dカード

満足ポイント 4.5

年会費無料
還元率1.0%~10%
ETC無料

最大7,000円分iDキャッシュバック

  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

dカードのおすすめポイント

1.特徴と年会費

「dカード」は、「DCMX」の後継版のカードになります。2015年11月に「DCMX」が廃止され、現在は「dカード」になりました。

「DCMX」と「dカード」の大きな違いは、

  • 昔は別に持つ必要があった「dポイントカード」が一体化された
  • ドコモ契約者以外でもOK(ポイントも付きます)
  • ローソンなどの「dポイント加盟店」では、追加ポイントがつくようになった。
  • 100円の利用につき1ポイントになった。(以前は1,000円で10ポイント)

など、「dカード」は以前よりかなり進化されたクレジットカードになりました。たまったポイントはローソンなどの加盟店で使えたりマイルに交換なども可能で、しかも、順次拡大中なので今からもっと便利になるのは間違いありません。

今回「dカード」で出来る事を、1つずつ分かりやすく簡単に解説していきます。まず、カード概要ですが、国際ブランドは「VISA」「Master」の2種類から選べます。


初年度年会費無料で、2年目以降は1年間で1回もカード利用が無かった場合に1,250円(税別)がかかります。家族カードは同条件で400円(税別)がかかります。

ETCカードも上記と同じシステムで、初年度無料で1年間でカード利用が無かったら、500円(税別)がかかって来ます。すべてに共通しますが、普通にカード利用をしていれば年会費は無料になるクレジットカードとお考え下さい。

「dカード」は、今後も提携サービスや特約店が大幅に増えるのが確定していますので、
今後は国内で「最強ポイントカード」の一角になって来るのは間違いありません。

2.基本の還元率は1.0%

ポイントシステムは「dポイント」になります。「100円で1ポイント」なので還元率は1%になります。以前は1,000円で10ポイントでしたので、1,000円未満は切り捨てられていました。この進化はうれしいものがあります。

現在のポイント社会で、自分はこの「100円で1ポイント」がシンプルで分かりやすいと思います。

3.ローソンで使うといつでも5%OFF

まず、ローソンで購入時に「dカード」で商品を購入します。これで基本還元率の1%が付きます。

そして「ローソン」で利用した場合は、クレジット請求時に3%OFFというシステムですので、この段階で合計5%OFFになります。

内訳として、dカード決済で3%OFF+dカード決済で1%還元+dカード提示で1%還元=5%おトクという計算になります。
ローソンに確認済み情報になります。

毎回、ローソンで5%OFFは大きいと思います。ぜひお試しください。

マクドナルドでも3%OFFになりますが、これは2016年9月30日までの、期限付きキャンペーンになります。

4.dカードのステージ別のポイント詳細

dカードには、この他にも見逃せない特典があります。dカードが発行された時点で、自動的に「ブロンズステージ」にランクアップします。もちろん、家族カードも対象です。

dカード会員で「利用携帯電話番号」として、ドコモ携帯の番号で、dポイントクラブのステージ優待があります。他社携帯でもOKで、その場合は登録された「dアカウント」が必要になります。

【dポイントクラブの各ステージ詳細】

ステージ 条件 ポイント付与
レギュラー dポイント獲得数600ポイント未満 10ポイント
ブロンズ dポイント獲得数600ポイント以上
ドコモ継続利用期間10年以上
dカード契約者
10ポイント
シルバー dポイント獲得数3,000ポイント以上
ドコモ継続利用期間15年以上
10ポイント
ゴールド dポイント獲得数10,000ポイント以上
dカード GOLD契約
100ポイント

各ステージによっては、食事やショッピングなどでお得な割引や優待価格になります。「dポイントクラブクーポン」は、レギュラーステージ~ゴールドステージまでの全ステージが対象です

5.「dカード」特約店ならポイント2倍に!

