JCBビジネスプラスゴールド法人カード

満足ポイント 4.0

年会費無料
還元率~3.0%
ETC無料

最大7,000円分プレゼント!

  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

JCBビジネスプラスゴールド法人カードのおすすめポイント

【キャンペーンは2017年3月31日まで】

①入会でギフトカード3,000円分プレゼント!
②申し込みと同時にカード使用者追加でギフトカード1,000円分プレゼント(最大2,000円分)
③携帯電話、公共料金など1万円以上の支払いで最大2,000円分キャッシュバック

1.特徴と年会費。キャッシュバック機能

年会費は10,000円(税別)で、カード使用者の追加1名ごとに3,000円(税別)の年会費がかかります。カード発行の対象は、「法人または個人事業主」で、「ETCスルーカードN」は複数枚の発行が可能です。

このカードの最大の特徴は、「キャッシュバック機能」があります。カード利用金額に応じて、毎月最大3%のキャッシュバックが受けられます。(上限15,000円/月)ただし、キャッシュバック発生の条件があります。

「月間のカード利用額が5万円以下」なら、キャッシュバックは発生しません。

キャッシュバックの対象が以下しか認められません。

  • JR
  • 高速道路
  • ガソリンスタンド
  • タクシー
  • 航空券
  • レンタカー
  • 宿泊
  • 旅行代理店での利用

気になるキャッシュバック率 表1

月間カード利用額 キャッシュバック率
5万未満 0%
5万円以上~20万円未満 0.5%
20万円以上~40万円未満 1.0%
40万円以上~60万円未満 1.5%
60万円以上~80万円未満 2.0%
80万円以上~100万円未満 2.5%
100万円以上 3%

実際にどのくらいなのか!シュミレーションをしてみます。

【ステップ1】
例)カードの利用額と内容になります。(1月16日~2月15日締めのカード利用内容)

利用項目 金額
出張旅費 25万円
ガソリン代 5万円
電話代 10万円
飲食代 25万円
合計 65万円

【ステップ2】

月間のカード利用額は65万円ですので、表1の「キャッシュバック率 2.0%」に決定になります。

【ステップ3】

翌月のカード利用額のうちの、「JR」「高速道路」「ガソリンスタンド」タクシー」「航空券」「レンタカー」「宿泊」「旅行代理店での利用」の項目だけから、2.0%がキャッシュバックになります。
(2月16日~3月15日締めのカード利用内容)

利用項目 金額 対象になるか?
出張旅費 25万円 対象
ガソリン代 5万円 対象
電話代 15万円 非対象
飲食代 15万円 非対象
対象合計 30万円  

【ステップ4

翌々月にキャッシュバックが実施されます。30万円×2.0%=6,000円

よって、6,000円がキャッシュバックされます。
キャッシュバックの上限は15,000円になります。

キャッシュバックの細かい計算が面倒な人は、「JCB ゴールド法人カード」をおすすめ致します。「JCB法人カード」は何にカード利用をしても、ポイントが付きますが、
「JCBビジネスプラス法人カード」は、ポイントが付かないクレジットカードになります。

その代わりに、「キャッシュバック機能」が付いています。

2.「JCBビジネスプラスカード」との比較

「JCBビジネスプラスカード」との比較をしてみました。もし今の段階で迷っている人がいましたら、参考なればと思います。

  JCBビジネスプラス
法人カード
JCBビジネスプラス
ゴールド法人カード
 
JCBビジネスプラス法人カード
JCBビジネスプラスゴールド法人カード
 年会費  1,250円
(税別)
 10,000円
(税別)
 使用者
1名追加
 1,250円
(税別)
 3,000円
(税別)
 申し込み対象  法人または
個人事業主
 法人または
個人事業主
カード利用枠 公式サイト参照 公式サイト参照
 ETCカード  複数枚追加可能  複数枚追加可能
空港ラウンジサービス -
 海外旅行傷害保険 - 最高1億円
(利用付帯)
 国内旅行傷害保険 -  最高5,000万円
 乗継遅延費用保険金
(客室料・食事代)
- 2万円程度
 出航遅延費用等保険金
(食事代)
- 2万円程度
 寄託手荷物遅延費用保険金
(衣類購入費等)
 - 2万円程度
 寄託手荷物紛失費用保険金
(衣類購入費等)
- 4万円程度
ショッピングガード保険 最高100万円
(海外のみ)
最高500万円

3.JCBビジネスプラスゴールド法人カードのみにあるメリット

【空港ラウンジサービス】
国内主要空港+ハワイ・ホノルル空港のラウンジが無料で使えるようになります。

【手荷物無料宅配券(片道)サービス】
JCBトラベルデスク経由で「海外パッケージツアー」を申し込んで、「JCBビジネスプラスゴールド法人カード」で支払うと、手荷物無料宅配券片道分(空港から自宅)を1組につき1枚プレゼントしてくれます。
(対象空港:成田・羽田・中部国際・関西国際空港)

