ANA ダイナースプレミアムカード

満足ポイント 4.0

年会費無料
還元率0.6%~4.0%
ETC無料

最大15,500マイル相当がもらえる!!

  • スピード発行
  • 高還元率
  • 空港ラウンジ
  • マイル
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 電子マネー

ANA ダイナースプレミアムカードのおすすめポイント

1.ANAダイナースプレミアムカードのまとめ

ANAダイナース系カードの最高峰カード。年会費は155,000円(税別)、家族会員は無料。このクレジットカードの特徴は、インビテーション(招待制)となっております。いくらカードが欲しくても「申し込み」ではカードを取得する事が出来ません。

「ANAダイナースプレミアムカード」は、私の知る限り数あるクレジットカードの中で爆発的にマイルが貯まる最高のカードになります。(これ以上のカードは知りません)

基本は通常100円で1マイル。

仮に月額カード利用が20万円あった場合、年間に24,000マイル貯まります。これとは別にカード利用100万円毎に10,000マイルもらえるボーナスがあります。年間240万円分で20,000マイルが加算されます。プラス、毎年継続マイルが10,000マイルもらえます。これであっというまに、年間54,000マイルの完成です。

もっとマイルを貯める方法として買い物などを「ダイナースクラブ ショッピングモール」ですると、ポイントが2~3倍などになり、その分もボーナスとしてもらえます。

ラウンジなどは海外・国内のカードラウンジはもちろんのこと、「国内空港のANAラウンジ」が利用可能です。さらに、スターアライアンス加盟航空会社のラウンジが使えます(同伴者1名まで)。

付帯サービスとして「ANA ダイナースクラブカード」同様に専用のコンシェルジュや、レストランでの1名分無料、各種割引の優待等が付いてきます。

海外旅行によく行く人におすすめで、出張も含め、ひんぱんに海外に行く人にはマイルが貯まりすぎて、マイルを消化出来ない可能性のあるクレジットカードと言えます。

2.ANA系プレミアムカードの種類と年会費

ANA系カードの最高級クレジットカードの年会費をまとめてみました。

  • ANA JCBカード プレミアム
  • ANA VISAプラチナプレミアムカード
  • ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
  • ANA ダイナースSFプレミアムカード
  • ANA ダイナースプレミアムカード

 

ANA系ダイナースカードの名称年会費

ANA JCBカード プレミアム

 70,000円(税別)

ANA VISAプラチナプレミアムカード

80,000円(税別)

ANAアメックス・プレミアム・カード

150,000円(税別)

ANA ダイナースSFプレミアムカード

155,000円(税別)

ANAダイナースプレミアムカード

 155,000円(税別)

「ANA ダイナースSFプレミアムカード」は、「ANA ダイナース・スーパーフライヤーズ・プレミアムカード」の略になります。

入会マイルと毎年継続マイルでそれぞれ10,000マイルもらえる

入会マイルボーナスは10,000マイル。毎年継続すると「継続マイル」として10,000マイルがもらえます。フライトマイルは「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×50%」となっています。

「ANAダイナースプレミアムカード」のボーナスマイル表

項目ボーナスマイル
入会マイル10,000マイル
毎年継続マイル10,000マイル
フライトマイル区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×50%

3.ポイントは無制限でマイル移行手数料は無料

ダイナースカードのポイントシステムは「ダイナースクラブ リワードポイント」という名前になります。クレジットカードの利用100円ごとに1ポイントが貯まります。

貯まったポイントは、商品やギフト券に変える事も出来ます。

ポイントの有効期限は無期限ですので、必要な時に必要な分だけをANAマイルに交換すればOKになります。使わない分もマイルに変えてしまうと、ANAマイルは3年間の有効期限がありますので、もったいない事になります。

ANAマイルへの移行手数料は無料となります。この辺りが充実したサービス内容になります。

4.年間利用100万円毎に10,000マイルのボーナス進呈

「ANA ダイナース プレミアムカード」を使うと爆発的にマイルが貯まる1つに、ショッピングで使うと、年間のカード利用100万円毎に10,000マイルのボーナスがもらえます。(利用上限:5,000万円)

