JCB CARD W

満足ポイント 4.3

年会費永年無料
還元率1.0%
ETC無料

今なら最大11,000円分プレゼント!

  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JCB CARD Wのクチコミ&レビュー

  • 総合評価 5点中 4点の評価 20代/女性/会社員

    スタバが好きでよく利用しますが、スターバックスカードのチャージでポイントをたくさん貯められます。そのポイントをスタバカードに移行したり、nanacoに移行してコンビニの買い物にも使えますよ

  • 総合評価 5点中 3点の評価 20代/男性/会社員

    30代までしか申し込めないカードですが、年会費もかからず、ディズニー好きでJCBを持ちたい人にはおすすめだと思います。

  • 総合評価 5点中 5点の評価 30代/男性/会社員

    JCB作ろうと思っててタイミングよくこのカードを作りました。年会費無料でJCBカードと同じサービスなので得した感じです

Amazonギフト券がもらえる!
クチコミの投稿はこちら

JCB CARD Wのおすすめポイント

特徴と年会費

「JCB CARD W」は18歳~39歳以下の若者が申し込めるクレジットカードになります。39歳までに作っておくと解約しない限り40歳以降もずっと使えます。

年会費は永年無料で家族カードやETCカードもすべて無料で維持費が一切かかりません。国際ブランドはJCBのみで約3,000万のJCB加盟店で利用出来ます。

JCB CARD W

「JCB CARD W」の1番の魅力は、いつでもポイント還元率が1.0%という高いポイント還元率です。国内・海外どこで利用してもポイント2倍です。「JCB CARD W」の申し込みは、WEB入会限定となっています。

「JCB CARD W」のまとめ

  • 年会費は永年無料
  • ポイントは常に2倍
  • WEB入会限定のカード
  • 家族カード・ETCカード無料
  • 還元率が最低1.0%
  • JCB STAR MEMBERS(スターメンバーズ)が対象外

今までは「JCB一般カード」というのが1番基本のクレジットカードでした。年会費は1,250円(税別)かかりますが、今回「JCB CARD W」という年会費完全無料のカードが新しく登場したのには驚きです。

しかもポイントは常に2倍で条件付きで「リボ払い」とかそういうのもありません。

「楽天カード」「Yahooカード」など年会費無料のカードが主流になっている中で、ついにJCBのプロパーカードからも年会費無料カードが生まれました。

「楽天カード」や「Yahooカード」と1つ大きな違いは「JCB CARD W」はプロパーカードなのでJCBに用意された数多くのサービスが受けれるという点になります。

いつでもポイント2倍で還元率1.0%!

Oki Dokiポイント

「JCB CARD W」のポイントプログラムは「Oki Dokiポイント」です。通常は1,000円ごとに1ポイント貯まりますが、「JCB CARD W」は1,000円ごとに2ポイントが貯まります。還元率は1.0%で、ポイントの有効期限は2年間になります。

JCB一般カード」は、利用金額に応じてポイントが貰えるJCB STAR MEMBERS(スターメンバーズ)というサービスが適用されますが、「JCB CARD W」は対象外となります。

ただ、「JCB STAR MEMBERS」は対象カードでも、年間100万円以上の利用でやっと還元率0.75%になるので、常時ポイント還元率が1.0%の「JCB CARD W」がお得である事には変わりはありません。

「Oki Dokiランド」では最大20倍のポイント付与

ネットで買い物をする際に、JCBが運営するポイントモール「Oki Doki ランド」を経由することでポイントが一気に跳ね上がります。

「Oki Doki ランド」約400店ショップがあり、Oki Dokiポイントが最大20倍にもなります。Amazonや楽天もあるので買い物で困るような事はありません。

Oki Dokiランド

またショップによっては、常にキャンペーンをしている所も多いので予想より大きなポイントをゲット出来る機会も多くあります。「Oki Doki ランド」を経由してクリックするだけで、最低でもポイントは2倍になるので必ず利用した方が得になります。

【Oki Doki ランドの主な店舗の1部抜粋】

ジャンル 店舗名 倍率 合計還元率
総合モール 楽天市場 2倍 1.0%
Amazon 2倍 1.0%
Yahoo! 2倍 1.0%
ヤマダモール 2倍 1.0%
百貨店 伊勢丹オンライン 5倍 2.5%
高島屋オンライン 4倍 2.0%
東急百貨店 4倍 2.0%
ファッション ベルメゾンネット 3倍 1.5%
アンテプリマ 2倍 1.0%
L.L.Bean 2倍 1.0%
GAP 2倍 1.0%
本・CD・DVD    BOOKFAN 4倍 2.0%
セブンネット  2倍 1.0%
 紀伊國屋ウェブ 2倍 1.0%
スポーツ・アウトドア    アシックスオンライン 2倍 1.0%
アトミックゴルフ 2倍 1.0%
つるやゴルフ 2倍 1.0%
ナチュラム 2倍 1.0%
チケット チケットぴあ 2倍 1.0%
agoda(アゴダ) 2倍 1.0%
海外格安航空券のena 2倍 1.0%
トラベル 一休.com 3倍 1.5%
日本旅行 2倍 1.0%
じゃらん 2倍 1.0%

キャンペーンなどもありますので変動があります

「JCB ORIGINAL SERIES」パートナー店でもっと貯まる!

