ANA VISA Suicaカード

満足ポイント 4.3

年会費初年度無料
還元率0.5%
ETC無料

今なら最大22,000マイル相当がもらえる!!

  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ANA VISA Suicaカードのおすすめポイント

【現在キャンペーン中】

特徴と年会費

「ANA VISA Suicaカード」は、三井住友カード株式会社とANAが提携したクレジットカードで、基本機能やマイルの貯まり方は「ANA VISA 一般カード」と同じになります。違うところは「ANA VISA Suicaカード」にはSuica機能が付いているので「空・電車・ショッピング」が出来ます。それにより、Suicaチャージでもポイントが貯まります。貯まったポイントは「マイル」や「Suica」に交換が可能です。

「マイ・ペイすリボ登録時」の年会費が「ANA VISA Suicaカード」の方が少しだけ安くなります。あと、デメリットとして家族カードが無いのと、国際ブランドはVISAしか選択肢がありません。

全体的にみて、家族カードが要らないのであれば「ANA VISA Suicaカード」の方がつぶしがきくカードになります。しかもVISAなら困ることはありません。

【ANA VISA Suicaカードの年会費】

カード名 初年度 2年目以降
ANA VISA Suicaカード 無料 2,000円(税別)

「Web明細サービス」にすると年会費が安くなる

三井住友カード Web明細サービス

毎月の請求書を「紙」ではなく、Web明細に変えるだけで年会費が安くなります。

「ANA VISA Suicaカード」の場合、2,000円(税別)→1,500円(税別)になります。500円だけ?と思いますが1年間だと6,000円です。登録するだけであとは何もしないので、それで6,000円はありがたいです。

それにWebの場合は請求書の内訳を見たいときに見れます。紙面の場合は捨ててしまうと終わりなので便利です。

「マイ・ペイすリボ」でさらに年会費が安くなる

「マイ・ペイすリボ」に登録をして、年1回のカード利用があれば1,250円(税別)の割引がありますので、2年目以降の年会費は750円(税別)になります。

割引の条件 年会費の割引
「カード利用代金Web明細サービス」利用 500円(税別)の割引
「マイ・ペイすリボ」への登録+利用 1,250円(税別)の割引
割引率の大きい方が優先される

「Web明細サービス」と「マイ・ペイすリボ」の重複割引は出来ません。割引率が高い方が優先されますので「マイ・ペイすリボ」の方がうまみがあります。よって、2年目以降の年会費は750円(税別)になります。

「マイ・ペイすリボ」は名前の通り「リボ払い」ですが、支払い設定を上限にしておけば一括払いと同じになります。よってリボ払いにはなりません。

もうお気づきの人もいるかと思いますが、「ANA VISA Suicaカード」は継続マイルボーナスが毎年1,000マイルもらえます。という事は、1マイル=2円換算すると、実質の年会費は無料どころか、お釣りが来る事になります。

入会マイルと継続マイルでそれぞれ1,000マイルのボーナス

「ANA VISA Suicaカード」は入会時に「入会マイル」として1,000マイル。継続すると「毎年継続マイル」として1,000マイルもらえます。この辺りは「ANA JCB 一般カード」と同じ仕様です。

項目 ボーナスマイル
入会マイル 1,000マイル
毎年継続マイル 1,000マイル

フライトマイルは「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%」

飛行機に乗ると、フライトマイルとして「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%」がもらえます。

フライトマイルは、ANA公式サイトからの予約で自動的に加算されます。もしくは空港のチェックインカウンターでANAカードを提示する事でもらえます。帰りの分のマイルも行きの手続きの際に完了しております。
格安ツアーなどで取得したEチケットでももちろんフライトマイルはもらえます。

オートチャージでもマイルが貯まる

オートチャージでもマイルが貯まるANAカード

「ANA VISA Suicaカード」はオートチャージに対応していますので、手持ちの「Suicaカード」をリンク設定すればオートチャージが出来るようになります。

オートチャージされた金額によって、1,000円=1ポイントでワールドプレゼントのポイントが貯まります。また、定期券の購入でもポイントは貯まります。直接マイルが貯まるわけではありませんが、ポイントをマイルに移行する事で貯まる事になります。

もちろん乗車券だけではなく、電子マネーとして使うことも出来ます。

マイル移行は「5マイルコース」「10マイルコース」からの選択

「ANA VISA Suicaカード」は、マイル移行の名称を「自動移行方式」と「応募方式」という名称で分けております。漢字で書くと分かりにくいのですが、要は「自動」か「手動」ということです。

