JCB EIT(エイト)

満足ポイント 4.5

年会費無料
還元率1.0%
ETC無料
  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JCB EIT(エイト)のおすすめポイント

JCB エイト

特徴と年会費

JCB EITは、年会費が永年無料のクレジットカードになります。持っていて、使わなくても年会費は一切かかりません(JCBが負担)。家族カードも無料になります。

カード利用時に貯まるポイントが、通常のJCBカードの2倍というのが最大の特徴になります。もちろん公共料金や携帯代の支払い、電子マネーへのチャージでも2倍になります。

このカードのデメリットは「リボ専用のクレジットカード」という点になります。実はリボ専用カードですが、「リボ手数料」のかからない方法があります。

また、年会費無料なのに「海外旅行保険」が自動付帯で最大2,000万円まで付いているので、海外旅行保険用として、「サブカード」でずっと持っているだけでも、かなりの価値のあるクレジットカードといえます。

リボ払いでポイントが2倍以上になるカードのまとめ リボ払いでポイントが2倍以上になるカードのまとめ リボ払いはイヤだけどポイント2倍はおいしい。でも「リボは金利かかるし」と思う人も多いはず。自分は「ANA VISA 一般カード」を来月からリボに変更しようと企んでおります。もちろんポイントが2倍狙いのためです。ちなみにですが、計算をすると手数料は13円でした。計算式は下に書いています この記事を読む

全額払いが出来る。「リボ払いカード」のまとめ! リボ払い専用カードのまとめ! リボ払いのカードは、ポイント還元率が良く、高スペックなタイプも多くあります。 支払いでは金利手数料が上乗せされるため、一括払いのカードよりも好条件にしているのです。最初に設定をしておけば「一括払いと同じ」という優れたカードもあります。今回はその中でも優れた「リボ払いカード」をまとめてみました。 この記事を読む

6種類からカードフェイスを選択できる!

JCB EIT(エイト)は、6種類からカードを選ぶ事が出来ます。そのうち3つは、便利な「QUICPay搭載の一体型」のカードになっています。普通は「選ぶ」という選択肢がないので、こういったところは嬉しいサービスになります。

QUICPay機能付き
jcb-eit

 

QUICPay機能なし
jcb-eit02

Oki Dokiポイントはいつでも2倍!

ポイントシステムは、「Oki Dokiポイントプログラム」で、「JCB EIT」は、1,000円毎に2ポイント貯まります。通常のJCBカードは、1,000円毎に1ポイントですので、この差は大きいといえます。

また、JCBでは、1年間のカード利用金額に応じて、「JCB STAR MEMBERS」というランクがあります。ランクによって、Oki Dokiポイントが通常よりも多くもらえます。
(過去1年間の利用金額で、翌年のポイントに反映)

この分も追加すると、還元率がさらに上がることになります。

「JCB STAR MEMBERS」のメンバーランク

年間利用額 メンバー ポイントUP率
50万円以上 スターβ(ベータ)PLUS 20%UP
100万円以上 スターα(アルファ)PLUS 50%UP

さらに、JCBの運営する「Oki Dokiランド」からショッピングをすると、最大20倍までポイントが貯まります。
「Oki Dokiランド」では、常に「ポイント●●倍!」などのキャンペーンをやっています。
【Oki Doki ランドの人気店の一部抜粋】

Oki Doki ランド

おさらい。セブンイレブンではnanacoカードよりもQUICPay(nanaco)を使う方が断然お得です! おさらい。セブンイレブンではnanacoカードよりもJCBの「QUICPay」を使う方が断然お得です! 「お得度」は時として、正攻法だけとは限りません。セブンイレブンで使う電子マネーと言えば「nanaco」が基本になりますが、実はQUICPay(nanaco)を使うと、ガラリと事情が変わります。電子マネーは「QUICPay」の方が得をします。今回はそれを説明いたします。 この記事を読む

豊富なポイント移行先一覧

JCBの「Oki Dokiポイント」は、JTBブランドだけあって、「ポイント移行」のジャンルがかなり広く、貯まったポイントは、「nanaco、楽天スーパーポイント、Tポイント、マイル」などに変えることが出来ます。

