ライフカードビジネス(スタンダード)

満足ポイント 4.0

年会費無料
還元率-
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ライフカードビジネス(スタンダード)のおすすめポイント

特徴と年会費

年会費永年無料の「法人カード」で、ETCカードも永年無料になります。カード対象は「法人または個人事業主」で、カードの上限は500万円になります。国際ブランドは「VISA」「MASTER」の2種類から選べます。

普通、法人カードは基本は年会費がかかりますが、ライフカードビジネス(スタンダード)は年会費が無料なので、非常に珍しいクレジットカードといえます。

ライフカードビジネス(スタンダード)

ただ、「ポイントが付かない」というデメリットもあります。このカードは、ポイントシステム自体がありません。

旅行傷害保険などもありませんので、年会費無料で自動付帯で旅行傷害保険が付いているカードを持っていれば問題ありません。

「そんな都合の良いカードがあるのか?」と思われるかも知れませんが。
「あります」

JCB EIT(エイト)は、年会費無料で最高2,000万円まで海外傷害保険が付いています。

ポイントもない、保険も無いというデメリットもありますが、会社を作ったばかりの人や、現在「個人事業主」でやっている人は、とりあえず余計な経費をかけたくないのでオススメの1枚と言えます。

年会費が格安の法人カードのまとめ 年会費が格安の法人カードのまとめ 法人カードは、ビジネスとプライベートをきっちり線引きしてくれる便利な存在です。特に会社経営者、個人事業主などは、毎年の確定申告に大助かりです。法人カードは格安な年会費が、選考の際の絶対条件になります。今回は、その中でも年会費が格安な法人カードを探してみました。 この記事を読む

「法人と個人事業主」で必要な書類

ライフカードビジネス(スタンダード)は法人カードになりますので、カード作成時に「必要書類」が必要になってきます。

【法人の場合】

希望限度額 必要書類
100万円以下 登記事項証明書
代表者様の本人確認資料
100万円~500万円以下 登記事項証明書
代表者様の本人確認資料
決算書2期分
500万円~ 登記事項証明書
代表者様の本人確認資料
決算書2期分
不動産謄本(法人様もしくは代表者様名義)

【個人事業主の場合】

希望限度額 必要書類
100万円以下 事業主様の本人確認資料
100万円~ 事業主様の本人確認資料
確定申告書2期分

「VISA」なら使える特典が多くある

国際ブランドは2種類から選択出来ますが、「VISA」の場合だと特典があります。

Visaビジネスオファー

ホテル宿泊、オフィスサプライ、レンタル会議室等、お得に利用できる特典があります。

  • 「ワシントンホテル」なら10%割引など。

Visaビジネスグルメオファー

全国の厳選レストランが電話1本で全店特典付で予約出来ます。

  • 華都飯店 / 六本木一丁目 [ 中華 ] 20%OFF
  • 日本橋 なだ万 / 日本橋三越本店 新館 [ 和食 ] 10%OFFなど。

クラウド会計ソフトfreee(フリー)

クラウド会計ソフトfreee(フリー)の利用期間が2ヶ月間無料延長になります。このソフトは個人事業主や中小企業のための会計ソフトで、経理・簿記の知識がなくても使えるて、ライフカードビジネスの利用代金明細(Web明細)を取得し、会計帳簿を自動で作成してくれます。

ゴルフ場予約サービス

全国約2,200のゴルフ場の中から、24時間いつでも検索、プレー予約ができて、おトクなプレー料金で使うことが出来ます。

福利厚生サービス

福利厚生代行業界最大手の「ベネフィット・ワン」と提携をしていて、全国の保養所・スポーツジム・介護・育児・医療サービスや福利厚生サービスを割引料金で利用することが出来ます。

旅行サービス「Travel Gate」

JALもANAなど、国内・海外の旅行を簡単にオンラインで検索して予約することができることが出来ます。

海外アシスタンスサービス「LIFE DESK」

海外旅行の情報収集、ホテル・レストランなどの予約、カードの紛失・盗難時の手続き案内、病気やケガをしたときの医師や病院の紹介・手配など、会員専用の海外日本語サービス窓口で、
快適な海外旅行をサポートしてくれます。

ベネフィットワンとの提携で福利厚生サービスを利用できる

ライフカードビジネス ベネフィットワンとの提携で福利厚生サービス

中小企業経営者にとって頭を悩ませるのは、経営だけではありません。従業員の福利厚生サービスの充実も、今の企業経営に欠かせない施策になります。とはいえ、ハード面を整備するためには、膨大な経費がかかります。社員・従業員がいかに仕事に打ち込めるか、側面支援が業績アップのカギにもなります。

「ライフカードビジネス」は、業界最大手の福利厚生サービス「ベネフィットワン」と提携をしておりますので、割引価格で利用する事が出来ます。これは見逃せません。

全国の保養所・スポーツジム・介護・育児・医療サービスや福利厚生サービスを割引料金でご利用いただけます。

引用元:ライフカード

このサービスは、ライフカードビジネスと提携している福利厚生代行の業界最大手「ベネフィット・ワン」が運営しています。ライフカードビジネスに入会するだけで、国内外で1,000カ所以上の契約施設を割引・優待料金で利用できます。全国の企業・会社が幅広く受ける事が出来ます。