JCBカードには、さまざまな高ポイント還元のメニューが用意されています。「JCB ORIGINAL SERIES」パートナー店で、JCBカードで決済すると「Oki Dokiボーナスポイント」が貯まります。2倍以上貯まるのは当たり前で、パートナー店によって貯まる設定が違ってきます。

「JCB ORIGINAL SERIES」パートナー店

主な「JCB ORIGINAL SERIES」パートナー店を以下に掲載しました。

ジャンル 店舗 ポイント倍率
ガソリンスタンド 昭和シェル 2倍
エッソ 2倍
モービル 2倍
ゼネラル 2倍
スーパー・コンビニ イトーヨーカドー 3倍
セブンイレブン 3倍
カフェ スターバックス 5倍
 ファッション&インテリア アレックス 5倍
スタージュエリー 5倍
Right-on 3倍
音楽&エンタメ ローチケHMV 7倍
キッザニア東京/甲子園 5倍
ラグーナテンボス 5倍
ゴルフ ゴルフダイジェスト・オンライン 20ポイント
バリューゴルフショップ 5倍

海外利用でもポイントが2倍

「JCB CARD W」は、Web明細サービスの「MyJチェック」に登録(無料)すると、海外でポイントが2倍になります。リアル店舗が対象ですが、海外のショッピングサイトでJCBが利用できればOKです。

2倍にするには「MyJチェック」に登録が条件になります。

スタバではポイントが5倍になる!

「JCB ORIGINALシリーズ」※1のカードをスタバで使うと利用額が1回で1,000円以上の場合、ポイントが5倍になります。「JCB CARD W」の通常還元率は1.0%なので、還元率は5.0%となります。

「スタバで1回に1,000円以上も使わないって・・・無理。」と、ほとんどの人が厳しいと思います。でも、方法はあります。

JCBカードからの「スターバックス カード」へのチャージでもポイントは5倍になります。普段コーヒーを飲む際に、チャージをしておいたマネーを小出しに使うことで構いません。

スターバックス カード

「スターバックス カード」はプリペイドカードで、店舗で店員さんに言うと、その場で無料で作れます。

スタバでポイントが5倍になる「JCB ORIGINALシリーズ」※1

  • JCB CARD W
  • CARD W plus L
  • JCB一般カード
  • JCBゴールド
  • JCBデビットゴールド
  • JCBゴールド ザ・プレミア
  • JCBザ・クラス
  • JCB CARD EXTAGE(JCBカード エクステージ)
  • JCB GOLD EXTAGE(ゴールドエクステージ)

Oki Dokiポイントの移行先

「JCB CARD W」の利用で貯まった「Oki Dokiポイント」は、お買い物の支払いに充当出来るほか、様々な商品やポイントと交換する事が出来ます。

商品と交換

貯まったポイントは、多種多様な商品と交換できます。

【商品の一例】

サントリー ザ・プレミアム・モルツ 12缶セット
ポイントを商品と交換交換ポイント数:700
16インチ折りたたみ自転車
16インチ折りたたみ自転車交換ポイント数:3,200
シャープ 空気清浄機
シャープ 空気清浄機交換ポイント数:5,800
iRobot ロボット掃除機ルンバ876iRobot ロボット掃除機ルンバ876交換ポイント数:16,550

ポイント移行

貯まったポイントは他社ポイントへ移行が出来ます。交換出来るポイントは以下の通りとなっています。

 移行先 必要ポイント数 移行先ポイント数
okidokiポイント nanacoポイントに移行
nanacoポイント
200 1,000
okidokiポイント dポイントに移行
dポイント(ドコモ)
 200 800
 okidokiポイント auポイントに移行
 WALLET ポイント(AU)
200 800 
 okidokiポイント ビックポイントに移行
ビックポイント
200 1,000
 okidokiポイント ビックネットポイントに移行
ビックネットポイント
 200 1,000
okidokiポイント ベルメゾンポイントに移行
ベルメゾン・ポイント
200 1,000
okidokiポイント ジョーシンポイントに移行
ジョーシンポイント
200 1,000
okidokiポイント 楽天スーパーポイントに移行
楽天スーパーポイント
200 800
okidokiポイント 楽天edyに移行
楽天Edy
200 600
okidokiポイント セシールスマートポイントに移行
セシールスマイルポイント
200 1,000
okidokiポイント JTBトラベルポイントに移行
JTBトラベルポイント
200 1,000
okidokiポイント ちょコムポイントに移行
ちょコムポイント
200 1,000
okidokiポイント スタバチャージに移行
スターバックスチャージ
200 1,000
okidokiポイント ニッセンお買い物券に移行
ニッセン買物券
200 1,200
okidokiポイント カエトクカードに移行
カエトクカード
200 800
 Tポイント Tポイント  500 2,000 

