Apple Payがいよいよ日本に上陸!その詳細を徹底解剖

Apple Payがいよいよ日本に上陸!その詳細を徹底解剖

国内のモバイル決済市場にApple Payがついに登場します。2016年10月25日に日本で開始されました。

今回はApple Payの詳細を徹底解剖してみます。

全てに対応できる機種は「iPhone 7シリーズ」と「Apple Watch Series 2」

Apple Payの利用には、各端末の世代によって限定されます。全てのデバイスに対応できるのは「iPhone 7シリーズ」と「Apple Watch Series 2」の2機種です。

Appleの非常にうまい戦略で事実上、上記2機種でなければ、機動力のあるモバイル決済ができません。

Apple Payは、ポストペイ型(後払い式)の電子マネーの「iD」と「QIUCPay」の加盟店・サービスで利用できます。クレジットカードからのチャージが必要になるからです。このため、利用できるのは、対応機種と対象クレジットカード保有者になります。

利用できる店舗はコンビニ、ショッピングセンター、家電量販店、ドラッグストアなど幅広くあります。iDで約64万4,000店、QUICPayは40万店以上の加盟店があります。

【Apple Payの対応機種と利用できるデバイス】

iPhone 7、iPhone 7 Plus
交通機関 店舗 アプリ内 Web上

 

iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone SE
交通機関 店舗 アプリ内 Web上
× ×

 

iPhone 5以降とペアリングしたApple Watch Series 2
交通機関 店舗 アプリ内 Web上
×

 

iPhone 5以降とペアリングしたApple Watch Series 1とApple Watch
交通機関 店舗 アプリ内 Web上
× × ×

 

iPad Pro、iPad Air 2、iPad mini 4、iPad mini 3
交通機関 店舗 アプリ内 Web上
× ×

 

2012年以降に発売されたMacのモデル
交通機関 店舗 アプリ内 Web上
× × ×

次に「使えるカード会社」は以下になります。

▽国際ブランド
 ・MasterCard
 ・JCB
 ・アメックス

▽発行会社

  • イオンカード
  • au
  • オリコカード
  • クレディセゾン
  • ソフトバンク
  • ティーエス キュービック
  • dカード
  • ビューカード
  • 三井住友カード
  • MUFGカード

交通系電子マネーのSuicaとは、抜群の相性の良さも見せています。保有しているSuicaカード(Suica定期券も含む)があれば、カードの上にiPhone7などの端末を置くだけでOKです。
これで、Suicaカードの情報が端末に転送されます。あとは設定しておいたクレジットカードから、Walletの中でSuicaに直接チャージされる仕組みです。非常に簡単な設定ですが、以下のような大きなメリットがあります。

  • ・uicaカードを持ち歩く必要がなくなる
  • 券売機、コンビニなどでのチャージが不要になる
  • Suica定期券の更新も端末内でできるので、窓口に行く必要がない
  • 券売機にかざす際、端末のアプリを開く必要もなく、スリープ状態でもOK

安全性やApple Pay国内導入の背景

モバイル決済は、利便性よりも安全性が最優先されます。IT機器・端末の発展の一方で、セキュリティーの強化が世界各地の共通認識になっています。

同時に利用のプライバシーにも配慮しなければ、モバイル決済機能として成立しません。Apple Payには以下のようなセキュリティー&プライバシー機能を持たせました。

  • クレジットカード番号以外にも、各ユーザーにApple Payの独自番号の割り当て
  • Apple Payでは決済の詳細を保存しないので、個人が特定されることがない
  • 紛失や盗難時には遠隔操作で使用を一時停止でき、Suicaの残高を回復できる

国内のiPhone 6以下ユーザーにとって、おサイフケータイが使えないのは不便でした。
飛行機に搭乗する際、スマホを読み取り機にかざすだけで、ゲートを通過できるのもおサイフケータイの「特権」でした。

Appleもそんな現状を眺めていただけではありません。なんといっても、日本市場を活性化させることが急務でした。2020年の東京五輪までに、国内でApple Pay市場の拡大をしなければなりません。
このため、当初は2017年を予定していた国内の導入を2016年に前倒しすることになりました。

2016年10月中に、国内のモバイル決済市場が、大きく活性化します。

まとめ

iPhoneユーザーにとって、国内のApple Pay導入は念願でした。2014年10月に米国で初導入し、2015年7月に英国、2016年にアジアで初の中国がそれぞれ導入しました。
これらのニュースを聞くたびに、日本はどうなの?と、焦りを募らせた人も多いかと思います。

現在までにApple Payを導入している国・地域は、カナダ、豪州、シンガポール、スイス、フランス、香港、ロシアを加えた計10に上ります。2016年中には日本のほか、スペインも導入予定です。

日本はこれでようやく、モバイル決済の「先進国」の仲間入りを果たした気分です。

このコラムにおすすめのカード

ANA VISA Suicaカード

満足ポイント 4.3

年会費無料
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JCB一般カード

満足ポイント 4.7

年会費無料
還元率0.5%~2.5%
ETC
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

三井住友VISAクラシックカード

満足ポイント 5.0

年会費無料
還元率0.5%~0.65%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

おすすめ比較特集