月に20万円分のカード利用がある場合、通常でもらえるマイルは24,000マイルになります。

これにボーナスマイルが20,000マイル付きます。さらに毎年継続ボーナスも10,000マイルもらえるので、合計54,000マイルは貯まることになります。

これほど爆発的にマイルが貯まるカードは他にはありません。

Edyチャージ200円で1マイルが貯まる

全国のコンビニで使える電子マネーのEdy。ANAダイナースカードでEdyチャージすると200円につき1マイルが自動的に積算されます。

「ANAグループ」「ANAカードマイルプラス」加盟店でのカード利用はポイント2倍

「ANAグループ」もしくは「ANAカードマイルプラス」加盟店でカードを利用すると、100円または200円(税込)につき1マイルが別途加算されます。

「ANAグループ」は下記のANAの航空券、旅行商品のご購入や機内販売などになります。

航空券ANA SKY WEB・ANA SKY MOBILE、ANA国内線予約、
ANA国際線予約、ANAカウンターにおける航空券の購入
機内販売ANA・ANAウイングスの国内線機内販売、
ANA・エアージャパンの国際線機内販売
旅行商品ANAスカイホリデー、ANAハローツアー、ANAワンダーアース、
ANA SKY WEB TOURの旅行商品
通信販売ANA通信販売、機内誌「ANA SKY SHOP」、ANAショッピングA-style

「ANAカードマイルプラス」加盟店の詳細一覧はコチラになります。

5.国内・海外の空港ラウンジと国内のANAラウンジが使える

「ANAダイナースプレミアムカード」は、国内・海外の空港ラウンジで本人は無料で利用できます。同伴者は有料。また国内のANAラウンジも無料で使えます。

さらに、スターアライアンス加盟航空会社のラウンジが使えます(同伴者1名まで)。

【手荷物宅配サービス】
海外から帰国時に、荷物1個を空港から宅配してくれます。条件付。
(成田空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港)

【空港送迎タクシー・サービス】
海外旅行の際に、空港までタクシー1台を片道分無料、または1部負担で送迎してくれます。条件付。(対象:成田空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港)

【JALエービーシーの便利な優待サービス】
・空港での手荷物宅配サービスを優待料金。
・携帯電話をレンタル料金無料(10日間)
・海外Wi-Fiデータ通信サービスを優待料金でレンタル
(対象空港は成田空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港)

【空港特急列車サービス】
海外旅行を利用の際に、空港までのJR、または私鉄特急列車を指定区間内で2区間分まで用意してくれます。(条件付)
(対象:成田空港、関西国際空港)

【サンパーキング優待】
サンパーキング成田店、サンパーキング羽田浮島店の利用が通常駐車料金より30%OFF。

【空港前泊ホテルサービス】
海外旅行を利用の際に、指定ホテルを1部屋(2名様まで利用可能)用意してくれます。条件付。(成田空港:ヒルトン成田、関西国際空港:ホテル日航関西空港)

6.プライオリティパスも無料でゲット出来る

国内主要空港のカードラウンジが無料で使えます。同伴者も1名まで無料で入る事が出来ます。

さらに、もう1つ上のクラスの国内線空港の「ANAラウンジ」も会員本人であれば、無料で入ることが出来ます。「カードラウンジ」と、「ANAラウンジ」は、格が違います。

プライオリティ・パスを無料発行できる特典も付いていて、プライオリティ・パスがあれば、世界の700ヵ所以上の空港ラウンジが無料で使う事が出来ます。

プライオリティ・パスのクラスもプレステージ会員(年会費399ドル)で最上級のクラスになりますので、これだけで年間4万円が無料になります。

「ANAダイナースプレミアムカード」があれば、「ラウンジは無料じゃないの?」と思ってしまいますが、このカードが効力を発揮するのは日本国内の空港だけで、海外に行けばほぼ役に立ちません。もちろんJALの最上級カードも同様です。

