ANA VISA 一般カード

満足ポイント 4.2

年会費無料
還元率0.5%
ETC無料

最大56,500マイル相当がもらえる!!

  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ANA VISA 一般カードのおすすめポイント

【キャンペーンは2017年4月30日まで】

1.ANA VISA 一般カードのまとめ

ANA関係の仕様は「ANA JCB 一般カード」と同じになります。

マイル移行の手数料は、JCBの方が1,000円安いですが、年会費で言うと「マイ・ペイすリボ」に登録・利用をする事でVISAの方がJCBより年会費が1,250円安くなります。

ワールドプレゼントが2倍になる代わりに、「マイ・ペイすリボ」を利用してリボ払いの金利が発生するのが条件になりますが、貯まるマイルよりリボ払いの金利の方が安くなるためにおいしいと言えます。

金利面は、リボ払いの上限をうまく調整する事で、リボで発生する金利よりワールドプレゼントで稼ぐポイントの方が高くなります。

コスパも良く、マイルが貯まる良いカードと言えます。

2.入会マイルと毎年継続マイルでそれぞれ1,000マイルのボーナスゲット

「ANA VISA 一般カード」は入会時に「入会マイル」として1,000マイル。毎年継続すると「毎年継続マイル」として1,000マイルもらえます。この辺りは「ANA JCB 一般カード」と同じ仕様です。

「ANA VISA 一般カード」のボーナスマイル表

項目 ボーナスマイル
入会マイル 1,000マイル
毎年継続マイル 1,000マイル
フライトマイル 区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%

3.フライトマイルは「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%」

飛行機に乗ると、フライトマイルとして「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%」がボーナスとしてもらえます。

フライトマイルは、空港のチェックインカウンターでANAカードを提示する事でもらえます。帰りの分のマイルも行きの手続きの際に完了しております。
受付の人は「カードをお持ちですか?」と聞いてくれませんので、こちらから出しましょう。
格安ツアーなどで取得したEチケットでももちろんフライトマイルはもらえます。

4.マイル移行は「5マイルコース」「10マイルコース」からの選択

「ANA VISA 一般カード」は、マイル移行の名称を「自動移行方式」と「応募方式」という名称で分けております。

「自動移行方式」→毎月自動でマイルに移行します。
「応募方式」→手動で自分の好きな時にマイルに移行します。

「10マイルコース」に比べて「5マイルコース」は移行でマイルが半分になります。
マイルを貯めたい人は、マイル移行手数料が年間6,000円(税別)かかりますが、「10マイルコース」をおすすめいたします。

コース名称 移行レート 移行手数料
自動移行方式 5マイル ワールドプレゼント 1ポイント=5マイル 無料
自動移行方式 10マイル ワールドプレゼント 1ポイント=10マイル 6,000円(年間/税別)
応募方式 5マイル ワールドプレゼント 1ポイント=5マイル 無料
応募方式 10マイル ワールドプレゼント 1ポイント=10マイル 6,000円(年間/税別)

ワールドプレゼントは2年間有効なので、「応募方式 10マイル」にしておいて、2年に1回手動で移行をすれば、6,000円(税別)ですみます。くれぐれも忘れないようにしてください。

「ANA VISA 一般カード」は年間6,000円(税別)なので、マイル移行手数料は「ANA JCB 一般カード」より1,000円高くなりますが、「マイ・ペイすリボ」に登録する事で年会費が少し得になります。
ワールドプレゼントで、獲得したボーナスは、1,000円=3マイルになります。

5.「マイ・ペイすリボ」に登録でワールドプレゼントが2倍に!

「マイ・ペイすリボ」で支払うことで、ワールドプレゼントが通常の2倍貯まります。

ただ、これはリボ払いの金利が発生して初めて2倍の条件付になりますので金利をうまく考えながら設定をする必要があります。

三井住友カードには、「マイ・ペイすリボ」が必ず絡んで来ます。「マイ・ペイすリボ」ってなに?

6.「ANA VISA 一般カード」の年会費が安くなる割引特典!

「ANA VISA 一般カード」の年会費は2,000円(初年度はキャンペーンで無料)ですが、三井住友VISA側の割引特典があります。

「カード利用代金Web明細サービス」の利用で年会費が2,000円(税別)→1,500円(税別)。

「マイ・ペイすリボ」への登録+利用で年会費が2,000円(税別)→1,025円(税別)になります。

 

割引の条件 年会費の割引
「カード利用代金Web明細サービス」利用 500円(税別)の割引
「マイ・ペイすリボ」への登録+利用 975円(税別)の割引
割引後の実質年会費 2,000円(税別)

1,025円(税別)