マイル移行

JALマイル、ANAマイル、デルタ航空、スカイマイルに移行できます。

移行先 必要ポイント数 移行先ポイント数
okidokiポイント jalマイルに移行 500 1,500
okidokiポイント anaマイルに移行 500 1,500
okidokiポイント スカイマイルに移行 500 1,500
okidokiポイント skyコインに移行 500 1,500

ギフトカード・商品券と交換

ポイント交換の定番は、金券などのギフトカードになります。

移行先 必要ポイント数 交換先の価格
iTunes Card 500 1,500
nanacoカード 550 2,000
1050 5,100
4,050 20,000
8,050 40,000
QUICPay付nanacoカード 1050 5,100
スターバックス カード 650 2,000
MOS CARD 650 2,000
ぐるなびギフトカード 650 2,000
全国共通お食事券 ジェフグルメカード 650 2,000
モンテローザグループ お食事&ドリンク券 650 2,000
コメカ(コメダ珈琲店プリペイドカード) 650 2,000
すかいらーくご優待券 650 2,000
KFC CARD 650 2,000
JCBプレモカード 670 3,000
ハーゲンダッツ アイスクリームミニカップギフト券(4枚)  700 2,640
ベルメゾンお買い物券 950 3,000
スターバックス カード 1,400 5,000
美容室TAYAソーシャルギフトカード 1,500 5,000

 JCBギフトカード

JCBギフトカードは、還元率が0.48~0.5%と高いのでおすすめです。

移行先 必要ポイント数 交換先の価格
JCBギフトカード  1050 5,000円分
2,050 10,000円分
3,050 15,000円分
4,050 20,000円分
5,050 25,000円分
6,050 30,000円分
7,050 35,000円分
8,050 40,000円分
9,050 45,000円分
10,050 50,000円分

ポイントチャリティー

ユニセフやユネスコなどの団体への寄付にOki Dokiポイントを利用できます。

  • 公益財団法人 日本ユニセフ協会
  • 公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟
  • WWFジャパン(公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン)
  • 日本赤十字社
  • 特定非営利活動法人 国連UNHCR協会
  • 国連WFP
  • 特定非営利活動法人 国境なき医師団日本
  • 特定非営利活動法人 ピースウィンズ・ジャパン
  • Present Tree(認定NPO法人 環境リレーションズ研究所)
  • 公益社団法人 日本臓器移植ネットワーク
  • JCBこども応援基金

TDRパークチケット&USJスタジオ・パスが各1枚(1,400pt)

JCB東京ディズニーリゾートチケット

Photo by 東京ディズニーリゾート・ブログ

JCBがスポンサードしてる東西2つの巨大テーママークの入場券も、ポイントで交換できます。2つとも1枚1,400ポイントで交換が出来ます。TDRで購入すると定価は7,400円になります。USJは7,038円。

  • 東京ディズニーリゾート(TDR)のパークチケット
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)のスタジオ・パス

ポイント還元率で最もお得になります。JCBギフトカードの0.50%を上回る0.57%の還元率です。両テーマパークを4人家族で訪れると、食事代やグッズ購入も含めて30,000円以上かかります。なので、JCB一般カードを使ってテーマパークの入場チケットをゲットするのも賢明な選択と思います。

絶対必要!QUICPay(nanaco)でセブンイレブンではポイントが3倍になる!

セブンでQUICPayを使う場合「nanaco」のヒモ付けが最強になります。これはぜひ使ってみてほしいです。JCBカード(ORIGINALシリーズ)で、セブンイレブンで買い物をするとOki Dokiポイントが3倍貯まります。電子マネーのQUICPayもJCBカードと同様にみなされます。つまり、セブンで1,000円の買い物をしたとします。

  • 「JCBのOki Dokiポイント0.5%×3倍」+「nanacoポイント0.5%」=合計ポイント還元率2.0%になります。

JCBは現在キャンペーンをしており、期間中は「Oki Dokiポイント1ポイント」を「nanacoポイント6ポイント」に移行可能となっておりますので、キャンペーン期間中は合計還元率は2.5%となります。これが、QUICPay(nanaco)になります。

QUICPay nanaco

「これって普通のnanacoカードでは?」と思いますが、裏面はこのようになっています。

QUICPay(nanaco)

