楽天ETCカードの年会費を無料にする方法は2つ

楽天ETCカードの年会費を無料にする方法

Photo by Andrew Magill


通常、「楽天ETCカード」は年会費として500円(税別)を支払う必要があります。 ただ楽天はヘビーユーザーへのサービスやキャンペーンが一つの売りであり、ETCカードもヘビーユーザーへのサービスとして年会費無料を提供しています。今日は「楽天ETCカード」を無料にする方法を解説します。

楽天のダイヤモンド・プラチナ会員になる

まず1つ目の方法は、「楽天ダイヤモンド会員」や「プラチナ会員」になることです。

楽天ダイヤモンド会員

楽天ではカードの利用頻度などによってランク付けがあり、最高位の「ダイヤモンド会員」と2番目にランクが高い「プラチナ会員」であれば初年度ETCカードの年会費無料、そして2年目以降も上級会員を維持できていれば年会費が無料になるというサービスを提供しています。会員ランクは過去半年間の楽天ポイントの獲得数と獲得回数に決まります。

【ダイヤモンド会員になる条件】

  • 過去6ヶ月で4,000ポイントを獲得し、楽天サービス利用回数が30回以上、かつ、楽天カードを所有

【プラチナ会員になる条件】

  • 過去6ヶ月で2,000ポイントを獲得し、楽天サービス利用回数が15回以上必要。

楽天ポイントはキャンペーンなどもありますが基本的には100円につき1ポイントを獲得できるので、ダイヤモンド会員になるためには40万円近く楽天関連サービスを利用する計算になります。

ただ実際には、楽天銀行や楽天トラベルなどの楽天グループで貯まるポイントも対象になり、ポイントの2重取りも可能なので、楽天のサービスをよく使う方であれば40万を使う必要はありません。

またダイヤモンド会員の取得条件としてクレジットカードの利用がありますが、楽天ETCカードは支払いの際にクレジットカードを使う都合上、楽天カードの所有が発行の条件となっているのでこの条件は自動的に満たしています。

なので条件としては見た目ほど難しくはないのですが、上級ランク会員になってもすごい優待があるというわけではありません。 上級会員では各種クーポンや優待があるというのが売りなのですが、クーポンと言っても特定の店舗で300円割引だったり先着3,000名様限定や抽選などとかが多いです。

正直なところ、「ダイヤモンド会員」になっても「300円引き」とか・・、名前とのギャップがすごいです。

ダイヤモンド会員

もう1つのうりがショッピング保険に入る権利が貰えるというものですが、内容としてはクレジットカードに付属している保険とあまり変わりがありません。すでに上級会員になっているという方であれば別ですが、年500円程度の年会費を無料にするためにあえて上級会員になるというほどのものではありません。

楽天市場のメリットとデメリットを検証してみた 楽天市場のメリットとデメリットを検証してみた すべてが優れているというのは世の中に無く、利用していると「ここ、ちょっとな~」という不満が出てくるのが人間です。もちろん楽天にもそういうのは出てきます。ということでデメリットをあげてみました。 この記事を読む

楽天プレミアムカードなど上級カードを持つ

もう1つの方法が「楽天プレミアムカード」や「楽天ビジネスカード」など上級カードを持つことです。「楽天プレミアムカード」はゴールドカードに位置するカードで年会費が10,000円(税別)必要になります。

「楽天ビジネスカード」はプレミアムカードの法人向けで、基本的な性能はプレミアムカードと同じですが支払い名義を法人名義に出来るなど個人事業主や企業、法人向けに改良されたカードです。これらのカードに付帯するETCカードは年会費無料となっています。

ただし法人カードの場合は、2枚目から通常の年会費がかかります。「楽天プレミアムカード」は上級カードなだけあって、各種保険がレギュラーカードよりも強化されていますし、ポイント還元の面でも強化されており通常のポイント還元の他に3つのコースから好きな還元率強化を選ぶことが出来ます。

特に評判が高いのが「プライオリティ・パス」で、これは空港ラウンジサービスとしては世界でもトップシェアを誇るサービスなのですが、これを年会費無料で利用することができます。しかも「プライオリティ・パス」のランクは「プレステージ会員」です。

この「プレステージ会員」はまともに年会費を払うと年間399ドルもします。(日本円で約4万円)。これだけで、楽天カードの年会費がペイ出来ます。また国内でも主要空港のラウンジを無料で利用できますし、レンタカーの優待サービス、旅行先でのトラブルやホテルの予約などを相談できる現地デスクを備えるなど、旅行によく行く方におすすめできるカードです。

ちなみにETCカードが無料になるクレジットは他にも「楽天ブラックカード」があります。これはブラックカードと名前が付いていますが実際は他社のプラチナカードと同じものです。「コンシェルジュサービス」もありませんし、カードフェイスの右上に「platinum」(プラチナ)と刻印されています。

「楽天ブラックカード」はインビテーション(招待制)のカードになります。ただ審査の面では非常に厳しく、楽天グループを使いまくらないと、インビテーションが来ないという噂もあります。

楽天の期間限定ポイントに要注意!楽天ポイントカードでうまく使うべし 楽天の期間限定ポイントは、楽天ポイントカードでうまく使うべし 楽天の期間限定ポイントはサンクス、ミスドで使うことが出来ます。「ポイントで払います」とレジでいう事で、楽天の「期間限定ポイント」をサンクスで1ポイントから消費できます。しかも期間限定ポイントが優先的に消費されます この記事を読む
楽天カードを持っているのなら、ENEOSで給油するとポイントが2倍になる! 楽天カードを持っているのなら、ENEOSで給油するとポイントが2倍になる あまり知られていないけど、「楽天カード」ならENEOS(エネオス)でガソリンを入れるだけで、ポイントが2倍になります。手続きやエントリーの必要ありません。「楽天カード」と「エネオスカード」どちらでガソリンを入れると安くなるのか!シュミレーショをしてみました。 この記事を読む

このコラムにおすすめのカード

楽天カード

満足ポイント 5.0

年会費無料
還元率1.0%~2.0%
ETC500円(税別)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

楽天PINKカード

満足ポイント 4.9

年会費無料
還元率1.0%~2.0%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

楽天ゴールドカード

満足ポイント 4.6

年会費2,000円(税別)
還元率1.0%~5.0%
ETC500円(税別)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

楽天プレミアムカード

満足ポイント 4.4

年会費10,000円(税別)
還元率1.0%~2.0%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

おすすめ比較特集