねると、カード会社からインビテーション(招待)がきて、アップグレードしていきます。その利点は豊富にあります。

一般カードの利用限度額は100万円が基準ですが、ゴールド300万円、プラチナ300万~500万円など上がっていきます。ゴールドでは国内線での空港ラウンジサービス、プラチナ以上では海外の空港ラウンジサービスもあります。

プラチナ以上は、無料でホテルの部屋のアップグレードをしてくれる可能性もあります。海外出張で立て替えが必要な場合、米国や欧州では一般カードの100万円の限度額では、足りない場合もあります。
国内でも日常的にカード決済をしていれば、急な出張に対応できなくなる可能性もあります。限度額が高ければ、仕事や日常生活で余裕を持てます。

クレジットカードでプロパーカードを持つ最大の意義とは クレジットカードでプロパーカードを持つ最大の意義とは クレジットカードには、目に見えない「区分」が存在します。これは、決済機能を示す「国際ブランド」と言われる、「VISA」「MasterCard」「JCB」「アメックス」「ダイナースクラブ」の事ではありません。カードには明記されてない「プロパーカード」と「提携カード」の違いです。 この記事を読む

まとめ

上を狙う野心がある人は、最初からプロパーカードを作るのをオススメします。社会人になったら1枚はつくっておきたいカードです。年齢を重ね、ビジネスのフィールドが広がると、ステータスカードの利便性が必要になるからです。クレヒスを順調に積んでいけば、30歳前後でゴールドカードのインビテーションがくるでしょう。

複数のカードを所有するなら、趣味や生活のライフスタイルに合う提携カードを持つのもアリです。例えばネットショッピングでのポイント積算など、プロパーカードをカバーする利点もあります。

プライオリティ・パスが無料付帯カードのまとめ プライオリティ・パス付帯カードのまとめ 「プライオリティ・パス」があれば、ラウンジ内での食事、アルコールも無料で利用が出来ます。そんな「素晴らしいカード絶対欲しい!」となりますよね。クレジットカード次第では、自動で付帯されるカードが何枚かあります。今回はそのクレジットカードを紹介します。中には誰でも簡単に手に入れる事の出来るカードもあります。 この記事を読む

このコラムにおすすめのカード

ANA VISA 一般カード

満足ポイント 4.2

年会費初年度無料
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ANA VISA Suicaカード

満足ポイント 4.3

年会費初年度無料
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ANA VISA ワイドカード

満足ポイント 4.1

年会費7,250円(税別)
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

楽天カード

満足ポイント 5.0

年会費無料
還元率1.0%~2.0%
ETC500円(税別)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

VIASO(ビアソ)カード

満足ポイント 4.6

年会費無料
還元率0.5%~1.0%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

三井住友VISAクラシックカード

満足ポイント 5.0

年会費初年度無料
翌年以降 条件付き無料
還元率0.5%~0.65%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JCB一般カード

満足ポイント 4.7

年会費初年度無料
翌年以降 条件付き無料
還元率0.5%~2.5%
ETC
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

おすすめ比較特集