クレジットカードの番号って意味があるの?


クレジットカードについては「大切なもの、インターネットなどで番号を盗みとられたらとんでもないことになる」と、用心されていることと思います。

ところでカードの番号といっても、いろいろ書かれていて、「本当は何が書かれているのか」普通はご存知ないかもしれません。

もちろん、そのようなことを知らなくても普通にカードを使えますが、カード番号の意味を知っておくと、興味が湧きますし、一層カードを大切に扱うようになるかもしれません。

それでは、カード番号の意味をご説明いたします。

クレジットカードには何が記載されている?

カードには、番号だけではなくさまざまな情報が記載されています。

まずカードの表面についてです。

クレジットカードの番号って意味があるの?

カード名(カード上部) 楽天カードなど

カード番号(カード中央部)

有効期限(カード番号の下)

氏名(カードの下部)

国際ブランド(カードの右側 上または下)  VISA、Masterなど

カード裏面にも情報があります。

セキュリティコードという3~4桁の数字が記載されています。表のカード番号と共に、本人確認の重要な要素です。

なお、アメックスだけはセキュリティコードが表面に記載されています。

カード番号の桁数、その構成は?

最も肝心なカード番号ですが、何桁あるかご存知でしょうか?実はカード番号は14桁~16桁で、一律ではありません。

カード番号の基準は国際規格で決められており、桁数の次のようになっています。

自分は16桁が普通で、すべて同じと思い込んでおりました。

VISA、Master・・・16桁(4桁+4桁+4桁+4桁)
American Express・・・15桁(4桁+6桁+5桁)
Dinerslub・・・14桁(4桁+6桁+4桁)

先頭の6桁でカード発行会社が分かる

国際規格(BIN:銀行識別番号、IIN:発行者識別番号)によってカード発行者が分かるような仕組みになっています。まず1桁目は次のように発行者の産業によって分類されています。

なお、3~5については利用することが多いクレジットカードの例も表示します。

0:ISO(国際規格)の予備
1:航空
2:航空・他
3:旅行・娯楽・銀行・金融・・・例=JCB、AmericanExpress、DinersClub
4:銀行・金融・・・例=VISA
5:銀行・金融・・・例=MasterCard
6:運輸・銀行・金融
7:石油
8:ヘルスケア・医療・通信
9:国ごとに割当て

日本にいたら最初の文字が3~5がほとんどという事になります。

7桁目からは個人の口座番号がある

上記の発行会社コードの右側、先頭から7桁目から最終桁の左の桁までは、銀行でいえば口座番号に該当する、個人番号です。

カード発行会社ごとに、同一番号は本人しかありませんから、その前の6桁と併せて、世界に一つしか存在しない番号となります。いうならば、秘密にすべき核心部ということです。

最終桁はチェック用

カード番号の最終の1桁は、実は重要な役割があります。

その前の桁までの数字が記入(インプット)されたときに、最終桁の数字を加味して再計算すると、記入された番号が正確か、誤り(あるいは不正使用)か分かる仕組みになっています。

言葉としてはチェックデジットと呼ばれています。

初めてのクレジットカードは何がいい?
初めてのクレジットカードは何がいい?

日本国内だけでも1,000枚以上のカードが発行されている現状、初めて持つカードはどんなカードが向いているのか情報が多すぎて大変です。そこで、今回は照準を絞って分かりやすくまとめてみました。選ぶポイントは「多方面で使えるか!」「ポイントがお得に貯められるか」です

この記事を読む

このコラムにおすすめのカード

楽天カード

満足ポイント 5.0

年会費無料
還元率1.0%~2.0%
ETC500円(税別)
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

おすすめ比較特集