海外では乗り継ぎ時間も長かったりしますので、その時に役立つのが「プライオリティ・パス」になります。

会員クラス年会費ラウンジ利用料
1回につき
同伴者
利用料金
スタンダード会員99ドル27ドル27ドル
スタンダードプラス会員249ドル10回まで無料
以降27ドル
27ドル
プレステージ会員399ドル無料27ドル

同伴者に関しては、日本国内の空港であれば、「ANAダイナースプレミアムカード」の提示で同伴者が無料になります。プライオリティ・パスの同伴者の27ドルは、海外での空港の説明になります。

【ビジネスクラス専用カウンターが使えます】

ビジネスクラス専用カウンターが使えます。日曜日の夕方の国内線の主要空港は、かなり混雑します。

チェックインカウンターに50人以上並ぶこともざらです。それに比べてビジネスクラス専用カウンターは、人がほとんどいません。当日、空港にいれば「カードさえあれば・・」と後悔する事があります。

7.レストランで1名分が無料になる

エグゼクティブ ダイニング】
会員本人を含む2名以上で所定のコース料理利用で、1名分のコース料金が無料になります。6名以上なら2名分が無料になります。

【おもてなしプラン】
利用時にシェフやオーナーなど、お店から特別な“おもてなし”が用意されます。

【料亭プラン】
一見お断りの予約が難しい高級料亭をダイナースクラブが予約してくれます。請求は後日にダイナースから来ます。

【サインレス・スタイル】
ダイナース専用デスク経由で予約をすると、当日はダイナースクラブカードの提示もサインも不要になります。食事後、そのまま店を出てOKです。請求は後日にダイナースクラブから来ます。

【アラン・デュカスからの招待】
「ベージュ アラン・デュカス 東京」、ビストロ「ブノワ(BENOIT)」、「ル・コントワール・ド・ブノワ」で、食前酒(アペリティフ)など、会員様限定のサービスを受けれます。

【ダイナースクラブ ナイト イン 銀座】
銀座のBAR限定で、ウェルカムドリンクなどのサービスが受けれます。

8.エンターテイメント・ゴルフの特別サービス

【ショッピング】
・ダイナースクラブ ポイントモール
・加盟店でポイントアップ
・銀座ショッピング優待プラン
・青山花茂フラワーサービス
・SPECIAL ITEM & STAY
・ベリー・ブラザーズ&ラッド ワイン特別優待
・ギルト 会員特別優待 ・HANAHIRO CQ優待
・ベーゼンドルファー
・ピアノ調律料金優待
・カンフェティチケットサービス

【ヘルス&ビューティ】
・コナミスポーツクラブ優待
・スパ優待
・ホテル内フィットネス 特別優待
・CLUB100 パーソナルトレーニング
・乗馬クラブクレイン 乗馬体験優待
・保険コンサルティングサービス
・デンタルケアサービス
・プライベート看護サービス

【ライフスタイル】
・アカデミーヒルズ ライブラリー特別優待
・リビエラマリンクラブ 会員特別優待
・会員限定 専用農園プラン

【ゴルフ】
・プライベートレッスン優待50%OFF
・ゴルフ練習場優待
・フィッティングサービス優待
・名門ゴルフ場でのオープンコンペ開催、プレープランの情報を紹介

9.ANAカード共通サービス

【家族間のマイルを合算して利用可能】

すでにお持ちの家族のマイルを合算して特典に交換できる「ANAカードファミリーマイル」(無料)。家族ひとりのマイルでは特典交換できなくても家族みんなのマイルを合わせれば、あっという間に特典航空券などを手に入れられます。

【ビジネスきっぷ】

・ご搭乗日当日まで予約・変更可能
・片道2回でも往復でも使える
・マイルが100%貯まる
・国内線全路線でご利用OK

「ビジネスきっぷ」はこんなに安くなる!
 ビジネスきっぷ割引率
東京(羽田)→大阪(伊丹・関西・神戸)15,950円最大43%
大阪(伊丹・関西・神戸)→札幌(千歳)40,950円最大43%