きちんと、QUICPayが付いています。見た目は100%nanacoカードなので、セブンのレジで「QUICPayで支払います」と言っても、店員さんが「nanacoですか?」と聞かれるかもしれませんが「QUICPayで」と言い切りましょう。nanacoで支払うとだいぶ損をする事になります。

最近は「Apple Pay」もありますので、iphoneにJCBカードを登録して、支払い時に「QUICPayで支払います」と言えば、同様にポイントは3倍になります。むしろこの方がnanacoカードを出すよりもスピーディーに支払いが出来ます。

ポイント3倍は大きいです。自分はセブンだと「Apple Pay」での「QUICPay払い」にしているので全部ポイント3倍を取っています。JCBの決済履歴はこんな感じです。右端の「*3」はポイント3倍の事になります。

クイックペイ セブンだとポイントが3倍

【QUICPayが使える主な店舗】

コンビニ セブンイレブン
ローソン
ファミリーマート
サークルKサンクス
デイリーヤマザキ
ミニストップ
セイコーマート
スリーエイト
ポプラ
ショッピング イトーヨーカドー※
近鉄百貨店※
阪急百貨店※
イオングループ※
ヨドバシカメラ
ガソリンスタンド 昭和シェル
ENEOS
エクスプレス
(エッソ、モービル、ゼネラル)
スーパー 阪急オアシス
平和堂
アークスグループ
ドラッグストア ツルハドラッグ
ウェルネス
くすりのレデイ
くすりの福太郎
グルメ すき家
ロイヤルホスト※
サガミグループ
魚べい
レジャー USJ
東京タワー
スーパージャンカラ
富士急ハイランド
キッザニア東京/甲子園

※一部店舗は対象外になります。

電子マネーのQUICpayで簡単決済

コンビニなどの少額決済には欠かせないのが電子マネーです。電子マネーには、先払いチャージ方式後払い方式があります。QUICpay(クイックペイ)は後払い方式ですので、残高を気にすることなくレジで使えます。この少しのストレスの差は実際に両方の電子マネー使ってみると、かなりあります。

QUICpayカードが欲しい場合は、JCBカードを新規で作る時に同時に申し込みが出来ます。既にJCBカードがある場合には、JCBカードの管理画面から簡単に申し込む事が出来ます。もちろん無料で発行してくれます。

QUICpayで利用した分は、ひも付けされているJCBカードから引き落とされる感じになります。使い勝手の話になりますが、自分の場合は断然、後払い方式の方が使いやすいです。電子マネーを使うことで請求はJCBカードの方に来るので「Oki Dokiポイント」が貯まる事になります。

しかもセブンイレブンでは、JCBカードよりQUICpayで払う方がポイントが3倍など、引き落とされる口座も金額も同じなのに、QUICpayで払う方が得になりますので、QUICpayはやはり必要といえます。

JCB QUICpay

QUICPayの特徴は以下になります。使ってみるとすごく便利です。

  • 事前のチャージが必要なく、残高を気にせず利用できる
  • 決済は端末にかざすだけで、1秒前後で完了する
  • サインの記入や暗証番号の入力が必要ない
  • 1回の精算では20,000円が限度額

【タイプ別 電子マネー一覧】
電子マナーは種類が多くて困るのですが、QUICPay(クイックペイ)とiD以外は全て「先払いでチャージが必要」と覚えれば簡単です。

タイプ 会社別  
後払い電子マネー QUICPay(クイックペイ) QUICPay(クイックペイ)
電子マネーiD iD
先払い電子マネー 楽天edy 楽天Edy
電子マネーSuica Suica
電子マネーpasmo PASMO
電子マネーwaon WAON

QUICPayの種類は複雑そうだけど簡単!

QUICPayには以下の種類があります。どれを使っても内容は同じになります。

「JCB CARD W」では、カード一体型のタイプはないので、専用カードかおサイフケータイ等でQUICPayの利用が出来ます。

QUICPay専用カード 専用カード型
QUICPay専用カード クレジットカード型(QUICPay搭載)
QUICPay(nanaco)QUICPay(nanaco) お持ちのnanacoカード1枚でnanacoとクイックペイの2つの電子マネーが使えます。
QUICPayモバイル お持ちのおサイフケータイ(R)で、簡単な登録により利用できます。おサイフケータイ対応のスマートフォンでも利用できます。
おこづかいQUICPayおこづかいQUICPay 10歳以上のお子様から利用できるクイックペイです。
QUICPayキーホルダータイプスピードパスプラス コンビニやレストラン、全国のエッソ・モービル・ゼネラルのSSでも使用可能です。
QUICPayコイン QUICPayコイン コンパクトなコイン型のクイックペイなので、ランニング時にリストバンドに装着したり、コインケースに入れたりと、手軽に持ち運びができます。
ANA QUICPay+nanacoANA QUICPay+nanaco ANA国内線の搭乗がタッチでできる「スキップサービス」と「クイックペイ」「nanaco」の3つの機能が1枚にまとまった、キーホルダー型(飛行機の翼デザイン)の電子マネー