【Oki Dokiポイントの移行一覧】

  移行先 移行レート
okidokiポイント jalマイルに移行 JAL マイレージバンク 1P→3マイル
 okidokiポイント anaマイルに移行 ANA マイレージバンク 1P→3マイル
okidokiポイント スカイマイルに移行  デルタ航空 スカイマイル  1P→3マイル
 okidokiポイント skyコインに移行  ANA SKY コイン  1P→3スカイコイン
okidokiポイント nanacoポイントに移行  nanacoポイント  1P→5ポイント
 okidokiポイント dポイントに移行  dポイント(ドコモ)  1P→4ポイント
 okidokiポイント auポイントに移行  WALLET ポイント(AU) 1P→4ポイント
 okidokiポイント ビックポイントに移行  ビックポイント 1P→5ポイント
okidokiポイント ビックネットポイントに移行 ビックネットポイント 1P→5ポイント
okidokiポイント ベルメゾンポイントに移行 ベルメゾン・ポイント 1P→5ポイント
okidokiポイント ジョーシンポイントに移行 ジョーシンポイント 1P→5ポイント
okidokiポイント 楽天スーパーポイントに移行 楽天スーパーポイント 1P→4ポイント
okidokiポイント 楽天edyに移行 楽天Edy 1P→3円分
okidokiポイント セシールスマートポイントに移行 セシールスマイルポイント 1P→5ポイント
okidokiポイント JTBトラベルポイントに移行 JTBトラベルポイント 1P→5ポイント
okidokiポイント ちょコムポイントに移行 ちょコムポイント 1P→5ポイント
okidokiポイント スタバチャージに移行 スターバックスチャージ 1P→5円分
okidokiポイント ニッセンお買い物券に移行 ニッセン買物券 1P→6円分
okidokiポイント カエトクカードに移行 カエトクカード 1P→4円分

貯まったポイントは東京ディズニーリゾートのパークチケットと交換できる!

JCB EITでポイントは東京ディズニーリゾートのパークチケットと交換できる!

JCB EITの利用で貯まったOki Dokiポイントは、東京ディズニーリゾートの各種チケットと交換する事が出来ます。

JCBは東京ディズニーリゾートの公式スポンサーなので、通常のパークチケット代7,400円のところ、1枚1,400ポイントとお得なレートでポイント交換をする事が出来ます。

このパークチケットは、混雑時でも入園できる入園保証付きで、有効期間内であれば、パークチケット料金が変更になった場合でも、差額を支払わずに利用が出来ます。

パークチケットの他にも、東京ディズニーリゾートのホテル食事券や宿泊利用券など、各種チケットと交換する事が出来るので、ディズニーファンには嬉しい特典が盛り沢山となっています。

「JCB×Yahoo!JAPANポイントクラブ」の利用でポイント交換レートがアップ!

JCB EITの利用で貯まったポイントを、Tポイントへ移行出来るサービス「JCB×Yahoo!JAPANポイントクラブ」を利用する事が出来ます。

「JCB×Yahoo!JAPANポイントクラブ」とは、1ポイントからTポイントに移行する事が出来る登録型(無料)のサービスです。

「JCB×Yahoo!JAPANポイントクラブ」に登録をして、「MyJCB ID」と「Yahoo! JAPAN ID」を紐付けると移行が出来ます。移行したTポイントは、全国のTポイント加盟店で1ポイント1円として利用する事が出来ます。

この「JCB×Yahoo!JAPANポイントクラブ」の利用で、通常よりも0.5~1.0%も交換レートがアップするので便利なだけでなく、非常にお得なサービスとなっています。

Tポイントの移行のコースは、毎月自動的にすべてのOki DokiポイントがTポイントに移行される「らくらく自動移行コース」と、ご希望のポイントをつど移行する「好きなときコース」から選べます。

  らくらく自動移行コース 好きなときコース
概要 毎月自動的に全てのOki DokiポイントをTポイントへ移行 好きなときにOki DokiポイントをTポイントへ移行
交換単位 1Oki Dokiポイント以上1ポイント単位 200Oki Dokiポイント以上100ポイント単位
交換レート Oki Dokiポイント1ポイント=Tポイント5ポイント Oki Dokiポイント1ポイント=Tポイント4.5ポイント
移行手続き 不要 必要

「らくらく自動移行コース」を選択すると、自動的にポイントが移行されるので、手続きの手間も無い上に、1ポイントに対してTポイントが5ポイントで移行が出来るのでお得度満載です。

「JCB×Yahoo!JAPANポイントクラブ」の登録をしなくても、移行が出来ますが、通常の交換レートは、1ポイントに対してTポイントが4ポイントの移行となるので、Tポイントを効率よく移行したい方は「JCB×Yahoo!JAPANポイントクラブ」の利用がお得です。

会員サイト「MyJCB」にはメリットがいっぱい!

