初心者でも簡単!分かりやすいANAカードのまとめ

初心者でも簡単!分かりやすいANAカードのまとめ

ひとくちに「ANAカード」と言ってもかなりの種類があります。実際、多すぎてどれを選べかいいのか!?迷いますよね。今回は簡単に分かりやすくANAカードを紹介してます。

ANA VISA 一般カード

初心者でも簡単!分かりやすいANAカードのまとめ1

最もベーシックな位置づけで、空陸両用のバランスが取れています。「陸」では普段使いにも最適な1枚です。「空」では「チョイ乗り」のライトユーザーに適しています。入会は学生を除く18歳以上の社会人が対象となっています。

  • 年会費2,000円(税別)
  • フライトマイルの積算率は110%
  • 入会時と毎年のカード継続時に各1,000マイルが加算されます。
  • マイル移行手数料は「5マイルコース」が無料
  • 「10マイルコース」は6,000円(税別)

付帯する電子マネーは「iD」「楽天Edy」「PoTaPa」。ANAカードの入会を検討しているユーザーにとって最適なエントリーカードです。

ANA VISA ワイドカード

初心者でも簡単!分かりやすいANAカードのまとめ2

年会費が7,350円(税別)と一般カードに比べ、5,000円超のプラスになります。搭乗回数や旅行や出張で長距離便を利用する人はお得になります。年間の基本フライトマイルが1万1,000以上だと、ワイドカードの方が得になります。

  • 年会費7,350円(税別)
  • フライトマイルの積算率は125%
  • 入会時と毎年のカード継続時に各2,000マイルが加算されます。
  • マイル移行手数料は「5マイルコース」が無料
  • 「10マイルコース」は6,000円(税別)

国際線のビジネスカウンターでチェックインができ、空港内の免税店ではワイド以上のクラスで10%割引の特典があります。付帯する電子マネーは、一般カードと同じです。航空機の利用が多い方には必見のカードになります。

ANA VISAワイドゴールドカード

初心者でも簡単!分かりやすいANAカードのまとめ3

一般的なゴールドカードのカテゴリーに入る上級カードです。年会費は1万5,000円(税別)と一般的なゴールドカードより、5,000円ほど高くなります。

その分、1,000円=1ポイント=10マイル換算の「10マイルコース」のマイル移行手数料が無料になります。海外旅行傷害保険は最高で5,000万円(MasterCardも含む)とワイドと同じですが、JCBを選ぶと最高で1億円になります。

  • 年会費1万5,000円(税別)
  • フライトマイルの積算率は125%
  • 入会時と毎年のカード継続時に各2,000マイルが加算されます(ワイドと同じ)
  • マイル移行手数料は「10マイルコース」が無料

ゴールドカードは三井住友VISAの基準が適用され、30歳以上(MasterCardも含む)で、JCBなら20歳以上から可能です。メリットは、ステータスと認知度の高さが挙げられます。航空会社のカードは、他業種発行カードよりも海外でも比較的、認知されやすいです。

ANA VISAプラチナプレミアムカード

初心者でも簡単!分かりやすいANAカードのまとめ4

Visa系のANAカードでは、最上位に位置するステータスカードです。年会費が8万円(税別)で、三井住友VISAプラチナより3万円も高額になります。世界400都市の900カ所以上の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティ・パス」も付帯されています。券面は黒を基調とするなど、最上級のサービス体制を整えています。

  • 年会費8万円(税別)
  • フライトマイルの積算率は150%
  • 入会時と毎年のカード継続時に各10,000マイルが加算されます
  • マイル移行手数料は「10マイルコース」が無料
  • プライオリティ・パスが付帯
  • 国内空港のANAラウンジが無料で利用できる

一見、高額な年会費に見えますが、コストパフォーマンスがかなり高めです。年間4,000マイル乗れば、東京⇔札幌往復の特典航空券(時期によって変動あり)相当になります。

ANA ダイナースプレミアムカード

初心者でも簡単!分かりやすいANAカードのまとめ5

ダイナースクラブが発行するANAカードの最上位カードです。一般的に取得可能な世界のクレジットカードでも、最上位に位置します。年会費は15万5,000円(税別)で、かなり高額になります。主に企業経営者や高年収の士業の方などが対象になります。

国際線ではビジネスクラス専用チェックインカウンターを利用できます。国内空港ではANA上級会員用のラウンジを無料で利用でき
「プライオリティ・パス」に加え、世界約100カ国の450カ所以上に展開するダイナースクラブ専用ラウンジを無料で利用できます。

  • 年会費は15万5,000円(税別)
  • フライトマイルの積算率は150%
  • 入会時と毎年のカード継続時に各10,000マイルが加算されます
  • マイル移行手数料は「10マイルコース」が無料
  • 国内空港のANAラウンジが無料で利用できる
  • プライオリティ・パスが付帯
  • 世界450箇所の「ダイナースクラブラウンジ」が無料で利用できる

クレジットポイントからマイルへの換算率も100円=2マイルと破格の条件になります。入会基準も世界最高峰レベルの高さになります。

ANA アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

初心者でも簡単!分かりやすいANAカードのまとめ6

アメックスブランドではプラチナと同等で、ANA系列のカードで最上位です。ANAダイナースプレミアムと並び、世界のステータスカードという位置づけになります。年会費は15万円(税別)と高額なため、入会審査も容易ではありません。高年収の個人属性が入会基準の大前提になります。

国際線ではビジネスクラス専用チェックインカウンターを利用できます。海外の空港では「プライオリティ・パス」に加え、国内空港ではANA上級会員用のラウンジを無料で利用できます。

  • 年会費は15万円(税別)
  • フライトマイルの積算率は150%
  • 入会時と毎年のカード継続時に各10,000マイルが加算されます
  • マイル移行手数料は「10マイルコース」が無料
  • 国内空港のANAラウンジが無料で利用できる
  • プライオリティ・パスが付帯

毎年、国内指定ホテルの1泊無料チケットがプレゼントされる特典もあります。アメックスの最上級の付帯保険も充実しています。

有効期限3年のANAマイルを無期限に変えてしまう方法 有効期限3年のANAマイルを無期限に変えてしまう方法 マイルの有効期限を実質無限に!ソラチカカード。このソラチカカードは、メトロポイントカードとの相互利用が可能な為、3年というマイルの有効期限を無期限にしてしまうことが可能なのです。 この記事を読む

このコラムにおすすめのカード

ANA VISA 一般カード

満足ポイント 4.2

年会費初年度無料
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ANA VISA ワイドカード

満足ポイント 4.1

年会費7,250円(税別)
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ANA VISAワイドゴールドカード

満足ポイント 4.2

年会費14,000円(税別)
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

おすすめ比較特集