JCBは唯一のオフィシャルサプライヤー

JCB一般カードが最も手厚いサービスを受けられるのが、東京ディズニーリゾート(TDR)です。JCBはTDRの「オフィシャルカード」です。JCB会員限定のイベントを展開しています。

JCBスター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー

ちなみに米国発祥のディズニーパークは、世界展開しており、JCBがオフィシャルカードなのはTDRだけです。米国をはじめ、他国のディズニー関連パークでは、VISAブランドがオフィシャルカードになっています。

JCBが提供するTDRのアトラクション
  • 東京ディズニーランド=スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー
  • 東京ディズニーシー =ニモ&フレンズ・シーライダー(2017年春オープン)

JCBではTDRに関するイベントも常に開催しています。毎年にわたって、キャンペーンを募集しているので、TDR好きなJCBカードホルダーにとって要チェックです。

【JCBマジカル2017の現在のキャンペーン】

JCBマジカル2017 サルでもわかるクレジットカード

2017年のクリスマス時期の東京ディズニーランド(R)を完全貸切にするキャンペーンになります。合計40,000名様に当たります。コースは3種類から選ぶことが出来ます。

【JCBマジカル2017 申し込みキャンペーン期間】
2016年12月16日~2017年6月15日まで

【コースコード 01】

  • 貸し切り2名コース(1等)
    50組100名=2017年12月1日(金)のディズニーホテル宿泊+貸し切り招待チケット
  • 貸し切り2名コース(2等)
  • 2,250組4,500名=2017年12月1日(金)の貸し切り招待チケット

【コースコード 02】

  • 貸し切り4名コース(1等)
    50組200名=2017年12月1日(金)のディズニーホテル宿泊+貸し切り招待チケット
  • 貸し切り4名コース(2等)
    2,300組9,000名=2017年12月1日(金)の貸し切り招待チケット

【コースコード 03】

  • 東京ディズニーリゾート、パークチケットコース(ペア)
    1,000組2,000名

宿泊ホテルは、ディズニーアンバサダーホテル、東京ディズニーランドホテルで、どちらかを選ぶことはできません。さらにハズレた方には「JCB マジカル オリジナルグッズ」を抽選で24,000名様にプレゼント!

JCB一般カードでもお得ですが、TDR最強のクレジットカードがあります。JCBブランドの「ディズニー・カードクラブ」になります。会員限定の貸し切りイベントなど、お得な特典やキャンペーンが満載になっています。

会員サイト「MyJCB」にはメリットがいっぱい!

「MyJCB」とはネット上で、利用代金の確認やポイント照会などができます。カードの利用明細は、最新のものを含め最長8ヶ月分が確認でき、ポイント残高の確認や商品交換も簡単に出来ます。

また、支払い金額が確定した後に支払い方法の変更をする事も可能なので、ショッピング1回払いを利用後に分割やリボ払いに変更する事もできます。

「プレゼントが当る!」などの各種キャンペーンも豊富に用意されていますので、ワンクリックでキャンペーンに参加することも出来ます。先ほどログインをして確認すると、現在進行形のキャンペーンは77本ありました。(2017年3月)

「MyJCB」の中で自分が1番感動をした点は、クレジットカードを変更した時に公共料金の手続きをする必要があります。電気、水道、ガスなど1つずつ各社のHPを見に行って、どこから変更するのか?手続きに時間がかかってしまいます。また、こういったライフラインの会社の仕様は分かりにくくて、使いにくいHPが多いという特徴もあります。

JCBの「MyJcb」なら、ログイン後にライフライン各社が揃っていて、ワンクリックで管理画面から「クレジットカードの変更」ができます。あっけなく変更が出来過ぎて驚くほどです。

JCB一般カード MyJCBでいつでも利用料金の確認

【MyJチェックも自動登録】
「MyJCB」に新規登録すると、WEB明細サービス「MyJチェック」も同時登録となります。登録後はクレジットカード利用明細書の紙の発送が停止され、Webから「MyJCB」で24時間確認することが出来ます。

会員登録をすると(無料)、毎月実施されるキャンペーンや、ポイントアップ企画などの登録者限定のおトクな優待もあります。現在実施中のキャンペーン一覧から、気になるキャンペーンへの参加も簡単に出来ます。MyJCBに登録をすると、以下のサービスも利用出来ます。