特約店で「dカード」を利用すると、通常1%の「dポイント」に加え、さらに1%以上の特約店ポイントが加算されます。

【現在の「dカード」特約店一覧】

ジャンル 特約店 ポイント 合計還元率
飲食 スタバ 100円で3ポイント 4%
十徳や 100円で3ポイント 4%
とんかつ浜勝 100円で2ポイント 3%
伊達の牛たん本舗 100円で2ポイント 3%
ネット通販 ショップジャパン 100円で1ポイント 2%
リンベル 100円で4ポイント 5%
百貨店 伊勢丹 100円で1ポイント 2%
三越 100円で1ポイント 2%
ファッション 洋服の青山 100円で1ポイント 2%
スーツカンパニー 100円で1ポイント 2%
ジーンズメイト 100円で1ポイント 2%
紳士服のコナカ 100円で2ポイント 3%
紳士服のフタタ 100円で2ポイント 3%
本・DVD 日経ヴェリタス 100円で2ポイント 3%
日経ビジネス 100円で4ポイント 5%
日経ビジネスアソシエ 100円で2ポイント 3%
日経WOMAN 100円で2ポイント 3%
プレジデント社 100円で2ポイント 3%
紀伊國屋書店 100円で1ポイント 2%
タワーレコード
(携帯サイト)
100円で3ポイント 4%
タワーレコード
(店舗)
100円で1ポイント 2%
旅行 JTB 100円で2ポイント 3%
クラブメット 100円で3ポイント

4%

JAL 100円で1ポイント 2%
JALパック 100円で1ポイント 2%
東急ホテルズ 100円で2ポイント 3%
カーライフ ENEOS 100円で1ポイント 2%
オリックスレンタカー 100円で3ポイント 4%
レジャー ビッグエコー 100円で2ポイント 3%
引越し サカイ引越しセンター 100円で3ポイント 4%
電力 中部電力 100円で1ポイント 2%
タクシー さわやか無線 100円で1ポイント 2%
千歳昭和交通 100円で1ポイント 2%
保険 イーデザイン損保  最大2,000ポイント -

6.「dカード ポイントUPモール」でポイント10.5倍もゴロゴロしている

「dカード ポイントUPモール」とは?

「dカード ポイントUPモール」を経由してアクセスするだけで、いつものネットショップが、ポイント1.5~10.5倍もらえるようになります。

「dカード」「dカードGOLD」を持っているなら、特に手続きなどは不要で、経由してショッピングをするだけでポイントが跳ね上がります。

参加しているショップは、「Amazon」「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」をはじめ、買い物に困る事のないくらいの数の店舗があります。

その中でも、さらにポイントUPキャンペーンをしているところは、「ポイントUP中のショップ」という所から一覧で見ることが出来ます。高ポイントを探す時に、便利です。ポイントUP中は、2.0倍→3.5倍など、おいしいのがいっぱいあります。

 

【主な参加ショップ】(一部抜粋)

ジャンル ショップ名 ポイントUP
総合通販 楽天 1.5倍
Amazon 1.5倍
Yahoo 1.5倍
百貨店 高島屋 2.5倍
大丸 2.5倍
三越 2.0倍
伊勢丹 2.0倍
 ファッション ユニクロ 1.5倍
セシール 2.0倍
ニッセン 2.0倍
マルイ 2.0倍
暮らしと生活 アイリスプラザ 2.5倍
ル・クルーゼ 3.5倍
 美容・健康 オルビス 2.5倍
サントリー 6.0倍
DHC 1.5倍
 グルメ・ギフト 楽天ネットスーパー 1.5倍
AEON de WINE 2.5倍
テレビ東京 虎ノ門市場 6.0倍
うまいもんドットコム 3.5倍
 趣味・ゲーム つるやゴルフ 2.5倍
トイザらス 2.0倍
イーカプコン 2.0倍
 旅行・チケット エクスペディア 3.5倍
格安航空券のイーツアー 2.0倍
JTB 3.5倍
近畿日本ツーリスト 2.0倍
るるぶトラベル 2.0倍
 本・DVD 楽天ブックス 2.0倍
フルイチオンライン 2.0倍
 クーポン くまポンbyGMO 3.0倍
ポンパレ 1.5倍

7.「iD」と「dカード」がApply Payへ対応に!

2016年10月から、さらに新しいシステムを導入しました。 ポストペイ型(後払い式)の電子マネー「iD」と「dカード」が、Apple Payに対応するようになりました。 対応端末は「iPhoe7」「iPhoe7 Plus」「Apple Watch Series2」になります。

「iD」はコンビニエンスストアやドラックストア、ファストフード店など全国64万4,000店(2016年6月現在)の国大最大級の加盟店があります。 このネットワーク網を通じて、より快適でスムーズな決済をApple Payがサポートします。

dカードの国際ブランドでMasterCardを選択した場合、アプリケーションやオンラインショッピングにApple Payを利用できます。

Touch IDに指を触れるだけで、簡単に支払いが完了する便利さが特徴です。 配送先、連絡先、クレジットカード番号を、その都度入力する必要がありません。「iD」利用分に関しては、ポイント加算の対象になります。

