クレジットカードの還元率はどのくらいあればOK?

クレジットカードの還元率はどのくらい必要?

Photo by sylvar


クレジットカードの還元率って、気になる人と、ほとんど気にならない人にはっきり分かれると思うんですね。で、どちらかというと細かくは知らない人がほとんどと自分は思っています。「キャンペーンしてるから作っておこうかな~」みたいな。

気にならない人は、たぶんですが自分の手持ちのカードの還元率自体を把握していないと思います。おおまかにいうと、0.5%なのか1.0%なのかくらいの差なので、知らなくても良いし、そこまで神経質になる事もないのですが。

で、話は還元率に戻りますが。

還元率が1%なら、100万円分の支出をクレジットカードで決済すれば、1万円分のポイントがたまります。同じ支払いをするのであれば、毎年1万円分の商品券が手に入ると考えると大事な部分になってきます。

ところで、国内には無数のクレジットカードが発行されていますが、その中でポイント高還元率と呼ばれる水準はどこからなのか?

今回はいくつかのカードを例にだして、還元率のお話をしていきたいと思います。

基本還元率1%からが高還元率カード

還元率1%から高還元率カード

クレジットカードの基本還元率水準は0.5%がほとんどです。
還元率とは「どこでお買い物をしてもクレジット決済をすれば0.5%分のポイントが付く」または「基本どこでお買い物をしても0.5%の割引になる」という意味です。

「このお店で決済すると、ポイント2倍!」という場合は基本還元率には入りません。ですから特に何も考えずにカードを作ると、そのカードは0.5%である可能性が非常に高くなります。逆に高還元率と呼ばれる水準は1%からを指します。

例えば学生などに人気の高いエポスカードは基本還元率0.5%です。楽天カードなど、1%カードと比べると、ポイントに2倍の差があります。

エポスカードはマルイ系列のお店で支払いをするとポイントが2倍(還元率1%)になりますが、楽天カードなら、どこで買い物をしても1%の還元率です。ポイントのみで見たときどちらがお得かは一目瞭然です。

ただし、エポスカードはマルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるので、マルイで買い物をよくされる方にはオススメできる1枚であることは間違いありません。

中には1%を超えるカードも!!

さて、基本ポイント還元率0.5%が一般水準だということはわかりましたが、中には基本還元率1.5%を超えるとんでもないカードが存在します。

還元率2%以上のクレジットカードのまとめ 還元率2%以上のクレジットカードのまとめ クレジットカードを選ぶ基準として、注目する1つにポイント還元率があります。一般的なクレジットカードの還元率は0.5%が相場で、1%となると高還元率、1.5%などになると超高還元率のカードになります。今回は、還元率2%以上になるクレジットカードとその条件を探してまとめてみました。 この記事を読む

ライフカード(還元率0.5%~2.5%)

クレジットカードの還元率はどのくらいあればOK?1

【ライフカードの特徴】

  • 年会費無料
  • 誕生月はポイント5倍
  • 初年度のポイント1.5倍
  • 年間利用額が100万以上で翌年のポイントが2倍
  • ETCカードも無料

ライフカード公式サイトで詳細を見る

REX CARD Lite(レックスカードライト 還元率1.25%)

クレジットカードの還元率はどのくらいあればOK?2

【REX CARD Liteの特徴】

  • 年会費無料
  • カードの券面は2種類から選択可能
  • 年会費無料のカードなのに旅行保険が付いている
  • ETCカードも無料

REX CARD Lite公式サイトで詳細を見る

メインとサブを使い分ける!最強組み合わせカードはこの3種類! メインとサブを使い分ける!最強組み合わせカードはこの3種類! クレジットカードは最小限にして、最強の組み合わせにする。 すぐに「使える3パターンを解説。 この記事を読む

楽天カード(還元率1.0%~)

クレジットカードの還元率はどのくらいあればOK?3

【楽天カードの特徴】

  • 年会費無料
  • 還元率は常に1%なので分かりやすい
  • 「ポンカンキャンペーン」でポイントが2~4倍
  • スーパーポイントアッププログラム(SPU)で最大ポイントが7倍
  • 楽天Edyへのチャージでも200円ごとに1ポイントが貯まる
  • JCBならnanacoチャージでポイントが付く

楽天カード公式サイトで詳細を見る

 

P-one Wiz(還元率1.5%~2.5%)

クレジットカードの還元率はどのくらいあればOK?4

【P-one Wizの特徴】

  • 年会費無料
  • 基本還元率は1.5%
  • 入会から半年間は還元率は2.5%
  • 請求時に自動的に1%OFFになる

P-one Wiz公式サイトで詳細を見る

毎日の通勤・通学でポイントを貯めまくる!夢のカードがあった。 毎日の通勤・通学でポイントを貯めまくる!夢のカードがあった。 通勤や通学で毎日電車に乗る方必見!日常生活でお得にポイントを貯める事ができるクレジットカードをご紹介します。これは夢のカードです この記事を読む 「dポイント」って何に使えるの? 「dポイント」って何に使えるの? dポイントは、ローソンやマクドナルドをはじめ、マイルや商品券、Pontaポイントにも 交換できるポイントです。またドコモユーザーの場合はケータイ料金としてポイントで支払うこともできます。 この記事を読む JCBカードの種類と簡単まとめ。ラインラップの把握に必見です! JCBカードの種類と簡単まとめ。ラインラップの把握に必見です! JCBは日本で唯一の国際ブランドであるクレジットカードです。これって世界的に見てもすごい事で、JCB以外は「アメックス」と「ダイナースクラブ」だけです。国内では圧倒的な加盟店数を誇り、海外でも徐々にネットワークを広げています。そんなJCBカードを簡単にまとめてみました この記事を読む

まとめ

クレジットカードの還元率は0.5%と1.5%とでは大きく違ってきます。年間で100万円ほどクレジットを使うとしたら、5,000円分得する人と15,000円分得する人がいます。同じだけ使ったとして、この差は大きいですよね。

とはいえ、基本還元率が高いだけがお得にポイントをためるコツではありません。
例えば楽天カードは1%の還元率ですが、楽天市場で決済をすると4~7倍のポイントが獲得できます。本は楽天ブックス、食材や日用品もネットスーパーの楽天マートに切り替えることで還元率は4~7%になります。重たいお米も家に届くし、楽天のネットスーパーって便利です。

楽天のJCBブランドなら、公共料金の支払いもnanacoにチャージすることで1%分のポイントが獲得できます。年間の支出の多くをポイントにできるという点でも楽天カードはかなりオススメのカードです。

適当にクレジットカードを作って、ずっとそれを持っているという方は、是非カードの見直しをしても良いと思います。

このコラムにおすすめのカード

ライフカード

満足ポイント 4.3

年会費無料
還元率0.5%~2.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

REX CARD Lite(レックスカードライト)

満足ポイント 4.5

年会費無料
還元率1.5%~2.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

楽天カード

満足ポイント 5.0

年会費無料
還元率1.0%~2.0%
ETC500円(税別)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

P-one Wizカード

満足ポイント 4.0

年会費無料
還元率1.5%~2.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


おすすめ比較特集