イオン株主になるだけで絶対に得をするメリット

イオン株主になるだけで絶対に得をする5つのメリット

自分は家の近所にイオンがあるので、普段の買い物はイオンになります。「イオンセレクト」をそろそろ作らないともったいないなーっと思っている今日この頃です。

ついでに100株だけでもイオン株(8267)を持っておくべきか!とも同時に考えております。イオンの株主優待はメリットがかなりあるので、今回はそれを紹介します。

株主優待カードで3%~7%のキャッシュバックが受けれる

買物の際にレジで「オーナーズカード」提示してから支払いをすると半年ごとにキャッシュバックしてくれます。支払い方法は現金でもイオンカードでもWAONでも何でもOK。

持っている株数に応じてキャッシュバック率が変わります。(専門店など一部の会社・店舗では現金払いのみ特典適用)。気になるキャッシュバック率はこうなっています。
イオン株主 返金が受けられる

保有株数 必要額 値引き額
100株~499株 17万円 3%OFF
500株~999株 85万円 4%OFF
1,000株~2,999株 170万円 5%OFF
3,000株 510万円 7%OFF

どのくらいの返金になるのか、シュミレーションしてみる

自分の場合、1人もんですので、スーパーであまり消費をしません。でも、どのくらいの返金になるのか!知りたい気持ちもありますので、実際にどのくらいの返金なのかシュミレーションをしてみました。

    • 性別:おとこ
    • 年齢:●4歳
    • 100株主と想定
    • スーパー利用日数:週3回
    • 1回の買い物額:2,000円くらい(年間96,000円)

年間利用額96,000円×返金率3%=半年の返金額1,440円

1,440円・・。微妙な金額です。1人もんは、わりと金銭的に自由がききます。毎回サイフから「オーナーズカード」を探して出すわずらわしさを考えると、1,440円は・・・。気になるので、家族4人の場合も調べてみました。

    • 家族:4人
    • 100株主と想定
    • スーパー利用日数:週5回
    • 月の買い物額:7万円(年間84万円)

年間利用額84万円×返金率3%=半年の返金額12,600円

家族4人の場合は、スーパーは必ず行きます。その上での12,600円は大きいですね。年間だと25,200円ですのでバカになりません。

今回は返金額だけの話になりますので、以下を組み合わして買い物をすると、かなりお得になります。

  • 買い物はイオンカードからのWAONチャージでポイント2重取り
  • 支払いはWAON
  • 毎月20日・30日は5%OFF
  • 毎月5日・15日・25日はWAONポイントが2倍
  • 毎月10日はイオングループではポイント5倍

お客さま感謝デーの5%OFFが2重に割引に

お客さま感謝デーの5%OFFが2重に割引

イオングループは毎月20日・30日は「お客さま感謝デー」で5%OFFになります。

イオン、マックスバリュー、イオンスーパーセンターの店舗だと「お客さま感謝デー」の5%割引の特典に重ねて、上記キャッシュバック特典が受けられます。

WAON、イオンマークのカードでの支払いが対象。現金の場合はイオンカードの提示が必要。

配当がもらえる

イオンの株主になりますので、もちろんイオンの配当をもらえます。イオンの配当は2017年現在で1株30円の配当になります。100株主だと配当は3,000円でそこから税金が引かれます。

そんなに得をするわけではありませんが、毎年なにもしなくてももらえるのでOKとします。

イオンラウンジが使える

イオンのゴールドカード保有者が入ることの出来る「イオンラウンジ」ですが、株主になると「オーナーズカード」を提示することで入る事ができます。ラウンジ前にある「ラウンジ利用条件」のパネルには当然ですが、株主が1番最初に記載されています。やはり株主は強しです。

ラウンジでは以下のサービスが用意されています。

  • ドリンクサービス(簡単なお菓子もあり)
  • 新聞・雑誌閲覧自由
  • ホームページ閲覧サービス

以上、「イオン株主になるだけで絶対に得をするメリット」のまとめでした。


ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

ジャンル別 最新コラム

楽天のコラム

初参戦!楽天お買い物マラソン完走の結果!全部で○○倍でした!

初参戦!楽天お買い物マラソン完走の結果!全部で○○倍でした!

アメックスのコラム

SPGアメックスは、こんなにすごいカードだった!

SPGアメックスは、こんなにすごいカードだった!

航空系のコラム

ANAの「旅割」と「特割」ってなに?どっちが安い?

ANAの「旅割」と「特割」ってなに?どっちが安い?

飲食系のコラム

JCBのブラックカード対象のサービスの「ダイニング30」とは!

JCBの「ダイニング30」なら飲食代が30%OFF

ポイントのコラム

JCBのキャンペーンはこんなに多い!

JCBのキャンペーンはこんなに多い!

まとめのコラム

年会費が格安の法人カードのまとめ

年会費が格安の法人カードのまとめ

おすすめ比較特集