「自動移行方式」:毎月自動でマイルに移行します。
「応募方式」:手動で自分の好きな時にマイルに移行します。

「10マイルコース」に比べて「5マイルコース」は移行でマイルが半分になります。マイルを貯めたい人は、マイル移行手数料が年間6,000円(税別)かかりますが、「10マイルコース」をおすすめいたします。

三井住友カードのポイント有効期限は2年間になります。自動方式の場合、毎月自動でマイルに移行されます。マイルの有効期限は3年間ですので最長5年になりますが、毎月ダラダラ貯まりますので特典航空券に一気に換えたい人には向いていません。

年間6,000円(税別)がかかりますが「応募方式 10マイル」が1番おすすめになります。

コース名称 移行レート 移行手数料
自動移行方式 5マイル 1ポイント=5マイル 無料
自動移行方式 10マイル 1ポイント=10マイル 6,000円(年間/税別)
応募方式 5マイル 1ポイント=5マイル 無料
応募方式 10マイル 1ポイント=10マイル 6,000円(年間/税別)

ワールドプレゼントで、獲得したボーナスポイントは、1,000円=3マイルになります。

マイルからスカイコインへ交換が出来る

ANAマイル スカイコインに損?

貯まったマイルは「スカイコイン」に交換が出来ます。「1マイル=1スカイコイン=1円」で交換が出来ます。

スカイコインは、航空券や旅行商品に使える電子クーポンで簡単にいうと現金と同じです。マイルを特典航空券に交換するのも1つの方法ですが、マイルをスカイコインに換えて、そのスカイコインで航空券を買うことも出来ます。

なんでそんな回りくどい事をするの?と思いがちですが、大量に交換する場合はボーナスとして交換率が上がります。

対象カード 交換マイル数 交換後のコイン数
ANAカード
(一般・ワイド)
1~9,999マイル 1~9,999マイル(1倍)
10,000マイル 12,000(1.2倍)
20,000マイル 2,6000(1.3倍)
30,000マイル 42,000(1.4倍)
40,000マイル 60,000(1.5倍)
50,000マイル~
200,000マイル
75,000(1.5倍)~
300,000(1.5倍)

スカイコインの良い所は、現金と同じ扱いになる点です。例えば「がんばってマイルを貯めた~。さあ特典航空券で旅行に行こう」とANA公式サイトで席を取ろうとしたら、空席が無い事に気づきます。特典航空券用の席は最初から限りがあります。仮に行きが取れても帰りが取れないとか・・ほんと使い物になりません。

この点、スカイコインは現金扱いなので座席数に制限がありません。しかもフライトマイルももらえます。特典航空券はフライトマイルはありません。

「マイ・ペイすリボ」に登録でワールドプレゼントが2倍に!

「マイ・ペイすリボ」に登録をしてリボの金利を1円でも払うと、ワールドプレゼントが通常の2倍になります。

ただ、これは「リボ払いの金利が発生して初めて2倍」になりますので金利をうまく考えながら設定をする必要があります。ギリギリで設定をせずに100円くらいハミ出るくらいで金利を発生させるのをおすすめします。

ANAカードマイルプラス

ANAカードマイルプラス提携店でカード利用をすると、クレジットカード会社のポイントとは別に、100円(税込)につき1マイルまたは200円(税込)につき1マイルが加算されるシステムです。

という事なので、どうせ使うのならうまく利用してポイントを余分にもらいたいものです。多くて全部は書けないですが、よく使いそうなところを1部抜粋しました。

【ANAカードマイルプラス提携店】

ジャンル 店舗名 加算されるマイル
コンビニスーパードラッグストア セブンイレブン 200円(税込)=1マイル
イトーヨーカドー 200円(税込)=1マイル
マツモトキヨシ 100円または200円=1マイル~
飲食 スタバ 100円または200円=1マイル
ホテル 法華クラブグループ 200円(税込)=1マイル
東急ホテル 200円(税込)=1マイル
ルートインホテル 200円(税込)=1マイル
ホテルリブマックス 200円(税込)=1~2マイル

ANAカードファミリーマイル

家族がバラバラでANAカードを持っていても、マイルを合算して使いたい場合は、「ANAカードファミリーマイル」に登録する必要があります(登録無料)。登録することで以下のサービスを合算して受ける事が出来ます。

  • ANA国内線航空券
  • ANA国際線航空券
  • ANA国際線アップグレード特典
  • 提携航空会社特典航空券
  • ANA SKY コイン

すでにお持ちの家族のマイルを合算して特典に交換できる「ANAカードファミリーマイル」(無料)。家族ひとりのマイルでは特典交換できなくても家族みんなのマイルを合わせれば、あっという間に特典航空券などを手に入れられます。

