ANA VISAプラチナプレミアムカード

満足ポイント 4.0

年会費80,000円(税別)
還元率0.5%~3.0%
ETC無料

最大62,000マイル相当がもらえる!!

  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ANA VISAプラチナプレミアムカードのおすすめポイント

【キャンペーンは2017年4月30日まで】

1.ANA VISAプラチナ プレミアムカードのまとめ

「ANA VISAカード」の中で最上級のカードになります。

年会費が80,000円(税別)ですが、

  • 毎年継続マイル(2万円)
  • プライオリティパス(プレステージ会員)(約4万円分)

がありますので、実質の年会費は2万円といえます。さらに「プラチナグルメクーポン」を利用した場合、高級レストランが1名分無料になります。

これだけで年会費は相殺できる上に、フライトマイルが「区間基本マイレージ×50%」ですので少しでも飛行機に乗る人だと、「東京⇔沖縄」の無料の特典航空券がすぐに手に入ります。

飛行機に乗らないでも、「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」を持つ人は陸ショッピングも普通の人より多いと思いますので、無料の特典航空券などカード入手後、数カ月でゲットできます。

海外に良く行く場合、マイルの貯まり方はすごい勢いで貯まるクレジットカードと言えます。

カードフェイスも高級感のある、ブラック貴重でステータス感がかなりあります。

2.ANA VISAプラチナ プレミアムカードの年会費は80,000円

ANA VISA系で最上級のクレジットカードで年会費は80,000円(税別)で、これまでのANAカードとは年会費が別世界のクレジットカードになります。

そこで他社発行のクレジットカードも含めて、ANA系プラチナカードの年会費を比較してみました。

【ANA プラチナ系カードの年会費比較】

クレジットカード名年会費
ANA JCBカード プレミアム75,600円(税込)
ANA VISAプラチナ プレミアムカード86,400円(税込)
ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード162,000円(税込)
ANAダイナース プレミアムカード167,400円(税込)

3.入会マイルと毎年継続マイルでそれぞれ10,000マイルもらえる

「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」は入会時に「入会マイル」として10,000マイル。毎年継続すると「毎年継続マイル」として10,000マイルもらえます。破格のボーナスマイルと言えます。

ちなみにですが、ローシーズンですと、「東京」→「沖縄」に必要な無料の特典航空券が14,000マイルになります。

さらにフライトマイルは、これまた破格の区間基本マイレージ×50%もらえます。

項目ボーナスマイル
入会マイル10,000マイル
毎年継続マイル10,000マイル
フライトマイル区間基本マイレージ×50%

4.マイル移行手数料が無料。ワールドプレゼント1ポイント=15マイル

「ANA VISAプラチナプレミアムカード」はマイル移行手数料が無料になります。

「ワールプレゼントポイント」のANAマイレージ移行は、ワールドプレゼント1ポイント=15マイル(移行手数料無料)と破格の扱いです。

クレジットカード利用で、「1,000円 = 1P = 15マイル」なので、月に20万円のクレジットカード利用がある場合、1年間で36,000マイル貯まります。毎年継続マイルを合わせると、1年間で46,000マイル貯まるおそろしいクレジットカードになります。

46,000マイルあれば、東京→ハワイの往復が無料で行けます。

5.空港ラウンジは同伴者も無料!プライオリティパスも無料入会できる

国内主要空港のラウンジが無料で使えます。これまでのカードと違い、「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」になりますと、同伴者も1名まで無料で入る事が出来ます。

さらに、プライオリティ・パスを無料発行できる特典が付いています。プライオリティ・パスがあれば、世界の700ヵ所以上の空港ラウンジが無料で使う事が出来ます。

プライオリティ・パスのクラスもプレステージ会員(年会費399ドル)で最上級のクラスになりますので、これだけで年間4万円が無料になります。

「ANA VISAプラチナプレミアムカード」があれば、「ラウンジは無料じゃないの?」と思ってしまいますが、このカードが効力を発揮するのは日本国内の空港だけで、海外に行けばほぼ役に立ちません。もちろんJALの最上級カードも同様です。

海外では乗り継ぎ時間も長かったりしますので、その時に役立つのが「プライオリティ・パス」になります。

会員クラス年会費ラウンジ利用料
1回につき
同伴者
利用料金
スタンダード会員99ドル27ドル27ドル
スタンダードプラス会員249ドル10回まで無料
以降27ドル
27ドル
プレステージ会員399ドル無料27ドル

同伴者に関しては、日本国内の空港であれば、「ANA VISAプラチナプレミアムカード」の提示で同伴者が無料になります。プライオリティ・パスの同伴者の27ドルは、海外での空港の説明になります。

6.24時間365日対応のコンシェルジュデスクが利用出来る!

