電子マネーには「先払い型」と「後払い型」がある。簡単なので覚えておこう!

電子マネーには「先払い型」と「後払い型」がある。簡単なので覚えておこう!

最近は、電子マネーが急速な進化をしています。日常生活の支払いで現金やカードよりも、電子マネーの方が多い、という人もいるかと思います。自分も電子マネーは使いまくっています。

実は、電子マネーには「先払い型」と「後払い型」の2種類に大別されます。それぞれに特徴があり、各自のライフスタイルに合わせて選択すれば良いと思います。

まだ使った事の無い人は「iD」は後払い?「楽天Edy」って、どっち?と思う人も多いと思います。今回はそんな電子マネーの種類を見ていきます。複雑ではなく、非常にシンプルなので覚えておくと便利です。

先払い型のメリット&デメリット

まず、先払い型のカードを紹介します。「先払い電子マネー」は、手軽に利用することができるため、数多くラインナップされています。大別すると、交通系と流通系の2つに分類されます。

Suicaの場合、各地域の交通系電子マネーと互換性を持たせているのも特徴になります。例えば、Kitaca(運営元・JR北海道)、ICOCA(同・JR西日本)の加盟店ネットワークも使えます。

【先払い型の主な電子マネー一覧】

名称 運営元 発行枚数
楽天Edy 楽天Edy 9,000万枚
WAON イオン 6,000万枚
Suica JR東日本 4,600万枚
nanaco セブン&アイHD 4,500万枚
PASMO パスモ 2,500万枚
▽メリット
  • 事前審査などが無いので誰でも作ることが出来る
  • 事前にチャージした分しか使えず、過度な利用になりづらい
▽デメリット
  • 事前にチャージしなければならず、手間がかかる
  • 利用限度額が2万~5万円と低く、高額決済に不向き

後払い型のメリット&デメリット

電子マネーのもう一つの形態に「後払い型」のポストペイ型があります。機能はクレジットカードとほぼ同じで、利用した分を後日請求する仕組みになっています。オートチャージ機能も同じようなシステムで、登録したクレジットカードで精算するのが一般的です。

【後払い型の主な電子マネー一覧】

名称 運営元 会員数
iD NTTドコモ 2,050万人
QUICPay
(クイック・ペイ)
JCB 400万人

電子マネーの利便性が高いのは、なんといっても後払い型になります。交通系の電子マネーなどでは、クレジットカードにひも付けすると、先払い式でもオートチャージができます。残高不足で自動改札のゲートが閉まるストレスから解放されます。

電子マネーがクレジットカード一体型だと、複数枚のカードを持つ必要がありません。カード管理の点から見ても便利です。

まとめ

電子マネーの理解を深めるには、まず「先払い型」と「後払い型」のそれぞれの特徴を把握することが大切です。そのうえで、各自のライフスタイルに適合したタイプを選びます。

例えば個人属性の問題でクレジットカードの入会条件に合わなければ、先払い型を選択するしかありません。通勤・通学でJR、私鉄、地下鉄を利用するなら、交通系の電子マネーが便利です。

これ以外にも、コンビニで利用すれば、爆速で決済が完了します。現金やクレジットカードよりも、はるかに早いのでストレスフリーになります。

このコラムにおすすめのカード

ファミマTカード

満足ポイント 4.0

年会費無料
還元率0.5%~1.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

dカード

満足ポイント 4.5

年会費無料
還元率1.0%~10%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ビュー・スイカ カード

満足ポイント 4.0

年会費無料
還元率0.5%~1.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

Vプリカ

満足ポイント 4.0

年会費無料
還元率-
ETC-
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

おすすめ比較特集