プラチナカード、ブラックカード狙いの人はクレジットヒストリーを育てるべし

プラチナカード、ブラックカード狙いの人はクレジットヒストリーを育てるべし

Photo by John Loo


「最上のステータス」を持つということ。プラチナカードやブラックカード。一度は持ってみたい夢のカードです。これは一般カードやゴールドカードとは一線を画します。

これらのカードはインビテーション(招待状)がなければ発行することができない、選ばれた人だけが持てるカードです。そんな特別なカードを持つにはどうすれば良いのでしょうか?

その答えはクレジットカードヒストリーを育てることにあります。

クレジットカードヒストリーとは?

クレジットカードヒストリーとは、言葉の通りクレジットカードを使った履歴のことです。ここで重要になるクレジットヒストリーは「クレジットカード会社内」と「信用情報機関」という2種類に分けられます。

「クレジットカード会社内」でのクレジットヒストリーについて

これは、クレジットカード決済で毎月どれだけ使ったかという履歴です。毎月遅れることなく支払いを続けているということが前提で、長く使い続ける事もかなり大事になります。

「支払いを遅延しない」というのが当たり前になりますが、できればカード利用の場所もステータスのある施設などでカード利用をする事も大事と判断されるようです。ほんとの所はどうかブラックボックスで分かりませんが。

例を言いますと、一流ホテルや、ホテルのロビーでコーヒーを飲むだけでも構いません。空港やブランドショップもそれにあてはまります。ただ、普段の生活の中で、そんなたいそうな場所を毎回利用するわけには行きませんので普通にしていればOKと思います。

かといって、ラブホテルでカードを使いまくるのもオススメできません。そういう時は年会費無料の、どうでも良いカードと使い分けで行きましょう。1番大事なのは遅延をしないで、きちんと毎月引き落とされていれば問題ありません。

■信用情報機関でのクレジットヒストリーについて

クレジットカードやローンを利用すると、その情報は信用情報機関という場所に履歴として残ります。信用情報機関はいくつか種類があり、業態により加盟する機関は異なりますが,多くの金融会社が複数の信用情報機関に加盟しています。

全国銀行個人信用情報センター …銀行系の信用情報機関

株式会社 シー・アイ・シー(CIC) …信販会社の信用情報機関

株式会社 日本信用情報機構 …銀行・消費者金融系・信販会社系の信用情報機関

例えばCICであれば、クレジットカードを利用して、きちんと月の支払いが終わると「$」マークが付きます。これが、信用情報機関のクレジットヒストリーです。空白であれば利用していないということで、支払いがされていないと「A」のマークがついてしまいます。ちなみにAが続いて2回ついてしまうと、もうほとんどの審査で通ることが難しくなります。怖いですね~。。

「プラチナカード」と「プレミアムカード」どっちが上? 「プラチナカード」と「プレミアムカード」どっちが上? 「プレミアム」の意味は、「上質な・上等な」「割高の」という意味で、クレジットカードの場合は「プラチナカード」「ブラックカード」がプレミアムカードに属されます。 この記事を読む

クレジットヒストリーを育てるには?

理想的なクレジットヒストリーとは?

簡潔に言うと以下の2点になります。
「きちんと毎月クレジットカードで支払い続ける」
「クレジットカードで使うお金を増やす」

ゴールドカードなど、少しステータスの高いカードを作成する際、この信用情報機関のクレジットヒストリーにAのマークが多くみられる人は断られてしまいますし、逆に長い間クレジットを使っておらず全て空白という人も断られてしまう可能性があります。

これは「スーパーホワイト」と呼ばれる状態で、一度もクレジットカードを使った形跡がなく、その人に支払い能力があるのかないのかが未知数なため、警戒して発行してもらえない場合です。

理想的なクレジットヒストリーは毎月「$」マークが続いていることです。少額でも良いので毎月クレジットカードを利用して支払いを絶対に延滞しないという、当たり前のことを続けていくだけで、クレジットヒストリーは育っていきます。そうすると、ステータスの高いカードの審査もなんなく通ることができるのです。

プラチナカード・ブラックカードを発行するまでの道のり

ブラックカードはクレジットカードの最高峰ですが、国内で発行できるブラックカードは以下の5枚です。

・アメックス センチュリオンカード
・ダイナース プレミアムカード
・JCB THE CLSS
・スルガ銀行 VISA Infiniteカード
・マスターカード ワールドマスターカード

上記でも書きましたが、プラチナカード・ブラックカードは、インビテーション(招待)でしか発行できないカードです。そのインビテーションをもらうための道のりを簡単に立ててみました。

将来的にこれらのブラックカードを狙っている人は、これらのカード会社が発行しているプロパーカードから作成して、クレジットヒストリーを磨いて行くしかありません。

①プロパーカードを作る(提携カードはダメ)
②最初からゴールドでもOK
③クレヒスをひたすら磨く
④堅実にカード利用をして、ひたすら磨いて待つ
⑤ブラックカードのインビテーションが届く

「JCB THE CLASS」を例で言いますと、

1.JCBプロパーカードを作る
2.JCBからゴールドのお誘いが来る(約2年間後)
3.ゴールドを年間100万円の利用を2年続ける(さらに2年間)
4.「JCBゴールドプレミア」のお誘いが来る(約2~3年間)
5.「JCBゴールドプレミア」でひたすらクレヒスを磨く(約2~3年間)
6.「JCB THE CLASS」のインビテーションが届く(年収、年齢、就業期間など条件あり)

JCBの最高峰カード「JCB THE CLASS」を持つためには、最速で8年かかる計算になります。

ゴールドから開始しても7年くらいはかかります。これはJCBのステップアップのシナリオもあるので、仕方ありませんが、それでも長い道のりになります。

この間、遅延は許されません。(ほんのちょいの1回くらいはOK)

プラチナカード、ブラックカード狙いの人はクレジットヒストリーを育てるべし

券面がブラックで、ペガサスのマークが付いたこのカードの道のりは遠いのです。

このコラムにおすすめのカード

三井住友VISAクラシックカード

満足ポイント 5.0

年会費初年度無料
翌年以降 条件付き無料
還元率0.5%~0.65%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

楽天カード

満足ポイント 5.0

年会費無料
還元率1.0%~2.0%
ETC500円(税別)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ライフカード

満足ポイント 4.3

年会費無料
還元率0.5%~2.5%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JCB一般カード

満足ポイント 4.7

年会費初年度無料
翌年以降 条件付き無料
還元率0.5%~2.5%
ETC
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

満足ポイント 4.9

年会費無料
還元率1.0%~2.0%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


おすすめ比較特集