【国内宿泊オンライン予約】
JTBが厳選した約5,000施設のホテル、旅館の予約が出来ます。3日前から「限定バーゲン宿泊プラン」などインターネット限定プランもあります。

【ゴルフエントリーサービス】
全国の有名コースでのゴルフコンペの開催や、全国約1,200ヵ所のゴルフ場の予約をしてくれます。

【京爛漫】
京都の「食・ホテル・旅館・お土産」など、厳選された情報が満載のJCBオリジナルガイドブックで、「JCBビジネスプラスゴールド法人カード」があれば優待が受けられます。

【会員情報誌「THE GOLD」】
毎月届く会員限定のオリジナル情報誌です。

  • 写真を贅沢に使った「海外特集」
  • JCBプレミアムカード会員限定イベント情報
  • 演劇やコンサートのチケット情報

【人間ドックサービス】
JCBが提携している全国の提携医療機関を待料金で利用できます。

【ドクターダイレクト24(国内)】
24時間・年中無休で、健康や介護、育児などに関する事を無料で相談できます。

【健康チェックサービス】
痰(たん)などの検体を郵送するだけで、専門家のアドバイスや病院の紹介が受けられます。

【旅行傷害保険(国内/海外)】
出張・旅行の際に、海外最高1億円(利用付帯)、自動付帯の場合は5,000万円。国内最高5,000万円の旅行傷害保険が付きます。

【ショッピングガード保険(国内/海外)】
国内・海外を問わず、破損や盗難などの損害を購入日から90日間、年間500万円まで補償(自己負担額1事故3,000円)。

【国内・海外航空機遅延保険】
国内外の航空便利用時の出航遅延で生じた飲食費および乗継遅延等で生じた宿泊・飲食費や、預けた手荷物が遅延・紛失した際の衣類購入費等を補償してくれます。

4.JCB 法人カードの手厚いオリジナルサービス一覧

JCBビジネスプラス法人カードには、他にも、これほど多数のサービスが用意されています。

【会員専用WEBサービス】
「MyJCB」に登録をすると、カード利用代金明細の照会などがオンラインで見れ、PDFでダウンロードも出来ます。

【JCB E-Co明細(イーコメイサイ)サービス】
 利用した「ETCスルーカードN」の利用照会をWebで出来ます。

【ETCカードが複数枚発行できる】
1枚のJCB法人カードで、「ETC専用ICカード」を発行する事が出来ます。社長として、社員にクレジットカードは渡したくないけど、営業が仕事で高速に乗ることが多い場合など、ETCカードが複数枚発行できるのは便利といえます。

【チケットレス国内出張】
法人精算方式のチケットレスサービスで、PCから簡単に航空券の予約が出来ます。JALの場合は「JAL ONLINE」。ANAは「ANA@desk」になります。

【JR東海プラスEXサービス】
「JCBビジネスプラスゴールド法人カード」があると、東海道新幹線(東京~新大阪間)のネット予約&チケットレスサービス「プラスEX」が使えます。

【じゃらんコーポレートサービス】
じゃらんnetで提供している宿泊施設情報、宿泊プランの他、通常の宿泊プランよりもさらに安価な限定プランを提供してくれます。

【タスカリマックス】
オフィス用品を「特別価格」で購入できます。「JCBビジネスプラスゴールド法人カード」を持っていると「通常価格」よりさらに「常時5%OFF!」になります。

【アスクルサービス】
事務用品、OA・PC用品からドリンク、オフィス家具などの仕事場の必需品をFAXまたはインターネットで注文出来ます。

【ソリマチ】
JCB法人カードの利用明細データを「会計王シリーズ」または、「みんなの青色申告」の仕訳データとして簡単にデータの連携が可能になります。 事前に設定してと、入力作業の自動化も可能となり、面倒な仕訳作業が不要になります。日常の経理業務効率が格段に向上します。

【JCBタクシーチケット】
降車の際、名前や料金を記入するだけで利用できるJCBタクシーチケットです。JCB提携のタクシー会社で共通して使えます。

【JCBトラベル】
出張や社員旅行の手配から、ゴルフ付きツアーの相談・予約まで対応のJCB会員専用の旅行会社です。JCB会員の方だけの特別な優待プランやサービスがあります。

【Concur Expense】
Concur(コンカー)の経費精算システムExpenseは、領収書の整理、経費申請、支払い、会計処理などの作業を簡単にしてくれます。様々な作業を自動化でき、経費精算作業の効率を上げます。

【楽楽精算】
経費・交通費・旅費など、お金にかかわる全ての処理を一元管理できる経費精算システムです。クレジットカードとの連動により、入力時間の削減や精算漏れの予防などの促進につながります。

