「空港ラウンジ」が同伴者1名まで無料で使えるクレジットカード 


飛行機に乗る回数が多い人は「空港ラウンジ」の存在を当たり前に知っていますが、実はあまり知らない人も多いのも事実です。

自分は時間があれば行くパターンですが、空港でのちょっとした時間にコーヒーでも飲んで、一息つける空間はありがたいものです。

空港ラウンジは、対象のクレジットカードでゴールドのステータス以上を持っていれば利用が無料になります。これでも十分にお得ですが、同伴者1名まで無料のカードもあります。

「逆に同伴者はお金がかかります」では、2人で旅行に行った時に「ごめん、俺だけ行って来るわ・・」とは言えないので「同伴者無料サービス」が付帯していないと困ります。

でも実際は、同伴者無料のクレジットカードは、ほとんど無いのが実情です。

リーズナブルな年会費ならこのカードしかあり得ない

通常、空港のラウンジはゴールドのステータスなら、本会員のみが無料で利用することができます。

例えば夫婦、親子、友人、会社関係者ら、同伴者と航空機を利用したとします。相方が空港ラウンジを利用できるカードステータスを所持していれば問題ありませんが、そうでなければ不自由します。空港によりますが、ラウンジの利用料金は1,000円~が多いです。シャワーを使うならさらに1,500円(税別)かかります(空港によって前後があり)。

そこで、以下で紹介する2枚のカードが、最もコストパフォーマンスに優れています。

【JALアメックスカード】

JALアメックスカードは空港ラウンジで同伴者も無料

年会費:6,000円(税抜)
ラウンジ:国内28空港のラウンジ、ハワイ・ホノルル国際空港のラウンジが無料
同伴者:1名まで無料

【ANAアメックスカード】

ANAアメックスカードは空港ラウンジで同伴者も無料

年会費:7,000円(税抜)
ラウンジ:国内28空港のラウンジ、ハワイ・ホノルル国際空港、インチョン国際空港が無料
同伴者:1名まで無料

この2枚のクレジットカードは、空港ラウンジ利用における、最強のコストパーフォーマーです。通常の年会費が1万円以下で、空港ラウンジを無料で利用できる少数派のカードです。さらに、同伴者1名が無料になるのですから、通常のゴールドカードを上回るサービスです。

国際ブランドがアメックスなので、加盟店舗数の少なさで利便性が若干劣ります。でも、JCBとアメックスは「加盟店の相互開放」をしているので、JCBカードが使えるところでは、アメックスも使えます。ただ、JCBが使えるところでもアメックスが使えるのは、実際は8割くらいといわれています。

これがアメックスの魅力! これがアメックスの魅力! 日本のアメックスは、セゾン系とアメックス本家の2種類あります。本家アメックスは「プライオリティパス」が付いていて、世界中の航空会社のラウンジを無料で利用することが出来ます。もちろん、食事、アルコール、シャワーはすべて無料で利用が出来ます。 この記事を読む

年会費は高いけど、当然行けます!のクレジットカード

ここからはステータスカードになりますが、国内の空港ラウンジで同伴者が1名まで無料の主なカードです。

【同伴者が1名まで無料のハイクラスカード】
  • アメックス(グリーン)以上=年会費1万2,000円
  • 三井住友VISAプラチナ=年会費5万円
  • JCBザ・クラス=年会費5万円
    年会費は全て税別

アメックスはグリーンでも、国内空港ラウンジが同伴者1名まで無料です。意外ですが、ステータスカードといわれる「ダイナースクラブカード」は、ブラックの「プレミアム」でも、同伴者は有料になります。あまりにも使い勝手が悪いし、そりゃーおかしいだろ!という点から、年に2枚、ラウンジクーポン券が送られるようになりました。

年会費5万円以上のプラチナカードでは、当然といえば当然のサービスという気がします。いずれにせよ、ラウンジの同伴者1名無料という特典は、非常に希少なサービスであることが分かりました。

【アメックス・グリーン】

アメックスグリーンはラウンジの同伴者も無料

年会費:12,000円(税抜)
ラウンジ:国内28空港のラウンジ、ハワイ・ホノルル国際空港・インチョン国際空港が無料
同伴者:1名まで無料

【アメックス・ゴールド】

アメックスゴールドはラウンジの同伴者も無料

年会費:29,000円(税抜)
ラウンジ:国内28空港のラウンジ、ハワイ・ホノルル国際空港・インチョン国際空港が無料
同伴者:1名まで無料

【三井住友プラチナカード】

三井住友プラチナカードは空港ラウンジ同伴者も無料

年会費:50,000円(税抜)
ラウンジ:国内28空港のラウンジが無料で利用可能
同伴者:1名まで無料

【JCB THE CLASS】

JCB THE CLASSは空港ラウンジで同伴者も無料

年会費:50,000円(税抜)
ラウンジ:国内28空港のラウンジ、ハワイ・ホノルル国際空港が無料
同伴者:1名まで無料

「JCB THE CLASS」はインビテーションカードになりますので、先に「JCBカード」もしくは「JCBゴールド」の取得が必要になります。

家族カードなら空港のラウンジで夫婦は無料? 家族カードなら空港のラウンジで夫婦は無料? 夫婦で家族カードをお持ちの方は、空港のラウンジ利用がそれぞれ無料になります。基本的には利用料が1人当たり1,000円、ただしゴールドカード等を所有していれば無料、家族は同伴者1人が無料か、家族カードを所有している場合は無料となっています。 この記事を読む 簡単解説。「空港ラウンジ」の種類ってなに? 空港ラウンジには種類があります カード会社が運営する「カードラウンジ」と、航空会社が運営する「航空系ラウンジ」に分けられる。「航空系ラウンジ」は入室条件は高め。高級感もあり、アルコール無料、軽食無料とサービスの質も高くなっている。 この記事を読む

まとめ

以前は、ゴールドカードでもラウンジの同伴者1名無料のサービスが多くありました。しかし、経費面を考え、各カード会社がサービスを縮小しました。カード会社がコストパフォーマンスを見直した結果で、カードユーザーから「改悪」とも言われてきました。

空港ラウンジの利用は、見栄やステータスだけではありません。特に出張時には、ネット環境が整っており、コピーやFAX機能もあって重宝します。特に「充電が出来る」というのが、かなり助かります。急ぎの報告書や業務連絡など、仕事での需要がかなり多くあるのが実情です。

1人なら問題ないですが、複数での出張や旅行には、同伴者1名無料のサービスがあれば、非常に利便性が高まるのですが…。

以上、「空港ラウンジ」が同伴者1名まで無料で使えるクレジットカードのまとめでした。

このコラムにおすすめのカード

JCB一般カード

満足ポイント 4.7

年会費初年度無料
翌年以降 条件付き無料
還元率0.5%~2.5%
ETC
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)

満足ポイント 4.6

年会費12,000円(税別)
還元率0.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JAL アメリカン・エキスプレス・普通カード

満足ポイント 4.0

年会費6,000円(税別)
還元率1.0%~2.0%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ANA アメリカン・エキスプレス・カード

満足ポイント 4.4

年会費7,000円(税別)
還元率0.3%~2.0%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ダイナースクラブカード

満足ポイント 4.9

年会費22,000円(税別)
還元率0.4%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


おすすめ比較特集