【各種カードの申し込み】
ETCスルーカードやQUICPayの申し込み。

【各種金券の購入】
JCBギフトカードやJCB-QUOカードなどの金券を購入が可能。

【各種料金のお支払い】
電気代やガス代などの公共料金の支払いがカードで可能。

【お客様情報の照会・変更】
住所やID、パスワードなどの変更が出来ます

【J-Basket】
「旅」をはじめとするさまざまな特典を提供する登録制サービスが利用可能。

暗証番号通知書の送付受付
JCBカードの暗証番号を書面で送付するサービスの申し込みができます

【支払い名人】
毎月の支払い金額を自由に設定・変更出来ます

【キャッシングサービス】
キャッシングサービスの申し込みができます

【融資ご利用内容のお知らせのWEB化】
キャッシングサービスの利用のつど交付される「融資利用内容のお知らせ」を書面の代わりにMyJCBで確認できます。

JCB優待ガイドは世界中で使える

JCBのサービスの中でも好評なのに「JCB優待ガイド」というサービスがあります。これは、国内・海外の飲食店をはじめ、各アミューズメント施設などで割引、優待価格で利用できます。

「JCB優待ガイド」という冊子がありますので、それを提示してJCBカードで支払いをするだけの簡単な仕組みです。

JCB優待ガイド

冊子には全国47都道府県中、35都道府県の情報をWeb上で掲載しています。例えば北海道なら331件、東京なら2,302件、大阪なら104件、沖縄なら50件のお得な店舗情報が掲載されています。

中には「20%OFFクーポン」「10%OFFクーポン」の対象店を検索できます。飲食代の合計から20%OFFになるので、これは見逃せません。ちなみにエリアを東京にすると、130店が「20%OFFクーポン」の対象店にヒットします。

飲食に限らず他にもいろいろあります。

【JCB優待ガイドのこの他の国内優待】

  • トヨタレンタカー=基本料金5%OFF
  • ニッポンレンタカー=基本料金5%OFF

「JCB優待ガイド」の冊子を手に入れるには、JCBに連絡するか、急ぐ場合は空港や、JCBプラザ ラウンジ・JCBプラザにも置いています。

「チケットJCB」はJCB会員だけのチケットサービス!先行販売や割引チケットも! 「チケットJCB」はJCB会員だけのチケットサービス JCBのチケットサービスで「チケットJCB」があります。JCBのクレジットカード会員のみが対象で、先行販売や優待価格による割引がなどあります。JCBカードは、T&E(トラベル&エンターテインメント)に力を入れているクレジットカードというのも納得です。チケットの内容は、コンサート、ミュージカル、舞台、スポーツなど各種チケットになります。 この記事を読む

JR東海プラスEXサービスならチケットレスでらくらく乗車!

JCB一般カードがあると、東海道新幹線(東京~新大阪間)のネット予約&チケットレスサービス「プラスEX」が使えます。年会費500円(税別)で、サービス入会後2ヶ月間はお試し期間として年会費は発生しません。

JCB一般 EXカードでチケットレスになる

「プラスEX」サービスのメリット

  • いつでもどこでもらくらく予約!
    スマートフォンや携帯電話、パソコンからスピーディに予約できます。(予約受付時間は5時30分~11時30分です)
  • 支払いはお手持ちのカードでOK
    「プラスEX」サービスの利用代金はJCBカードで決算されるので、クレジットのポイントも貯まります。
  • 座席リクエストが可能
    「座席番号リクエストサービス」で、シートマップで空席状況を確認しながら好きな座席を選ぶ事が出来ます。 (※残り座席が少ない場合、この機能を利用できない場合があります)
  • 予約変更が無料で何度でも出来る
    スマートフォンや携帯電話で予約の変更や取り消しが手数料なしで何度でも出来ます。 (※予約の取り消し(払い戻し)には、手数料が必要です)
  • ICカードでスピーディに乗車
    IC乗車サービスは切符の受け取りが不要なのでスムーズに乗車が出来ます。 サービス入会後に送られてくる「プラスEXカード」を改札機にタッチするだけで乗車できます。 (※プラスEXカードによるIC乗車サービスは、会員ご本人(大人1名)のみ利用できます)

JCB一般 EXサービスが使える

繁忙期でも「プラスEX」サービスなら1年中同じ値段なので、ゴールデンウィークや年末年始などの期間でも会員価格で利用する事が出来ます。

米国では730万店以上でJCBカードが使える

米国では730万店以上でJCBカード

JCBは国産唯一の国際ブランドであるクレジットカードです。現状では、世界で利用できるVISAやMasterCardの決済力の高さにかないません。しかし、着々と「世界制覇」へ向けての歩みを進めています。

意外ですが、JCBでは米国の730万店以上の店舗などで利用できます。JCB=米国という構図は、なかなかイメージできませんが、他の国際ブランドと提携を深めているからになります。

【JCBと他の国際ブランドとの提携】

2000年:アメックスと海外5カ国で加盟店業務について提携
2006年:ダイナースクラブと国内における包括的加盟店事業について提携
    ディスカバーカードと日米加盟店の相互開放契約を締結