【福利厚生倶楽部】
 保養所・スポーツクラブの利用から、スキルアップのための資格取得や育児サポートなど、全国で福利厚生サービスを格安料金で提供しています。

【エッソ・モービル・ゼネラルコーポレートカード】
JCB法人カードに、給油専用エッソ・モービル・ゼネラルコーポレートカードを付加発券することができます。 全国のエッソ・モービル・ゼネラルのサービスステーションで店頭クレジット価格で簡単にガソリン購入できます。

5.法人カードは個人カードに比べて与信が高めに設定される

 JCBビジネスプラスゴールド法人カードは、その名の通りゴールドカードです。一般の法人カードよりも利用限度額が高く設定され、付帯保険のサービスなども充実しています。さすがにゴールドカードですね。

今度は法人の一般カードから、個人のゴールドカードと利用限度額を比較してみます。利用限度額は「与信」とも言われています。難しい言葉ですが、信用を与えるという意味で、個人・法人の信用力に応じて、利用限度額が設定されます。利用限度額が高ければ「与信」も高いということになります。

この与信が法人カードの場合、個人のカードよりも高く設定されるケースがほとんどです。カードの利用が事業用途のため、まとまった金額の利用を想定しているからです。

JCBの法人・個人のゴールドカードの各利用限度額 
JCBビジネスプラスゴールドカード 250万円
JCBゴールドカード 200万円

法人の代表、個人事業主ならJCB一般カードからJCBゴールドカードへのステップアップは、難しい面もあります。個人カードは会社員や公務員の方が安定があり、高い与信が設定されるからです。

しかし、JCBビジネスプラスゴールド法人カードなら、意外に早く到達できる可能性があります。それも、50万円も利用限度額が高いので、使い勝手もあります。だからこそ、法人の代表者や個人事業主にとって法人カードは、力強いパートナーになるのです。

魅力のあるJCBビジネスプラスゴールド法人カードですが、審査はどうなのでしょうか。法人のゴールド以上のステータスカードは、実績と収益が重要視されます。3年以上の営業実績、個人事業主としてのキャリアが目安です。黒字経営も必要な条件です。

とはいえ、個人のゴールドカードに比べれば、審査基準は柔軟です。個人のゴールドカードは審査に通らなかったが、JCBビジネスプラスゴールド法人カードが発行された、というケースも多くあります。

もちろん、事業が成功して収入が増えれば与信も高まり、個人のステータスカードも発行されます。それまでは、まずは法人カードでステップアップするのが賢明な選択といえます。

6.ゴールドカードへランクアップを決断するのは雇用者ができてから

 JCBビジネスプラス法人カードで、法人を設立してから、事業が安定してきました。代表者ではありますが、従業員は他にいません。取引先も増えており、1人社長として仕事を抱える限界が近づいていると実感しました。そこで、初めて従業員を雇用することに決めました。

このタイミングで、JCBビジネスプラスゴールド法人カードへランクアップを狙うのも手です。カードの利用可能枠が、一般の法人カードに比べて、最大で2.5倍に増えるからです。

もちろん、ゴールドカードとしてのさまざまなサービスも付帯します。より大きな仕事をするためにも、カードのランクアップも欠かせません。

利用可能額の違いは以下の通りです。

  • JCBビジネスプラスゴールド法人カード  50万~250万円
  • JCBビジネスプラス法人カード      30万~100万円                   

JCBビジネスプラスゴールド法人カードは、年会費が10,000円(税別)で、使用者が1名につき3,000円(税別)です。JCBビジネス法人カードの年会費は1,250円(税別)で、使用者が1名につき1,250円(税別)なので、維持費に大きな差があります。

事業が安定していないのに、ゴールドカードを作って資金繰りが悪化するなら、それこそ本末転倒になります。

個人カードと同じく、法人カードも事業とともに育てていく、というスタンスも大事ではないでしょうか。事業の拡大にともない、クレジットカードもグレードアップしていくのは、素晴らしいことですね。

7.J/Secure(ジェイセキュア)とは

セキュリティ-に関して、最近のクレジットカード各社が力を入れています。最近ではインターネットショッピングで、カード情報がもれるなど不正使用が起きています。クレジットカードには券面の表にカード番号と有効期限、裏面にセキュリティーコードが記載されてます。

ネットショッピングの通常決済では、これらの3情報を入力すると決済が完了します。つまり、本人でなくても3つの情報を知って入れば、第三者でも簡単に決済できます。海外のサイドでは実態のないネットショップのサイトを立ち上げ、クレジット情報を盗み取る事件も起きています。