「MyJCB」とはカードご利用代金の確認やポイント照会などができる会員限定のWEBサイトで、登録をするとパソコン・スマートフォン・携帯で24時間いつでも無料で見る事が出来ます。

カードの利用明細は、最新のものを含め最長8ヶ月分が確認でき、ポイント残高の確認や商品交換も簡単に出来ます。

支払い金額が確定した後に支払い方法の変更をする事も可能なので、ショッピング1回払いを利用後に分割やリボ払いに変更する事が出来る嬉しいサービスもあります。

JCB一般カード MyJCBでいつでも利用料金の確認

【MyJチェックも自動登録】
MyJCBに新規登録すると、WEB明細サービス「MyJチェック」も同時登録となります。登録後はカードご利用代金明細書の発送は停止し、MyJCBでいつでも確認することが出来ます。
(※ただし、お客様のご利用内容により「カードご利用代金明細書」を発送させていただく場合があります)

【会員限定サービス】
毎月実施されるキャンペーンや、ポイントアップ企画などの登録者限定のおトクな優待もあります。現在実施中のキャンペーン一覧から、気になるキャンペーンへの参加も簡単に出来ます。

【便利なサービスたくさん!】
MyJCBに登録をすると、以下のサービスも利用出来ます。

  • 各種カードの申し込み
    ETCスルーカードやQUICPayのお申し込みが出来ます。
  • 各種金券の購入
    JCBギフトカードやJCB-QUOカードなどの金券を購入が可能。
  • 各種料金のお支払い
    電気代やガス代などの公共料金の支払いがカードで出来ます。
  • お客様情報の照会・変更
    住所やID、パスワードなどの変更が出来ます。
  • J-Basket
    「旅」をはじめとするさまざまな特典を提供する登録制サービスが利用可能
  • 暗証番号通知書の送付受付
    JCBカードの暗証番号を書面で送付するサービスをお申し込みができます。
  • 「支払い名人」
    毎月のお支払い金額を自由に設定・変更出来ます。
  • キャッシングサービス
    キャッシングサービスの申し込みができます。
  • 「融資ご利用内容のお知らせ」WEB化
    キャッシングサービスの利用のつど交付される「融資ご利用内容のお知らせ」を書面の代わりにMyJCBで確認できます。

J/Secure(ジェイセキュア)とは

セキュリティ-に関して、最近のクレジットカード各社が力を入れています。最近ではインターネットショッピングで、カード情報がもれるなど不正使用が起きています。クレジットカードには券面の表にカード番号と有効期限、裏面にセキュリティーコードが記載されてます。

ネットショッピングの通常決済では、これらの3情報を入力すると決済が完了します。つまり、本人でなくても3つの情報を知って入れば、第三者でも簡単に決済できます。海外のサイドでは実態のないネットショップのサイトを立ち上げ、クレジット情報を盗み取る事件も起きています。

JCB一般カードなどに付属する「J/Secure」(ジェイセキュア)は、ネットでの不正使用防止に向けて導入されました。ユーザー登録をしてパスワードを設定します。JCB会員の本人認証を行うシステムで、最後にこのパスワードを入力しないと決済ができません。

J/Secureを導入しているJCBカード発行会社

つまりカードを落としたとしても、ネットでモノを買う場合は、このパスワードが必須になりますので不正に使われることはありません。あやしそうなショッピングサイトがあれば「JCB J/Secure」のロゴマークがなければ避けた方が賢明です。「J/Secure」の加盟店は、急速に広がっています。