アメックスが持つ海外5カ国の加盟店でJCBカードも使えるという契約で、ダイナースクラブは国内のJCB加盟店を使えるという内容です。ただしアメックスもダイナースクラブも、全店舗で利用できるわけではありません。VISAやMasterCardに比べ、アメックスの加盟店は半分ほどです。ダイナースクラブも、国内では端末の互換性が全店舗でそろっているわけではありません。

その点、ディスカバーカードの場合は「相互開放」という文字がキモになります。JCBの加盟店でも、ディスカバーの加盟店でも「ほとんどで使えますよ」という意味です。

米国の730万店とう数字は、多いのか少ないのか一見して分かりません。利便性の感覚としては以下のようになります。

  • 米国本土の西海岸→ロサンゼルス、サンフランシスコなどをカバー
  • 米国本土の東海岸→ニューヨーク、ワシントン、フィラデルフィアなどをカバー
  • 内陸部→シカゴ、デトロイト、デンバーなどをカバー

米国の大都市、国際ハブ空港のある都市ではほぼディスカバーカードが使えます。日本人観光客が訪れる場所は、ほぼカバーできます。ちなみに、ハワイやグアムでは、JCBカードそのものがほとんどの店舗で利用できます。

JCBカードがApple Pay対応へ!

Apple Pay

Apple Payとは、対象のiPhone、Apple Watch、iPad、Macに、クレジットカードを設定することで、安心・安全・スピーディーに支払いができるサービスです。

対象となる端末(デバイス)は、下記の通りです。

製品 店舗 ネット
アプリ内 ウェブ上
iPhone iPhone X、iPhone 8iPhone 8 Plus
日本国内で販売されたiPhone 7iPhone 7 Plus
iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone SE  
Apple Watch Apple Watch Series 3、日本国内で販売されたApple Watch Series 2*  
Apple Watch Series 1とApple Watch(第1世代)    
iPad iPad Pro、iPad Air 2、iPad mini 4、iPad mini 3  
Mac 2012年以降に発売されたMacのモデル    

ポストペイ型(後払い式)の電子マネー・QUICPayの全国の加盟店で利用できます。全国のコンビニエンスストア、ファストフード、家電量販店など、加盟店のジャンルも幅広いです。

ApplePay加盟店一覧

 アプリケーションやオンラインでも、Apple Payがあればワンタッチでショッピングが可能です。カード番号や名前などの入力が一切不要なので、安全かつスピーディに支払いが出来ます。

※Apple Payを利用するにはiOS 10.1以降が必要です。

いざの時に便利な「支払い名人」

JCBカード支払い名人

JCBカードには「支払い名人」というサービスがあります。「支払い名人」は、登録すると、国内・海外問わず、ショッピング1回払いが自動的にショッピングリボ払いになる支払い方法です。

毎月自分で決めた金額を支払えるので、財布のコントロールが自由自在になるメリットがあります。

具体的にいいますと「支払い名人」の設定を毎月5万円にしたとします。少し使いすぎた月があって月に7万円をカード利用してしまった場合、差額の2万円が翌月の支払いに回されることになります。

もちろんリボ払いになりますので、繰り越した2万円に対しては手数料がかかります。金利は年利で15%になります。初回月の手数料は無料になります。

基本はリボ払いですので、おすすめは出来ません。

なお「支払い名人」に登録をしていると、店舗で「1回払いでお願いします」と言っても、自動的にショッピングリボ払いになります。「リボ払いで」とレジで言いにくい人には良いかもしれません。

JCBの「支払い名人」ってなに? JCBの「支払い名人」ってなに? JCBのクレジットカードには「支払い名人」という支払い方法があります。登録すると、リボルビング(リボ払い)になります。 リボ払いは金利手数料の負担があるので、通常はおすすめできない支払い方法ですが「支払い名人」の場合、メリットもあります。「支払い名人」のメリット・デメリットを見ていきます。 この記事を読む

J/Secure(ジェイセキュア)とは

セキュリティ-に関して、最近のクレジットカード各社が力を入れています。最近ではインターネットショッピングで、カード情報がもれるなど不正使用が起きています。クレジットカードには券面の表にカード番号と有効期限、裏面にセキュリティーコードが記載されてます。

ネットショッピングの通常決済では、これらの3情報を入力すると決済が完了します。つまり、本人でなくても3つの情報を知って入れば、第三者でも簡単に決済できます。海外のサイドでは実態のないネットショップのサイトを立ち上げ、クレジット情報を盗み取る事件も起きています。

JCB一般カードなどに付属する「J/Secure」(ジェイセキュア)は、ネットでの不正使用防止に向けて導入されました。ユーザー登録をしてパスワードを設定します。JCB会員の本人認証を行うシステムで、最後にこのパスワードを入力しないと決済ができません。