ビジネスきっぷ

「ビジネスきっぷ」は、同一路線を2回(往復利用、同一方向2回のいずれもOK)搭乗される場合に利用できる運賃になります。普通に往復する時に必要な条件です。

  • 搭乗日当日まで予約・変更可能
  • 片道2回でも往復でも使える
  • マイルが100%貯まる
  • 国内線全路線で利用OK
  ビジネスきっぷ 割引率
東京(羽田)→大阪(伊丹・関西・神戸) 15,950円 最大43%
大阪(伊丹・関西・神戸)→札幌(千歳) 40,950円 最大43%

※2015年9月1日~10月24日ご搭乗分

  • 航空券のスムーズ予約
  • 国内線・国際線の機内販売が10%割引
  • 空港内店舗「ANA FESTA」で10%割引
  • 成田空港でのパーキング割引
  • 「ANAショッピング A-style」で10%割引
  • ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANAワンダーアースで5%割引
  • ANAビジネスソリューション公開講座の受講料が15%割引
  • IHG・ANA・ホテルズグループジャパン宿泊割引サービス
  • 国内)ニッポンレンタカー、トヨタレンタカー、オリックスレンタカーが5%割引
  • 海外)ハーツレンタカーを5~20%割引
  • 各種チケット優待販売、イベントのご案内
  • カラオケ「シダックス」の法人・団体会員サービスを適用

「マイ友プログラム」でマイルをもらおう

既に自分がANAマイレージ会員で、自分が紹介をした人が「ANAカード」を作るとマイルがプレゼントされます。紹介した相手にだけでなく、自分にもマイルがもらえるのは嬉しい限りです。

「マイ友プログラム」の対象カードは下記になります。紹介は友人など、リアルだけでなく、赤の他人などネット経由でももらえます。

入会カード 紹介者 入会者
ANAプリペイドカード 100マイル 100マイル
ANAマイレージクラブ
Financial Pass Visa デビットカード
ANAカード 一般、ワイド 500マイル 500マイル
ゴールド 2,000マイル 2,000マイル
プレミアム 5,500マイル 5,500マイル

家族カード、スーパーフライヤーズカード、ANAカード<法人用>は対象外になります。

ANA VISA Suicaカードの詳細データ

カードの基本情報

申し込み資格 満18歳以上で電話連絡がとれる方
審査・発行 2~3週間
年会費(本人) 初年度 無料
2年目以降 2,000円(税別)
年会費割引
1.カードご利用代金WEB明細書サービスの利用し、年6回以上の請求で年会費1,500円(税別)
2.マイペイす・リボ登録し、年に1回以上クレジットカード利用した時 年会費750円(税別)
年会費(家族カード) 初年度
2年目以降
限度額 ショッピング 限度額 個別に設定
キャッシング 限度額 個別に設定
ETCカード 500円(税別)(初年度年会費無料)
年会費割引
年間1回以上のETCカード利用で翌年度年会費無料
締日 / 支払日 15日締め / 翌月10日払い
支払い方法 1回払い/2回払い/ボーナス払い/リボ払い/分割払い
国際ブランド
  • VISA

追加できるカード

追加カード ETCカード
銀聯

電子マネー

  • Suica
  • iD
  • PiTaPa

ポイントプログラム

ポイント還元方法 他社ポイントへ移行(楽天スーパーポイント、Tポイント等)、ANAマイル、Suicaに移行、キャッシュバック、VJAギフトカード等
ポイント付与率 1,000円=1ポイント
ポイント還元率 0.5%~0.65%(iDバリュー交換時)
ポイント有効期限 最長2年間

マイレージ

マイレージ移行先 ANA 
マイル付与率 5マイルコース・・・1P→5マイル (1,000円=1P=5マイル)
10マイルコース・・・1P→10マイル (1,000円=1P=10マイル)
マイル還元率 5マイルコース・・1%~1.18%(1マイルの価値を2円と想定)
10マイルコース・・2%~2.18%(1マイルの価値を2円と想定)
マイレージ移行期間 -
マイレージ移行手数料 5マイルコース・・無料
10マイルコース・・6,300円

付帯保険

海外旅行保険
(自動付帯)
死亡・後遺傷害 最高1,000万円
傷害治療費用 -
疾病治療費用 -
救援者費用 最高100万円
賠償責任 -
携行品損害 -
国内旅行保険 死亡・後遺傷害 -
入院費用 -
手術費用 -
通院費用 -
国内航空保険
(自動付帯)
死亡・後遺傷害 最高1,000万円
ショッピング保険 最高100万円/90日間(自己負担額3,000円 海外での利用・リボ払い・分割払いが対象)
その他 紛失・盗難補償(紛失・盗難による不正使用を補償)

おすすめ比較特集