「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」には、普通のクレジットカードにはない、色々な付加サービスが用意されています。

【プラチナグルメクーポン】

プラチナグルメクーポン

photo by 三井住友VISA公式

東京・大阪を中心に、約80店舗の一流レストランで2名以上で利用した場合に1名分が無料になります。3名の場合も1名分が無料になります。飲み物代は別料金になります。

・対象店舗一部抜粋

エリア店舗名ジャンル
銀座サバティーニ・ディ・フィレンツェ 東京店イタリア料理
みなとみらいGranciar 葉山庵フランス料理
名古屋鉄板ダイニング織部鉄板焼
北新地旬喰 桔梗日本料理
福岡ラ・ロシェル福岡フランス料理

 

【Visaプラチナダイニング】

Visaプラチナダイニング

photo by 三井住友VISA公式

 

厳選された国内約120軒、海外約45軒の一流レストランで下記の特典があります。

  • シェフの一皿
  • お土産
  • 個室料無料サービス
  • 割引優待
  • コース料理のアップグレード

・対象店舗 一部抜粋

エリア店舗名ジャンル
札幌すし 姫沙羅
東京 麻布CUCINA Hirata(クチーナ ヒラタ)イタリア料理
東京 恵比寿メゾン エメ・ヴィベールフランス料理
名古屋南国酒家 名古屋店中国料理
京都祇園 岩元懐石料理
大阪鉄板焼 季流鉄板焼
福岡割烹 くぼたすっぽん料理

 

【プラチナワインコンシェルジュ】

プラチナワインコンシェルジュ

photo by 三井住友VISA公式

ワイン界で圧倒的な知名度を誇る、田崎真也氏によるワインに関するサービスで、誕生日などのプレゼントに合わせたワインの販売も行っています。

 

【VISAプラチナクラブ】

VISAプラチナクラブ

photo by 三井住友VISA公式

プラチナカード限定で、国内約1,000の施設の旅館・ホテル、さらに往復航空機のパッケージツアーが優待価格(10%~15%)で利用出来ます。海外では、クラブメッドの特典を利用する事が出来ます。

 

【VISAプラチナトラベル】

VISAプラチナトラベル

photo by 三井住友VISA公式

プラチナカード限定で下記を5%OFFで利用出来ます。

    • ルックJTBの海外パッケージ旅行(一部除外あり)
    • 海外航空券
    • 海外ホテル

 

【VISAプラチナ空港宅配】

国際線を利用する場合、自宅と空港間の荷物を優待価格で宅配してくれます。

1個500円(2個迄)、3個目以降は通常料金より15%OFF。

以下対象空港

  • 成田空港
  • 羽田空港国際線ターミナル
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港

 

【JTBロイヤルロード銀座】

以下に参加すると、ワールドプレゼントのポイントが通常の6倍になります。

  • 「夢の休日<海外>」(要:ビジネスクラス)
  • 「夢の休日<国内>」
  • 音楽の旅「ライブ」

1倍分は通常ポイントとして付与、5倍分をプレミアムポイントで付与されます。

【Visaプラチナゴルフ】

国内の名門ゴルフコースを通常プレー価格から4,000円OFFで回れます。国内65ヵ所、海外80箇所のコースを特別紹介で予約が出来ます。

また、海外で予約した場合、自宅から国内空港まで往路復路それぞれゴルフバックを無料で配達してくれます。

【コンシェルジュサービス】

以下のサービスが電話一本で24時間365日利用出来ます。

トラベルアシスタンス

  • 航空券・ホテルの予約案内
  • 高級車を含むレンタカーの予約案内
  • 海外の買い物情報の提供(店の場所案内等)

エンターテイメントインフォメーション

  • オペラ・バレエ・演劇・コンサート・美術館などの案内
  • レストランの予約案内
  • ゴルフコースの情報提供

その他

  • 三井住友カードおよびパスポート紛失時のサポート
  • ワールドワイド プラチナサービスの照会・予約
  • 1年間(1月~12月)の利用明細を、インターネット(Vpass)が確認できます。

7.ANAカード共通、その他のおトクなサービス

【家族間のマイルを合算して利用可能】

すでにお持ちの家族のマイルを合算して特典に交換できる「ANAカードファミリーマイル」(無料)。家族ひとりのマイルでは特典交換できなくても家族みんなのマイルを合わせれば、あっという間に特典航空券などを手に入れられます。

【ANAカードマイルプラス加盟店】

「ANAカードマイルプラス」の対象商品や店舗で使うと普段のマイルとは別に、100円につき1マイルまたは200円につき1マイルが加算されます。(全国の加盟店一覧はコチラから)

【ビジネスきっぷ】

・ご搭乗日当日まで予約・変更可能
・片道2回でも往復でも使える
・マイルが100%貯まる
・国内線全路線でご利用OK

「ビジネスきっぷ」はこんなに安くなる!
 ビジネスきっぷ割引率
東京(羽田)→大阪(伊丹・関西・神戸)15,950円最大43%
大阪(伊丹・関西・神戸)→札幌(千歳)40,950円最大43%