J/Secureを導入しているJCBカード発行会社

つまりカードを落としたとしても、ネットでモノを買う場合は、このパスワードが必須になりますので不正に使われることはありません。あやしそうなショッピングサイトがあれば「JCB J/Secure」のロゴマークがなければ避けた方が賢明です。「J/Secure」の加盟店は、急速に広がっています。

【J/Secureを導入しているJCBカード発行会社】

  • JCBグループ
  • アプラス
  • 小田急電鉄
  • クレディセゾン
  • ワイジェイカード
  • セディナ
  • 西日本旅客鉄道
  • ポケットカード
  • ライフカード
  • エヌシーガイドショップ
  • 宮崎信販
  • 九州日本信販
  • エースカード
  • ビューカード
  • 山陰信販
  • イオン銀行
  • オリエントコーポレーション
  • ジャックス
  • セブン・カードサービス
  • トヨタファイナンス
  • 日立キャピタル
  • 三菱UFJニコス
  • UCS
  • 楽天カード
  • 日専連
  • ほくせん
  • 楽天銀行
  • シティックスカード
  • ライフフィナンシャルサービス

「JCBでe安心」制度でネットショッピングも安心

「JCBでe安心」とは、インターネットショッピングでご利用になった覚えのない請求があった場合、状況調査のうえ適用条件に基づき、請求を取り消しするサービスです。

以下の3つが対象業種になります。
  • インターネットショッピング
  • 電話・プロバイダー料金
  • 電話・FAXによる通信販売

不正利用が認められた場合に被害額を補償してくれます。万が一見に覚えの無い請求があった場合には、カード会社へ連絡をしましょう。

JCB安心のセキュリティ

JCBはクレジットカードを安全に利用する為に、不正使用を未然に防ぐ為の取り組みも力を入れています。

【不正検知システム】

不正検知システムを用いてカード取引ごとに不正リスクのスコアリングを実施し、不審なカード取引がないかを早期に検知します。直近の不正使用の傾向と似ている場合には、カードの取引を保留する場合があります。

【カード利用状況確認のご連絡】

第三者による不正利用の可能性を検知した場合に、電話やメールにてカードの利用内容を確認する連絡が届きます。

海外旅行保険は利用付帯で最高2,000万円

「JCB CARD W」は、年会費が無料なのに最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯しています。国内旅行保険は付帯していませんが、海外限定で最高100万円のショッピング保険も付帯しています。

 

JCB CARD Wの詳細データ

カードの基本情報

申し込み資格 18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。
審査・発行 最短3営業日
年会費(本人) 初年度 無料
2年目以降 無料
年会費(家族カード) 初年度 無料
2年目以降 無料
限度額 ショッピング 個別に設定
キャッシング 個別に設定
ETCカード 無料
締日 / 支払日 15日締め10日払い/月末締め翌月26日払い
支払い方法 1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い
国際ブランド
  • JCB

追加できるカード

追加カード ETCカード
家族カード

電子マネー

  • QUICPay

ポイントプログラム

ポイント還元方法 キャッシュバック、商品と交換、他社ポイントへ移行、ANAマイルへ移行、ギフト券と交換等
ポイント付与率 1,000円=2ポイント
ポイント還元率 1.0%
ポイント有効期限 2年間

マイレージ

マイレージ移行先 JAL ANA デルタ航空
マイル付与率 500ポイント→1,500マイル (1,000円=1ポイント=3マイル換算)
マイル還元率 0.6%~0.9%(1マイルの価値を2円と想定))
マイレージ移行期間 -
マイレージ移行手数料 無料

付帯保険 

海外旅行保険
(利用付帯)
死亡・後遺傷害 最高2,000万円
傷害治療費用 最高100万円
疾病治療費用 最高100万円
救援者費用 最高100万円
賠償責任 最高2,000万円
携行品損害 1旅行中20万円限度(保険期間中100万円限度)
国内旅行保険 死亡・後遺傷害 -
入院費用 -
手術費用 -
通院費用 -
ショッピング保険 最高100万円/90日間(自己負担額:1事故につき10,000円)
その他 紛失・盗難補償

おすすめカードを比較

ジャンル別 最新コラム

楽天のコラム

楽天のSPUがついに8倍に!

楽天のSPUがついに8倍に!

アメックスのコラム

アメックスの凄まじいポテンシャルをあらためて検証してみた!

アメックスの凄まじいポテンシャルをあらためて検証してみた!

航空系のコラム

ANAの「旅割」と「特割」ってなに?どっちが安い?

ANAの「旅割」と「特割」ってなに?どっちが安い?

飲食系のコラム

楽びんで松屋の牛丼が宅配可能に

松屋の牛丼が宅配で届くようになりました

ポイントのコラム

JCB CARD Wのメリットとデメリット

JCBカードから新しく出た「JCB CARD W」ってどんなカード?

まとめのコラム

おすすめクレジットカードとは?

おすすめクレジットカードとは?