【J/Secureを導入しているJCBカード発行会社】

  • JCBグループ
  • アプラス
  • 小田急電鉄
  • クレディセゾン
  • ワイジェイカード
  • セディナ
  • 西日本旅客鉄道
  • ポケットカード
  • ライフカード
  • エヌシーガイドショップ
  • 宮崎信販
  • 九州日本信販
  • エースカード
  • ビューカード
  • 山陰信販
  • イオン銀行
  • オリエントコーポレーション
  • ジャックス
  • セブン・カードサービス
  • トヨタファイナンス
  • 日立キャピタル
  • 三菱UFJニコス
  • UCS
  • 楽天カード
  • 日専連
  • ほくせん
  • 楽天銀行
  • シティックスカード
  • ライフフィナンシャルサービス

「JCBでe安心」制度でネットショッピングも安心

「JCBでe安心」とは、インターネットショッピングでご利用になった覚えのない請求があった場合、状況調査のうえ適用条件に基づき、請求を取り消しするサービスです。

以下の3つが対象業種になります。

  • インターネットショッピング
  • 電話・プロバイダー料金
  • 電話・FAXによる通信販売

不正利用が認められた場合に被害額を補償してくれます。
万が一見に覚えの無い請求があった場合には、カード会社へ連絡をしましょう。

JCB安心のセキュリティ

JCBはクレジットカードを安全に利用する為に、不正使用を未然に防ぐ為の取り組みも力を入れています。

【不正検知システム】

不正検知システムを用いてカード取引ごとに不正リスクのスコアリングを実施し、不審なカード取引がないかを早期に検知します。直近の不正使用の傾向と似ている場合には、カードの取引を保留する場合があります。

【カード利用状況確認のご連絡】

第三者による不正利用の可能性を検知した場合に、電話やメールにてカードの利用内容を確認する連絡が届きます。

年会費無料なのに旅行傷害保険は最高2,000万円

このカード最大のメリットですが、年会費が無料なのに海外旅行傷害保険が自動付帯で最高2,000万円になります。

つまり、「海外旅行保険用」に作っておくだけでも維持費が一切かからないので、かなりおトクなクレジットカードと言えます。

海外旅行傷害保険は、最高2,000万円(自動付帯)で国内旅行傷害保険はありません。

「海外航空機遅延保険付きカード」のまとめ 「海外航空機遅延保険付きカード」のまとめ 「航空機遅延保険付きカード」って漢字が多いので分かりにくいイメージがありますが、実際どういうモノなのかと簡単に言いますと、4時間以上の遅延や欠便が発生した場合は、その時にかかった宿泊費・や食事代を保険として請求することができます。空港でただひたすら待つしかないのと、すぐさまホテルをとって一晩ゆっくり休むのとでは精神的にも肉体的にも負担が全く違ってきます。デメリットをメリットに換えてくれるのが、この航空機遅延保険です。 この記事を読む

ショッピングガード保険は最高100万円

JCB EITの「ショッピングガード保険」が自動付帯されています。購入日から90日間、年間最高100万円まで補償してくれます。

JCBエイトのデメリットは、ほぼ無い

年会費が無料なので、維持費もかかりません。JCBエイトのデメリットは特にありません。

JCB EIT(エイト)の詳細データ

カードの基本情報

申し込み資格 18歳以上でご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方
審査・発行 約1週間
年会費(本人) 初年度 無料
2年目以降 無料
年会費(家族カード) 初年度 無料
2年目以降 無料
ETCカード 無料
キャッシング手数料 公式サイト参照
締日 / 支払日 公式サイト参照
支払い方法 公式サイト参照
国際ブランド
  • JCB

電子マネー

  • QUICPay

ポイントプログラム

ポイント還元方法
  • 商品券と交換
  • キャッシュバック
  • 提携ポイントへの移行
  • マイルへの移行
  • 他景品との交換
  • グルメ
  • チャリティー
※MyJCBにログインで自由に選べます
ポイント還元率 1%~
ポイント有効期限 2年

マイレージ

マイレージ移行先 ANA、JAL、デルタスカイマイル
マイル付与率 1,000円=6マイル
マイル還元率 0.6%
マイレージ移行期間 4~6週間

保険/補償

海外旅行傷害保険 最高2,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険 -
ショッピング保険 最高100万円(国内/海外)
その他 カードの紛失、盗難時に届け日から60日以内

おすすめ比較特集