【アプリやオンラインショップでのApple Pay対応機種】

  • iPhone6以降の機種
  • iPad Pro、iPad Air2、iPad mini3以降の機種
  • 2012年以降のmacOS SierraがインストールされたMacでSafariでの支払い(支払いの承認にはiPhone6以降の機種、Apple Watchが必要)

8.お得度の真価を発揮するブロンズステージとは

「dカード」を保有することで、ブロンズステージの資格があります。「スペシャルクーポン」は、ブロンズステージから利用が可能になります。dカードで真価を発揮するお得度は、このブロンズステージ以上になります。全国1,500店舗以上の映画館、レジャー施設、スポーツクラブ、ホテルレストランが、優待価格で利用できます。

【スペシャルクーポンで優待価格に主な施設】

  • イオンシネマ映画鑑賞券が通常1,800円→1,300円
  • TOHOシネマズ、シネプレックス、ユナイテッド・シネマ→映画鑑賞券500円OFF
  • 東武動物公園のパスポートが通常4,800円→2,880円
  • 東京ジョイポリスのパスポート券4,300円→2,900円
  • 名古屋港水族館の入館料2,000円→1,600円
  • 帝国ホテル東京パークサイドダイナー5,400円~7,000円相当→4,800円

ここに挙げたのは、ほんの一例にすぎません。魅力あふれる割引や優待価格は「dポイントクラブ」の会員サイトから見ることができます。行楽地などでのお出かけ前に、要チェックです。

9.保険は「お買い物あんしん保険」と「dカードケータイ補償」

「dカードGOLD」には、国内・海外の傷害保険がついていますが、「dカード」には「お買い物あんしん保険」と「dカードケータイ補償」の2つしか付いていません。

「お買い物あんしん保険」は、「dカード」で購入した商品が購入日から90日以内に、盗難・破損をした場合に補償する内容になります。年間100万円まで。

「dカードケータイ補償」は、
「dカード」で利用している携帯が、購入から1年以内に「紛失・盗難・水濡れ」になった場合に、新たに同一機種・同一カラーをドコモショップで購入する場合に、最大10,000円までサポートするサービスになります。

dカードの詳細データ

カードの基本情報

申し込み資格 1.個人名義人であること(法人は不可)
2.満18歳以上であること(但し、高校生は除く)
3.iモードまたはspモードが利用できる携帯電話電話番号を届出ること
4.本人名義の口座を支払口座として設定すること
審査・発行 1~2週間
年会費(本人) 初年度 無料
2年目以降 1,250(税別)
※年に1度の利用で無料
年会費(家族カード) 初年度 無料
2年目以降 400円(税別)
※年に1度の利用で無料
限度額 ショッピング 限度額 個別に設定
キャッシング 限度額 個別に設定
ETCカード 初年度無料
2年目以降500(税別)※年に1度の利用で無料
締日 / 支払日 毎月15日締め/翌月10日払い
支払い方法 1回払い/2回払い/分割払い/リボ払い/ボーナス一括払い
国際ブランド
  • VISA
  • Master Card

追加できるカード

追加カード ETCカード
家族カード

電子マネー

  • iD

ポイントプログラム

ポイント還元方法 ドコモ商品の購入、dポイント加盟店でのお買い物、iDキャッシュバック、dマーケットでのお買い物、月々の携帯電話ご利用料金等
ポイント付与率 100円=1ポイント
dポイント加盟店・dカード特約店でのお買い物はポイント上乗せ
ポイント還元率 1.0%
ポイント有効期限 2年間

マイレージ

マイレージ移行先 JAL
マイル付与率 5000ポイント=2.500マイル(1,000円=10ポイント=5マイル)
マイル還元率 1%
マイレージ移行期間 -
マイレージ移行手数料 無料

付帯保険 

海外旅行保険 死亡・後遺傷害 -
傷害治療費用 -
疾病治療費用 -
救援者費用 -
賠償責任 -
携行品損害 -
国内旅行保険 死亡・後遺傷害 -
入院費用 -
手術費用 -
通院費用 -
ショッピング保険 -
その他 ・お買い物あんしん保険…年間100万円まで
・dカードケータイ補償サービス…最大1万円補償

おすすめ比較特集