※2015年9月1日~10月24日ご搭乗分

【割引サービス】

・航空券のスムーズ予約
・ビジネスクラス専用チェックインが使える
・国内線・国際線の機内販売が10%割引
・空港内店舗「ANA FESTA」で10%割引
・成田空港でのパーキング割引
・「ANAショッピング A-style」で10%割引
・ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANAワンダーアースで5%割引
・ANAビジネスソリューション公開講座の受講料が15%割引
・IHG・ANA・ホテルズグループジャパン宿泊割引サービス(ホテルリスト参照)
・国内)ニッポンレンタカー、トヨタレンタカー、オリックスレンタカーが5%割引
・海外)ハーツレンタカーを5~20%割引
・各種チケット優待販売、イベントのご案内
・カラオケ「シダックス」の法人・団体会員サービスを適用

10.海外・国内傷害保険は最高1億円

海外旅行傷害保険は、自動付帯で最高5,000万円と利用付帯で5,000万円の合計1億円。
国内旅行傷害保険は、自動付帯で最高5,000万円と利用付帯で5,000万円の合計1億円。

ANA ダイナースプレミアムカードの詳細データ

カードの基本情報

申し込み資格 インビテーション(招待)によるカード発行
審査・発行 2~3週間
年会費(本人) 初年度 155,000円(税別)
2年目以降 155,000円(税別)
年会費(家族カード) 初年度 無料
2年目以降 無料
限度額 ショッピング 限度額 一律の制限なし
キャッシング 限度額 一律の制限なし
ETCカード 無料
締日 / 支払日 15日締め / 翌月10日払い
支払い方法 1回/ボーナス1回/リボ払い
国際ブランド
  • Diners

追加できるカード

追加カード ETCカード
家族カード

電子マネー

ポイントプログラム

ポイント還元方法 ANAマイル、商品券他景品
ポイント付与率 100円=2ポイント
ポイント還元率 0.6%~0.92%
ポイント有効期限 無期限

マイレージ

マイレージ移行先 ANA 
マイル付与率 1P→1マイル(1,000円=20P=20マイル換算)
マイル還元率 4% (1マイルの価値を2円と想定)
マイレージ移行期間 -
マイレージ移行手数料 無料

付帯保険

海外旅行保険
(自動付帯)
死亡・後遺傷害 最高1億円
傷害・疾病治療 1,000万円
救援者費用 最高500万円
賠償責任 最高1億円
携行品損害 最高100万円
海外旅行保険特約
(自動付帯)
死亡・後遺傷害 最高1,000万円
傷害・疾病治療 最高200万円
救援者費用 最高200万円
賠償責任 最高2,000万円
携行品損害 最高50万円
国内旅行保険
(自動付帯)
死亡・後遺傷害 最高1億円
入院費用 5,000円/1日
手術費用 最高20万円
通院費用 3,000円/1日
国内旅行保険家族特約
(自動付帯)
死亡・後遺傷害 最高500万円
入院費用 5,000円/1日
手術費用 最高20万円
通院費用 3,000円/1日
航空便遅延費用
(自動付帯)
乗継遅延費用 2万円
出航遅延・欠航搭乗不能費用 2万円
手荷物遅延費用 2万円
手荷物紛失費用 最高4万円
JALカードゴルファー保険
(自動付帯)
賠償責任 最高1億円限度
死亡・後遺傷害 最高300万円
入院費用 4,500円/1日
通院費用 3,000円/1日
ゴルフ用品損害費用 年間5万円限度
ホールインワン・アルバトロス費用 10万円限度
キャンセルプロテクション
(利用付帯)
本会員・配偶者・1親等以内の
親族の死亡、入院に基づくキャンセル
年間最高20万円
本会員・配偶者・子供の傷害による
通院基づくキャンセル
年間最高6万円
自己負担額 1,000円
外貨盗難補償保険
(自動付帯)
補償限度額 年間最高10万円
自己負担額 5,000円
対象期間 海外旅行行程中(最長90日間)
ショッピング保険 最高500万円/90日間(自己負担額10,000円)
その他 ・交通事故傷害保険(自動付帯)…補償限度額…最高100万円
・賠償責任危険担保特約(自動付帯)…補償限度額…1事故1億円限度
・紛失・盗難補償(紛失・盗難による不正使用を補償)

おすすめ比較特集