※2015年9月1日~10月24日ご搭乗分

・航空券のスムーズ予約
・国内線・国際線の機内販売が10%割引
・空港内店舗「ANA FESTA」で10%割引
・成田空港でのパーキング割引
・「ANAショッピング A-style」で10%割引
・ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANAワンダーアースで5%割引
・ANAビジネスソリューション公開講座の受講料が15%割引
・IHG・ANA・ホテルズグループジャパン宿泊割引サービス(ホテルリスト参照)
・国内)ニッポンレンタカー、トヨタレンタカー、オリックスレンタカーが5%割引
・海外)ハーツレンタカーを5~20%割引
・各種チケット優待販売、イベントのご案内
・カラオケ「シダックス」の法人・団体会員サービスを適用

8.海外・国内旅行の付帯傷害保険の補償は最高1億円!

年会費が80,000円(税別)だけに、保険関係はかなり手厚くなっています。

会員本人だけでなく、家族も補償されており、家族の場合は「海外旅行傷害保険」で最高1,000万円、賠償責任(1事故の限度額)で1億円などが自動付帯されます。

担保項目保険金額
海外旅行傷害保険最高1億円
国内旅行傷害保険最高1億円
国内航空傷害保険最高5,000万円
賠償責任
(1事故限度額)
最高1億円
救援者費用
(1年間の限度額)
最高1,000万円
お買物安心保険年間最高500万円

 

乗継遅延、出航遅延・欠航など、航空便の遅延や欠航、手荷物の配達遅延・紛失などで負担した一定の費用の補償になります。海外の場合は自動付帯。国内の場合は利用付帯が条件となります。

担保項目保険金額
乗継遅延費用
(宿泊料・食事代)
2万円
出航遅延・欠航・搭乗不能費用
(食事代のみ)
2万円
手荷物遅延費用2万円
手荷物紛失費用4万円
お買い物安心保険
(購入日翌日より90日間)
年間500万円

ANA VISAプラチナプレミアムカードの詳細データ

カードの基本情報

申し込み資格 原則として、満30歳以上で、本人に安定継続収入のある方
審査・発行 2~3週間
年会費(本人) 初年度 80,000円(税別)
2年目以降 80,000円(税別)
年会費(家族カード) 初年度 4,000円(税別)
2年目以降 4,000円(税別)
限度額 ショッピング 限度額 個別に設定
キャッシング 限度額 個別に設定
ETCカード 無料
締日 / 支払日 15日締め / 翌月10日払い
支払い方法 1回払い/2回払い/ボーナス払い/リボ払い/分割払い
国際ブランド
  • VISA

追加できるカード

追加カード ETCカード
家族カード

電子マネー

  • Edy
  • iD
  • PiTaPa

ポイントプログラム

ポイント還元方法 ANAマイル、VJAギフトカード、キャッシュバック、他社ポイント移行(楽天スーパーポイント、Tポイント等)
ポイント付与率 1,000円=1ポイント
ポイント還元率 0.5%(ギフトカード/iDバリュー交換時)
ポイント有効期限 4年間

マイレージ

マイレージ移行先 ANA 
マイル付与率 1P→15マイル (1,000円=1P=15マイル)
マイル還元率 3% (1マイルの価値を2円と想定)
マイレージ移行期間 -
マイレージ移行手数料 無料

付帯保険

海外旅行保険
(自動付帯)
死亡・後遺傷害 最高1億円
傷害治療費用 最高500万円
疾病治療費用 最高500万円
救援者費用 最高1,000万円
賠償責任 最高1億円
携行品損害 最高100万円(自己負担額3,000円)
海外旅行保険家族特約
(自動付帯)
死亡・後遺傷害 最高1,000万円
傷害治療費用 最高500万円
疾病治療費用 最高500万円
救援者費用 最高1,000万円
賠償責任 最高1億円
携行品損害 最高100万円(自己負担額3,000円)
国内旅行保険
(自動付帯)
死亡・後遺傷害 最高1億円
入院費用 5,000円/1日
手術費用 最高20万円
通院費用 2,000円/1日
国内旅行保険家族特約 死亡・後遺傷害 -
入院費用 -
手術費用 -
通院費用 -
国内航空保険 死亡・後遺傷害 最高5,000万円
入院費用 10,000円
手術費用 最高40万円
通院費用 2,000円
航空便遅延費用 乗継遅延費用 2万円
出航遅延・欠航搭乗不能費用 2万円
手荷物遅延費用 2万円
手荷物紛失費用 4万円
ショッピング保険 年間500万円/90日(自己負担額1事故につき3,000円)
その他 -

おすすめ比較特集