JCB一般カードなどに付属する「J/Secure」(ジェイセキュア)は、ネットでの不正使用防止に向けて導入されました。ユーザー登録をしてパスワードを設定します。JCB会員の本人認証を行うシステムで、最後にこのパスワードを入力しないと決済ができません。

J/Secureを導入しているJCBカード発行会社

つまりカードを落としたとしても、ネットでモノを買う場合は、このパスワードが必須になりますので不正に使われることはありません。あやしそうなショッピングサイトがあれば「JCB J/Secure」のロゴマークがなければ避けた方が賢明です。「J/Secure」の加盟店は、急速に広がっています。

【J/Secureを導入しているJCBカード発行会社】

  • JCBグループ
  • アプラス
  • 小田急電鉄
  • クレディセゾン
  • ワイジェイカード
  • セディナ
  • 西日本旅客鉄道
  • ポケットカード
  • ライフカード
  • エヌシーガイドショップ
  • 宮崎信販
  • 九州日本信販
  • エースカード
  • ビューカード
  • 山陰信販
  • イオン銀行
  • オリエントコーポレーション
  • ジャックス
  • セブン・カードサービス
  • トヨタファイナンス
  • 日立キャピタル
  • 三菱UFJニコス
  • UCS
  • 楽天カード
  • 日専連
  • ほくせん
  • 楽天銀行
  • シティックスカード
  • ライフフィナンシャルサービス

8.「JCBでe安心」制度でネットショッピングも安心

「JCBでe安心」とは、インターネットショッピングでご利用になった覚えのない請求があった場合、状況調査のうえ適用条件に基づき、請求を取り消しするサービスです。

以下の3つが対象業種になります。

  • インターネットショッピング
  • 電話・プロバイダー料金
  • 電話・FAXによる通信販売

不正利用が認められた場合に被害額を補償してくれます。万が一見に覚えの無い請求があった場合には、カード会社へ連絡をしましょう。

JCB安心のセキュリティ

JCBはクレジットカードを安全に利用する為に、不正使用を未然に防ぐ為の取り組みも力を入れています。

【不正検知システム】

不正検知システムを用いてカード取引ごとに不正リスクのスコアリングを実施し、不審なカード取引がないかを早期に検知します。直近の不正使用の傾向と似ている場合には、カードの取引を保留する場合があります。

【カード利用状況確認のご連絡】

第三者による不正利用の可能性を検知した場合に、電話やメールにてカードの利用内容を確認する連絡が届きます。

JCBビジネスプラスゴールド法人カードの詳細データ

カードの基本情報

申し込み資格 法人または個人事業主(カード使用者は18歳以上の方が対象)
審査・発行 通常約2週間
年会費(本人) 初年度 10,000円(税別)
※一部初年度無料
2年目以降 10,000円(税別)
年会費(追加カード) 初年度 3,000円(税別)
※一部初年度無料
2年目以降 3,000円(税別)
限度額 ショッピング 公式サイト参照
キャッシング 公式サイト参照
ETCカード 無料
締日 / 支払日 公式サイト参照
支払い方法 公式サイト参照
国際ブランド
  • JCB

追加できるカード

追加カード ETCカード

電子マネー

  •  

ポイントプログラム

ポイント還元方法 キャッシュバック
対象:ガソリン・JR券・高速料金・宿泊料金・航空券・タクシー・レンタカー・旅費の利用合計
キャッシュバック対象金額上限…50万円
キャッシュバック上限…15,000円
ポイント付与率 月額のクレジットカード利用額でキャッシュバック率が決定
ポイント還元率 月間クレジットカード利用額、月間ガソリン代・高速代利用額により変動
ポイント有効期限 一定期間後に自動キャッシュバック

マイレージ

マイレージ移行先 -
マイル付与率 -
マイル還元率 -
マイレージ移行期間 -
マイレージ移行手数料 -

付帯保険 

海外旅行保険
(自動付帯)
死亡・後遺傷害 最高5,000万円
傷害治療費用 最高300万円
疾病治療費用 最高300万円
救援者費用 最高400万円
賠償責任 最高1億円
携行品損害 最高50万円(免責3,000円)
海外旅行保険
(利用付帯)
死亡・後遺傷害 最高1億円
傷害治療費用 最高300万円
疾病治療費用 最高300万円
救援者費用 最高400万円
賠償責任 最高1億円
携行品損害 最高50万円(免責3,000円)
国内旅行保険
(自動付帯)
死亡・後遺傷害 最高5,000万円
入院費用 5,000円/1日
手術費用 最高20万円
通院費用 2,000円/1日
航空便遅延費用 乗継遅延費用 2万円限度
出航遅延・欠航搭乗不能費用 2万円限度
手荷物遅延費用 2万円限度
手荷物紛失費用 4万円限度
ショッピング保険 最高500万円/90日間(国内・海外)
その他 盗難・紛失補償

おすすめ比較特集