実質、「ANA VISA 一般カード」の年会費は1,025円(税別)となります。お気づきの人もいるかと思いますが、「ANA VISA 一般カード」は継続マイルボーナスが毎年1,000マイルもらえます。という事は、年会費は約1,000円くらい得をする事になります。(おつりが来ます)

ただ、「マイ・ペイすリボ」はリボ払いですので、リボを上限にしておいて金利面も考えて上手に使う必要があります。

ETCカードの年会費は500円(税別)で、年1回のETC利用で無料になります。(初年度無料)

「マイ・ペイすリボ」は登録をして、年に1回上のカード利用が条件。
上記2つの重複割引はありません。割引率の高い方1つになります。

7.ANAカード共通、その他のおトクなサービス

【家族間のマイルを合算して利用可能】

すでにお持ちの家族のマイルを合算して特典に交換できる「ANAカードファミリーマイル」(無料)。家族ひとりのマイルでは特典交換できなくても家族みんなのマイルを合わせれば、あっという間に特典航空券などを手に入れられます。

【ANAカードマイルプラス加盟店】

「ANAカードマイルプラス」の対象商品や店舗で使うと普段のマイルとは別に、100円につき1マイルまたは200円につき1マイルが加算されます。(全国の加盟店一覧はコチラから)

【ビジネスきっぷ】

・ご搭乗日当日まで予約・変更可能
・片道2回でも往復でも使える
・マイルが100%貯まる
・国内線全路線でご利用OK

「ビジネスきっぷ」はこんなに安くなる!
  ビジネスきっぷ 割引率
東京(羽田)→大阪(伊丹・関西・神戸) 15,950円 最大43%
大阪(伊丹・関西・神戸)→札幌(千歳) 40,950円 最大43%

※2015年9月1日~10月24日ご搭乗分

・航空券のスムーズ予約
・国内線・国際線の機内販売が10%割引
・空港内店舗「ANA FESTA」で10%割引
・成田空港でのパーキング割引
・「ANAショッピング A-style」で10%割引
・ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANAワンダーアースで5%割引
・ANAビジネスソリューション公開講座の受講料が15%割引
・IHG・ANA・ホテルズグループジャパン宿泊割引サービス(ホテルリスト参照)
・国内)ニッポンレンタカー、トヨタレンタカー、オリックスレンタカーが5%割引
・海外)ハーツレンタカーを5~20%割引
・各種チケット優待販売、イベントのご案内
・カラオケ「シダックス」の法人・団体会員サービスを適用

ANA VISA 一般カードの詳細データ

カードの基本情報

申し込み資格 満18歳以上の方(高校生・大学生は除く)
審査・発行 約1週間
年会費(本人) 初年度 無料
2年目以降 2,000円(税別)
※WEB明細書サービスのご利用で1,500円(税別)
※マイ・ペイすリボ登録+年1回の利用で1,025円(税別)
年会費(家族カード) 初年度 無料
2年目以降 1,000円(税別)
※マイ・ペイすリボ登録+年1回の利用でで475円(税別)
限度額 ショッピング 限度額 20~100万円
キャッシング 限度額 0~100万円
ETCカード 500円(税別)
※年1回の利用で翌年無料
締日 / 支払日 15日締め/10日払い
支払い方法 1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い
国際ブランド
  • VISA
  • Master Card

追加できるカード

追加カード ETCカード
家族カード
銀聯

電子マネー

  • iD
  • PiTaPa
  • 楽天Edy

ポイントプログラム

ポイント還元方法 他社ポイントへ移行(楽天スーパーポイント、Tポイント等)、ANAマイルへ移行、キャッシュバック、VJAギフトカード、200種類以上の景品等
ポイント付与率 1,000円=1ポイント
ポイント還元率 0.5%
ポイント有効期限 2年間

マイレージ

マイレージ移行先 ANA
マイル付与率 5マイルコース 1ポイント→5マイル(1,000円=1P=5マイル)
10マイルコース 1ポイント→10マイル(1,000円=1P=10マイル)
マイル還元率 5マイルコース 1%~1.18%(1マイルの価値を2円と想定)
10マイルコース 2%~2.18%(1マイルの価値を2円と想定)
マイレージ移行手数料 5マイルコース 無料
10マイルコース 6,000円(税別)

付帯保険 

海外旅行保険
(自動付帯)
死亡・後遺傷害 最高1,000万円
傷害治療費用 -
疾病治療費用 -
救援者費用 最高100万円
賠償責任 -
携行品損害 -
国内旅行保険 死亡・後遺傷害 -
入院費用 -
手術費用 -
通院費用 -
国内航空保険
(自動付帯)
死亡・後遺傷害 最高1,000万円
入院費用 -
手術費用 -
通院費用 -
ショッピング保険 年間100万円※海外でのご利用および国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)のご利用のみ対象
その他 ・紛失・盗難補償

おすすめ比較特集