ANAのふるさと納税を使うと100円につき1マイルがもらえます

ANAのふるさと納税でマイルが貯まる

「ANAのふるさと納税」は、ANAに乗ると機内誌の「翼の王国」にちょっとだけ宣伝をしています。あれは記事が小さすぎて、、分からないですよ。だから知らない人も多いはず。

簡単にいうとANAのふるさと納税を使うと100円につき1マイルがもらえます。10,000円を寄付すると返礼品と100マイルがもらえる事になります。陸マイラー(おかマイラー)にとっては貴重です。

年収別で貯まるマイル一覧

ふるさと納税をすべて「ANAのふるさと納税」でした場合、どのくらいのマイルが貯まるのか!今回、年収別に家族構成などで少し変わりますが、独身家族ナシの条件で計算をしてみました。

年収 寄付上限額 貯まるマイル
300万円 27,000円  270マイル
400万円 34,000円 340マイル
500万円 60,000円 600マイル
600万円 76,000円 760マイル
700万円 107,000円 1,070マイル
800万円 129,000円 1,290マイル
900万円 150,000円 1,500マイル
1,000万円 172,000円 1,720マイル 
1,500万円 363,000円 3,630マイル 
2,000万円 514,000円 5,140マイル 
2,500万円 761,000円 7,610マイル
3,000万円 934,000円 9,340マイル
4,000万円 128万円 12,800マイル
5,000万円 162万円 16,200マイル
1億円 374万円 37,400マイル 

普通に「ふるさと納税」をするよりも「ANAのふるさと納税」にするだけで、マイルが貯まるので利用しない手はありません。

ANAのふるさと納税のデメリット

「ANAのふるさと納税」のデメリットは返礼品が少ないことです。返礼品の多いサイトはダントツで「ふるさとチョイス」。ここは1番最初に開始をしたので2017年の今でもシェアのほとんどを食っていると思われます。

ユーザーからしても返礼品の多いところに集まるのは当たり前ですし、「ANAのふるさと納税」にも頑張って欲しいものです。時間とともに増えていくことを願っております。

やはりマイルが貯まるのは嬉しいですから。国内の有名なふるさと納税ポータルサイトはこんな感じになります。


ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

ジャンル別 最新コラム

楽天のコラム

楽天カードの審査で通る割合は約70~80%くらいです

楽天カードの審査で通る割合は約70~80%くらいです

アメックスのコラム

本家「アメックス」と「セゾン・アメックス」の違いとは

本家「アメックス」と「セゾン・アメックス」の違いとは

航空系のコラム

ANAの「旅割」と「特割」ってなに?どっちが安い?

ANAの「旅割」と「特割」ってなに?どっちが安い?

飲食系のコラム

楽びんで松屋の牛丼が宅配可能に

松屋の牛丼が宅配で届くようになりました

ポイントのコラム

コストコで使えるカードはマスターカードのみに

コストコで使えるカードは2018年2月1日から「Master Card」のみに。もうすぐです!

まとめのコラム

おすすめクレジットカードとは?

おすすめクレジットカードとは?

おすすめカードを比較