【ライフカードビジネスのベネフィット・ワンのサービス概要

  通常料金 会員料金
入会金 100,000円 無料
スタンダードコース 400円(税別)/1人 350円(税別)/1人
ゴールドコース 1,050円(税別)/1人 900円(税別)/1人

上表は社員規模が11人~100名以下の場合になります。

社員規模が10名以下の場合は、スタンダードコースで3,500円(税別)。ゴールドコースで9,000円(税別)になります。

デザインや国際ブランドも追加して利便性が高まった

ライフカードビジネスの種類は現在、4種類に増えました。国際ブランドはVISA、MasterCardの2種類に加えてJCBが追加されました。世界一の決済力を誇るVISA、MasterCardに加え、国産ブランドのJCBがあれば利便性も高まります。国際ブランドの選択肢が多ければ多いほど、選びやすいのは当然ですよね。

ライフカードビジネス(スタンダード)の種類

さらに、MasterCardブランドには2種類の券面デザインを選ぶことができます。ライフカードのコーポレートカラーのブルーとブラックの2種類です。4種類のライフカードビジネスの基本スペックは同じです。

【ライフカードビジネス(スタンダード)の種類】

  • ライフカードビジネスVISA
  • ライフカードビジネスMasterCard(Aタイプ=ブルー)
  • ライフカードビジネスMasterCard(Bタイプ=ブラック)
  • ライフカードビジネスJCB

JCBの法人カードを持ちたい個人事業主、法人ならライフカードビジネスがおすすめです。JCBでも多種多様な法人カードをリリースしていますが、国際ブランドが直接発行するプロパーカードの審査のハードルは高いです。例えば設立間もない法人、個人事業主にとっては、審査で否決される可能性もあります。

その点、ライフカードビジネスJCBなら、審査はライフカードで行います。国際ブランドのプロパーカードよりも、審査がかなり柔軟です。実績、業績に自身のない法人、個人事業主にとって、法人カードのキャリアアップを目指す入門カードとして最適です。

ポイントが貯まる「法人カード」のまとめ ポイントが貯まる「法人カード」のまとめ 法人の場合、会社の運営上、毎月の経費は必ず発生します。その際に少しでもポイントが貯まるカードで決済する方がメリットは大きいです。もちろん年会費も考慮に入れなければなりません。実はクレジットカードによっては、「ポイントの貯まらない法人カード」もあります。今回は「ポイントが良く貯まる法人カード」を紹介いたします。 この記事を読む

ライフカードビジネス(スタンダード)の詳細データ

カードの基本情報

申し込み資格 法人または個人事業主
審査・発行 必要書類
<法人>
・希望限度額100万円以下…登記事項証明書/代表者の本人確認資料
・希望限度額100万円超500万円以下…登記事項証明書/代表者の本人確認資料/決算書2期分
・希望限度額500万円超…登記事項証明書/代表者の本人確認資料/決算書2期分/不動産謄本(法人か代表者名義
<個人事業主>
・希望限度額100万円以下…事業主の本人確認資料
・希望限度額100万円超…事業主の本人確認資料/確定申告書2期分
年会費(本人) 初年度 無料
2年目以降 無料
年会費(追加カード) 初年度 -
2年目以降 -
限度額 ショッピング 限度額 10~500万円
キャッシング 限度額 なし
ETCカード 無料
締日 / 支払日 5日締め/当月27日払い(または翌月3日払い)
支払い方法 1回/2回/ボーナス1回/リボ払い/分割払い
国際ブランド
  • VISA
  • Master Card

追加できるカード

追加カード ETCカード

電子マネー

ポイントプログラム

ポイント還元方法 -
ポイント付与率 -
ポイント還元率 -
ポイント有効期限 -

マイレージ

マイレージ移行先 -
マイル付与率 -
マイル還元率 -
マイレージ移行期間 -
マイレージ移行手数料 -

付帯保険 

海外旅行保険 死亡・後遺傷害 -
傷害治療費用 -
疾病治療費用 -
救援者費用 -
賠償責任 -
携行品損害 -
国内旅行保険 死亡・後遺傷害 -
入院費用 -
手術費用 -
通院費用 -
ショッピング保険 -
その他 ・全国のゴルフ場を24時間予約可能な「LIFE Golf Desk online」
・海外アシスタントサービス「LIFE  Desk」
・旅行サービス「Travel Gate」
・クラウド会計freee…freeeアカウント作成後、標準プランを申し込んだ場合、2ヶ月間の無料期間がもらえます。
・福利厚生サービス…全国のスポーツジム・介護・育児・医療サービスや福利厚生サービスを割引料金で利用可能
<VISA限定>
・Visaビジネスグルメオファー…全国の厳選レストランを特典付きで予約出来るサービス
・Visaビジネスオファー…ホテル宿泊、レンタル会議室等お得に利用出来るサービス

おすすめ比較特集